高校野球

夏の甲子園2019 出場校を先読み予想!打撃・投手力についても

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

第101回全国高校選手権大会は、令和元年の記念すべき大会です。

各都道府県で地区予選が行われていますが、甲子園の土を踏むのはどこのチームが気になりますよね。

本記事では、甲子園出場校の予想をしていきたいと思います。

ぜひ皆さんも一緒に予想してみてくださいね!

各都道府県の甲子園出場校を予想!

こちらの記事では地区予選の優勝候補を予想しています。

あわせて読みたい
夏の甲子園2019予選はいつから?高校野球の各地方大会の日程について 2019年の夏の甲子園はどんなドラマが待ち受けているのか非常に楽しみですね! 予選ではどこの高校が勝ち上がって甲子園の土を...

2019年の甲子園では、49校のチームが出場することになっています。

各記事で調査した結果、下記のように甲子園出場校を予想いたしました。

都道府県 出場校
北北海道 クラーク記念国際
南北海道 札幌大谷
青森 八戸学院光星
岩手 花巻東
宮城 東北
秋田 明桜
山形 日大山形
福島 聖光学院
茨城 常総学院
栃木 作新学院
群馬 健大高崎
埼玉 春日部共栄
千葉 習志野
東東京 関東第一
西東京 日大三
神奈川 横浜
新潟 日本文理
富山 高岡第一
石川 星稜
福井 敦賀気比
山梨 山梨学院
長野 東海大諏訪
岐阜 中京学院大中京
静岡 常葉学院菊川
愛知 東邦
三重 菰野
滋賀 近江
京都 龍谷大平安
大阪 履正社
兵庫 神戸国際大付
奈良 智弁学園
和歌山 智辯和歌山
鳥取 鳥取城北
島根 大社
岡山 創志学園
広島 広陵
山口 下関国際
徳島 徳島商
香川 高松商
愛媛 今治西
高知 明徳義塾
福岡 九州国際大付
佐賀 佐賀商
長崎 長崎日大
熊本 熊本工
大分 明豊
宮崎 日章学園
鹿児島 鹿児島実業
沖縄 興南

あなたの予想と合っているところもあれば異なるところもあると思います。

実際、どんな顔ぶれが揃うのか今から楽しみですね。

出場校が出揃った時にどれくらい合っているのかも気になるところです。

あなたもぜひ出場校を予想してコメント欄に記入してみてください。

全国打撃注目校3選

全国的に打撃が注目されている高校を3校選んでみました。

山梨学院

何といっても打撃最大の注目選手である野村健太選手がいる山梨学院の打線からは目が離せません。

野村健太選手は高校通算40本塁打を超えており、大きな巨体から『山梨のデスパイネ』と異名がついています。

プロからのスカウトはもちろんのこと、メジャー球団からの熱視線も浴びている選手です。

履正社

ドラフト候補の井上広大選手が履正社打線を引っ張ります。

井上広大選手は長打だけが売りではなく、俊足強肩も魅力の一つです。

ライトからレーザービームの期待していましょう。

さらに打線を引っ張るの井上広大選手だけでなく、スーパー1年生の小深田大地選手にも注目です。

両翼100メートルの大きな球場でライト場外を打つほどのパンチ力を備えております。

東邦

2019年の選抜高校野球では見事に全国優勝を果たした東邦高校。

東邦打線を引っ張るのは紛れもなく石川昂弥選手。

エースでありながら選抜では、高校通算本塁打を45本にまで伸ばしました。

投打に冴えわたる選手が一人いるだけで打線は光ります。

石川選手だけでなく、松井涼太選手も打撃の注目度が上がっているので要チェックです。

全国投手力注目校3戦

続きまして全国的に投手陣に注目されているチームを3つ紹介します。

創志学園

2019年の高校ビッグ4の一人でもある西純矢選手。

創志学園は選抜に出場していないので雲隠れしがちですが、夏の甲子園の土を踏む確率は非常に高いでしょう。

最速ストレートは150キロで、変化球は縦スライダー、横スライダー、カーブ、フォークを操ります。

特に縦スラと横スラを巧みに使う投球術を持ち合わせています。

西純矢選手と言えば、2018年の甲子園大会でガッツポーズが一躍有名になりました。

1年越しのマウンド上でのガッツポーズが見られることを期待しています。

星稜

2019年の高校野球で最も注目度が高い選手と言ってもいいでしょう。

奥川恭伸選手を擁する星稜高校は間違いなく甲子園に出場してくるでしょうし、全国制覇も狙えるチームです。

選抜では実力を発揮できなかった感じがありますが、夏ではポテンシャルを存分に発揮してもらいたいところです。

奥川恭伸選手は150キロ越えのストレートの魅力的ですが、それよりも安定感のあるピッチングが最大の武器となります。

基本的に制球が乱れることはありませんし、ピンチになっても動じないマウンド度胸はピカイチです。

札幌大谷

神宮大会で札幌大谷を優勝に導いたのは西原健太選手だと言っても過言ではないでしょう。

選抜では負傷によって登板機会はありませんでしたが、確実に成長しているというニュースがあちこちで流れています。

秋季以降、西原健太選手の実力が全国でお披露目されていないので期待がかかるところです。

まとめ

  • 2019年の甲子園は49校が出場する
  • 打撃注目校は、山梨学院、履正社、東邦
  • 投手注目校は、創志学園、星稜。札幌大谷

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください