コラム

山田哲人の凄さを走攻守別に分析!トリプルスリーはどれくらいすごい?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ここ数年でヤクルトの山田哲人選手、ソフトバンクの柳田悠岐選手が達成したことで耳に馴染みのある言葉となったトリプルスリー。

ご存知でしょうがトリプルスリーとは、打率3割、盗塁30、本塁打30本を越えることを言います。

あわせて読みたい
柳田悠岐はメジャーで通用するのか?FA移籍の権利を持てるのはいつか?ソフトバンクの柳田悠岐選手がシーズン100打点をホームランで到達いたしました! 現在プロ8年目の柳田選手ですが、メジャーへの挑戦は...

二人が2015年にトリプルスリーを達成したのはプロ野球史上で13年ぶりの快挙でした。

この年に流行語大賞にもなったことで、「トリプルスリー」という言葉は有名になりました。

また、山田哲人選手においては、2016年と2018年にも達成し、現時点で3回も達成しています。

この記録はしばらくの間は抜かれることはないでしょう。

さて、トリプルスリーを達成することは偉業には間違いないのですが、一体どれくらいすごいのかと素朴な疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか?

そんな疑問を解消するために、歴代のトリプルスリー達成選手各成績で30を超えることがどれくらい凄いことなのかを解説していきたいと思います。

歴代トリプルスリーの選手

1936年に始まり80年以上あるプロ野球の歴史でどれほどの選手がトリプルスリーを達成してきたのでしょうか。

プロ野球機構の公式サイトで歴代のトリプルスリー達成選手をまとめてくださっていました。

始めたトリプルスリーが達成されたのは1950年の時。

プロ野球が始まって14年間は誰も達成していなかったんですね。

初のトリプルスリー達成は、松竹の岩本義行氏と毎日の別当薫氏のダブル受賞でした。

山田選手と柳田選手のダブル受賞を連想させますね。

やはり、同じ時代にライバルがいると成績も相乗効果するということなんでしょうか。

過去12回のうち3回は山田選手が達成しておりますから、歴代では10人しかいないということです。

80年以上もある歴史で10人しかいないと単純に考えれば、トリプルスリーを達成するような選手は、文字通り10年に1人しか出てこない優秀な選手だということが分かります。

何万人といる歴代のプロ野球選手の中で10人しか達成していないというのですからとてつもない偉業ですね。

30本ホームランを打つことの凄さ

ホームランを30本打つということはどれほどのものなのか。

2018年のセ・リーグ本塁打王は、DeNAのソト選手で41本、

パ・リーグ本塁打王は、西武の山川穂高選手で47本でした。

30本塁打を打っていたらセ・リーグでは7位、パ・リーグでは5位の順位を収めることができます。

つまり、リーグの中では10本の指に入ることは間違いないのです。

また、2011年、2012年に関してはヤクルトのバレンティン選手が31本でホームラン王を獲得していることから、シーズンによっては30本の本塁打を打てばホームラン王も獲得できる可能性も十分にありえるということも言えますね。

3割打つことの凄さ

よく3割を打てば好打者と言われます。

あの安打製造機で有名なイチロー選手も毎年のように3割を越えるのはできませんでした。

首位打者になるような選手は必ず3割を超えていますが、3割ちょうどくらいならばリーグで10本の指に入るのはほぼ確実と言えます。

30盗塁を決めることの凄さ

今年2018年の最多盗塁獲得者は、セ・リーグはヤクルトの山田哲人選手の33盗塁

パ・リーグは日ハムの西川遥輝選手の44盗塁でした。

ちなみに2016年には山田哲人選手が30盗塁でセ・リーグの最多盗塁を獲得しています。

30回盗塁を決めることは難しいとされていますが、盗塁を極めた選手はどんどん盗塁成功数を伸ばしていっています。

歴代選手のシーズン盗塁数は脅威の106回

阪急ブレーブスの福本豊選手が達成した数字で、13年連続盗塁王となっている規格外の記録を保持し、レジェンドという名に相応しい活躍を魅せました。

まとめ

今回は、

  • 歴代トリプルスリーの選手
  • 30本ホームランを打つことの凄さ
  • 3割打つことの凄さ
  • 30盗塁を決めることの凄さ

について解説しました!

トリプルスリーを達成するには、パワーとスピード両方を兼ね備えていなければなりません。

身体能力の高さが必要ですね。

今年のドラフトでプロ入りが決まった、大阪桐蔭の根尾選手や藤原選手も足が速くホームランも量産しそうな雰囲気があります。

あわせて読みたい
根尾昂がプロではピッチャーとして通用しない理由とは?投手スキルについても今年のドラフト会議で最も注目されている大阪桐蔭・根尾昴選手。 投手としても野手としても高いレベルを保持している根尾選手のプロフィー...

トリプルスリーに近い選手かもしれませんので、ぜひ応援しましょう!

他にもトリプルスリーの達成が期待できる選手がいましたらぜひコメント欄で教えてください!

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください