プロ野球

巨人モタは怪我で支配下登録を外されたのか?守備・打撃スキルや復帰後の活躍

プロ野球の育成枠には日本人選手だけでなく外国人の選手もたくさんいます。

巨人の外国人育成選手として、モタ選手が挙げられます。

モタ選手は育成で巨人に入団し、2年目である2020年には1軍に昇格するといった出世を果たしました。

しかしこの年、1軍に登録された後、怪我によって3軍まで降格したり、3軍になったと思えばシーズン中に再び1軍へ戻ったりと、振れ幅の大きい移動となりました。

そんなモタ選手、怪我をしていた関係もあって支配下登録から外されていたという情報もありましたので、怪我の内容や選手スキルについて改めて整理していきたいと思います。

巨人・モタのプロフィール

基本情報

名前 イスラエル・モタ
生年月日 1996年1月3日
出身 ドミニカ共和国
身長 188cm
体重 98kg
ポジション ファースト、外野
背番号 014→44
投打 右投げ右打ち
日本球界入り 2019年1月読売ジャイアンツ育成契約
経歴 ベセル高校→ナショナルズ傘下(マイナー)→巨人

巨人入団までの経緯

モタ選手は2013年から2017年まではマイナーリーグでプレーしていました。この5年間での成績は、通算188試合出場、打率.257、13本塁打、80打点とあまり目立った記録は残せませんでした。

メジャー昇格はならず、2017年には巨人のトライアウトを受けています。しかし、この時は惜しくも不合格。

翌年2018年はどこの球団にも所属せず、再び巨人のトライアウトを受けるために浪人生活をしながらトレーニングに明け暮れました。

よっぽど日本球界へ挑戦したい思いが強かったのでしょう。

2018年のトライアウトでは、打撃練習の時にずば抜けた飛距離を放ち、見事に合格をつかみ取りました。

2019年1月に巨人と育成契約を結び、育成選手として日本球界に足を踏み入れます。

モタの選手スキル

モタ選手がどんな選手なのか解説します。

バッティング

まずはバッティング。モタ選手はトライアウトの時に飛距離を買われて合格をもらいました。

つまり、モタ選手の最大の武器は力強いバッティング。ホームランを量産してくれることを期待されて起用されています。

しかし、実際のところあまりホームランを打っている印象はありません。

2019年の2軍試合では22試合に出場し1本塁打。2020年の春季キャンプ実戦では11試合に出場し1本塁打でした。

ちなみに2019年3月22日に放ったホームランはこちら。

打った瞬間からホームランだと分かるほど鋭く力強いスイングです。撮影している観客も思わず驚きの声を上げています。流し打ちでこれだけ飛ばせるなんてポテンシャル高すぎです。

モタ選手はこの飛距離がとても魅力的なのですが、打率の高さもかなり魅力的です。

2019年の2軍試合では.313、2020年の春季キャンプでは.341とどちらも3割超え。

1軍に上がったら大記録を残してくれそうな予感がします。

守備

モタ選手はレフトとファーストを守れます。打撃がすこぶる良いため、守備はそこまで良くないのかなと思っていましたが、普通に守れて安定感のある守備をこなしてくれます。

とは言え、バッティングメインで起用されるはず。

ファーストだと守備の負担が大きいので、バッティングに集中しやすいレフトを守ることが多くなるのではないでしょうか。

モタの怪我について

モタ選手は2020年3月13日に怪我をしてしまいました。

この時、春季キャンプで初めて1軍に合流できたばかりだったので惜しいことをしてしまったと誰もが思ったと思います。

モタ選手はどんな怪我をしてしまったのでしょうか。

怪我は左太もも裏の肉離れ

モタ選手は2020年3月13日に左太もも裏の肉離れで戦線離脱してしまいました。

よく勘違いされるのですが、モタ選手はこの怪我でせっかく1軍に昇格できたのに2軍に降格してしまったと思われています。

ですが、2軍に降格したのは怪我をする前。

流れを整理すると下記の通りです。

  • 2020年2月28日:支配下登録
  • 2020年3月11日:2軍降格
  • 2020年3月13日:左太もも裏の肉離れ

怪我は2軍調整中の時に起こったものでした。

一度、1軍に上がったもののオープン戦では22打席連続無安打という不調に見舞われ、2軍に降格しています。

2軍に行って数日で怪我をしてしまうのですから、モタ選手にとっては泣きっ面に蜂ですよね。

リハビリ開始と1軍に再合流

怪我をしてからすぐにリハビリ組と合流し、同年4月から復帰したモタ選手。

しばらく2軍で調整を行い、同年8月21日に再び1軍へ昇格し、その翌日22日では初安打となるホームランを放ちました。

この選手は”持っている“としか言いようがありません!

巨人は心強い外国人助っ人選手と出会うことに大成功しました。

引き続き、ホームランを量産してほしいと思います。

まとめ

  • モタはマイナーリーグで5年間過ごし、1度巨人のトライアウトで不合格となっている
  • 左太もも裏の肉離れで一時的に戦線離脱している
  • 2年目から1軍に昇格し、初安打でホームランを打った

今後、何本ものアーチを描いてくれるのか楽しみで仕方ありませんね!

💬プロ野球はネット中継で観戦することができます。

プロ野球の試合を観戦できるネット配信・中継サービス

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください