高校野球

【2019夏季高校野球】兵庫予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

本記事は「2019年夏季高校野球兵庫県大会の優勝候補予想、各校の戦力、注目選手」について解説しています。

『2019年夏の高校野球の兵庫県大会の優勝候補はどこ?』

『ドラフトに掛かりそうな注目選手はだれ?』

という疑問にお答えします。

秋季大会・春季大会の結果から各校の戦力を徹底分析した上で、兵庫県大会の優勝候補を予想していますので、ぜひ参考にしてください。

夏予選兵庫大会の日程

2019年夏の兵庫県大会の予選は7月6日(土)から開催されます。

決勝戦は7月28日(日)に実施される予定です。

また、組み合わせ抽選会は6月25日(火)に行われます。

各高校の戦力

2019年夏の兵庫県大会の各高校の戦力分析です。

各高校の戦力と、秋季大会、春季大会での結果を踏まえ、打撃、守備、走塁・機動力、総合評価をABC評価の3段階で評価しています。

戦力評価【ABC評価】

高校名 打撃 守備 走塁・機動力 総合戦力
神港学園 B A B B
神埼 C C C C
三木 C B C C
宝塚西 C C B C
甲南 B C C C
香住 C C C C
加古川東 C B B B
篠山鳳鳴 C C C C
市神港・神港橘 C C C C
西宮東 B B B B
竜野北 C C C C
市川 B B B B
神戸鈴蘭台 C C C C
甲陽学院 C B C C
淡路 C C C C
播磨南 C C C C
C C C C
飾磨工 C B C C
津名 C C C C
赤穂 C C C C
東播磨 B B B B
関西学院 B B B B
福崎 C C C C
洲本実 B C B B
村岡 C C C C
須磨学園 C C C C
柳学園 C C C C
神戸弘陵 B B B B
柏原 C C C C
吉川 C C C C
市尼崎 B A B B
明石商 A A A A
出石 C C C C
須磨東 C C C C
豊岡 C C C C
宝塚 C C C C
姫路商 B B C B
鳴尾 C C C C
宝塚東 C C C C
夢野台 C C C C
村野工 C C C C
神戸国際大付 A A A A
猪名川 C C C C
姫路工 B C C C
山崎 C C B C
川西緑台 C C C C
尼崎西 C C C C
雲雀丘学園 C C C C
西宮今津 C B C C
神戸市高専 C C C C
尼崎双星 C C C C
須磨翔風 B A B B
明石 C C C C
北摂三田 C C C C
神戸第一 C B C C
浜坂 C C C C
兵庫農 C C B C
神戸甲北 B C C C
飾磨 C B C C
神戸宝塚 C C C C
東播工 C C C C
尼崎小田 C B B B
高砂 C C C C
洲本 C C C C
東灘 C C C C
加古川北 B B C B
小野工 C B C C
小野 C C C C
松陽 C C B C
有馬 B C C C
夢前 C C C C
A A A A
西宮甲山 C C C C
北須磨 C C C C
科学技術 B B C B
三田祥雲館 C B C C
琴丘 C C C C
西宮南 C C C C
佐用 C B C C
上郡 C C C C
三田学園 B B B B
六甲アイランド C C C C
姫路 B C C C
神戸北 C C B C
千種 C C C C
白陵 B C C C
川西北陵 C B C C
県西宮 C C C C
仁川学院 B C C C
宝塚北 C C B C
淳心学院 C C C C
滝川二 B B B B
報徳学園 A A A A
兵庫県大付 C C C C
神戸学院大付 B C C C
竜野 C C C C
北条 C C C C
明石商 A A A A
西宮北 C C C C
星陵 C C C C
兵庫工 C C C C
加古川南 C B C C
育英 B B B B
淡路三原 C C C C
県尼崎 B C C C
篠山産 C C B C
明石清水 C C C C
三木東 B C C C
生野 C C C C
太子 C C C C
加古川西 B B C B
市伊丹 C C C C
滝川 B B B B
川西明峰 C C C C
芦屋 C C C C
氷上 C C C C
明石北 C C C C
尼崎工 B C B B
神戸 C C C C
東洋大姫路 B B B B
葺合 C C C C
西脇工 B C C C
西脇 C C C C
相生 C C B C
明石高専 B C C C
三田西陵 C C C C
明石西 C B C C
神戸商 C C C C
姫路飾西 B C C C
自由ヶ丘 C C C C
御影 C C C C
姫路南 B B B B
市西宮 B B A B
姫路東 C C C C
県伊丹 C B C C
長田 B C C C
姫路別所 C C C C
明石城西 C C C C
相生学院 C C C C
八鹿 C C C C
尼崎稲園 C C C C
武庫荘総合 B B B B
伊川谷北 C C C C
尼崎北 C C C C
和田山 C C C C
伊丹北 B B C B
氷上西 C C C C
須磨友が丘 C C B C
相生産 C C C C
伊川谷 B B B B
多可 C C C C
豊岡総合 C C C C
三田松聖 B B B B
兵庫 C C C C
兵庫商 C C C C
伊丹西 B B C B
香寺 C C C C
高砂南 B C C C
三木北 C C C C
網干 C B C C
舞子 C C C C
姫路西 C C C C

打撃部門の注目校:明石商

打撃部門で注目の高校は「明石商」です。

打線を引っ張るのは、2年生ながらチームの核弾頭として活躍する来田選手。

2019年春の選抜大会では1試合2本塁打を放ち、一気に注目を集めました。

また、4番の安藤選手もパンチ力抜群のスラッガー。

春の選抜では甲子園球場の右中間中段に叩き込む特大本塁打を放ったパワーの持ち主です。

春の選抜でベスト4の実績を誇る強力打線は、兵庫県内でも頭一つ抜けています。

守備部門の注目校:社

守備部門で注目の高校は、「社」です。

社高校で注目したいのは投手力を含めた守備力の高さ。

浮き上がる様なストレートが武器の古西投手、プロ注目の成長著しい最速147km/h右腕の藤本投手の2枚看板は、簡単には打ち崩せません。

特に強豪校が多く激闘が予想される兵庫県大会ですから、社高校の投手力・守備力の高さは大きな武器となります。

走塁・機動力部門の注目校:市西宮

走塁・機動力部門で注目したい高校は「市西宮」です。

特に注目なのが西川純平選手。

持ち前の俊足を活かした高速のベースラニンニングには要注目です。

6人の注目選手

2019年夏の兵庫県大会での6人の注目選手をご紹介します。

2019年の兵庫県大会では以下の6選手(野手1名、投手5名)に注目です。

  • 来田涼斗(明石商)
  • 中森俊介(明石商)
  • 藤本竜輝(社)
  • 林直人(報徳学園)
  • 小林彪希(東洋大姫路)
  • 照峰賢也(姫路南)

明石商:来田涼斗

2年生 180cm82kg  右投左打

明石商の2年生スラッガー、来田涼斗選手です。

2019年春の選抜高校野球では、準々決勝の智弁和歌山戦で先頭打者本塁打とサヨナラ本塁打の2本のホームランを放つ活躍が印象に残っています。

魅力はその豪快なフルスイングとヘッドスピードです。

将来はソフトバンクホークスの柳田選手のような選手になるのでは、という伸び代を感じさせてくれます。

また、バッティングだけでなく俊足を活かしたベースランニングと守備にも注目したい総合力の高い選手です。

明石商:中森俊介

2年生 182cm83kg  右投左打。明石商の2年生エース。

2019年春の選抜高校野球では4試合に登板し、チームのベスト4入りに大貢献しました。

ストレートは最速147km/hをマークし、2年生ながらプロ注目の投手です。

選抜では修正力の高さが光り、調子が悪いなりにも試合をしっかり作れるのはエースとしての素質を感じます。

またバッティング能力も高く、総合的にみて能力の高い選手です。

社:藤本竜輝

3年生 180cm74kg  右投右打

秋季大会では県ベスト4、春季大会では県ベスト8の社高校の3年生エースです。

無駄の少ないフォームから投げ込まれる質の良いストレートは一級品。

高校生ながら回転数をチェックし常にストレートの質向上にこだわっているクレバーな一面もあります。

140km/h台前半のストレートを小気味よく投げ込み、変化球もスライダー、カーブ、チェンジアップと種類は豊富。

好投手が揃う兵庫県大会でも要注目の選手です。

報徳学園:林直人

3年生 178cm73kg  左投左打。報徳学園の3年生エース。

コントロールに定評があり、右打者の懐に食い込むクロスファイアーが魅力的。

球の出所が見にくいフォームで、ストレートは最速141km/hながら球速以上の威力を感じさせます。

まだ体の線は細さを感じますが、変化球も豊富で、特にチェンジアップのキレが良く投手としての総合力は高いです。

報徳学園を2年連続の甲子園出場に導けるか、要注目の左腕。

東洋大姫路:小林彪希

3年生 178cm66kg  左投左打。東洋大姫路の3年生エース。

体の線はまだまだ細いですが、ストレートの最速は143km/hとプロ注目の逸材です。

フォームはしなやかで無駄がなく、ストレートにキレがあります。

コントロールに課題があり球数が増えてしまいがちなので、しっかりと無駄なボール球を減らすことで夏のトーナメントを勝ち抜いていけるかが注目ポイントです。

姫路南:照峰賢也

3年生 181cm  左投左打。姫路南の3年生エース。

秋から春にかけて成長が著しいサウスポーで、春季大会ではチームのベスト4入りに貢献しました。

ストレートには威力があり、キレのあるチェンジアップでうまく緩急を使いつつ、スライダー、カーブをあやつり球種も豊富。

ヒジの使い方が柔らかく、それがチェンジアップの抜けの良さに繋がっています。

コントロールに課題はありますが、ストレートの最速は143km/hとプロ注目の左腕です。

優勝候補はこの3校!

2019年夏の兵庫県大会の優勝候補を、各校の戦力、秋季大会、春季大会の結果から以下の3校に絞りました。

  • 明石商
  • 神戸国際大付属

明石商

2019年夏の兵庫県大会の優勝候補の大本命は明石商です。

秋季大会では兵庫県大会を優勝した勢いそのままに、2019年春の選抜高校野球ではベスト4に輝いた圧倒的な実績があります。

実は明石商、2017年の秋季大会から4季連続で兵庫県大会を制覇している県内最有力の実力校です。

その間、県内では公式戦27連勝を記録し、まさに兵庫県内では敵なしでした。(2019年の春季大会で須磨翔風に破れ連勝記録はストップ)

注目選手でも紹介しましたが、2年生エースの中森選手とスラッガーの来田選手と役者は揃っており、兵庫県大会の戦力的には頭一つ抜けています。

神戸国際大付属

神戸国際大付属は、秋季大会では県ベスト42019年の春季県大会では見事優勝を果たした実力校です。

2017年夏は甲子園にも出場し、2年ぶりの甲子園出場を目指します。

神戸国際大付属の柴野選手は県内でも有数のスラッガーで、夏の大会でもその打棒に注目が集まっています。

社高校は秋季県大会ベスト4、春季県大会ベスト8ですが、十分優勝を狙える実力を持っている高校です。

藤本投手、古西投手と能力の高い投手が2人揃っているため、激闘が続き試合数も多い兵庫県大会では有利

特に藤本投手は最速147km/hを誇るプロ注目の右腕です。

まとめ

春の選抜でベスト42年連続の甲子園出場を狙う明石商が優勝候補の大本命です。

しかし、兵庫県大会は実力が拮抗した有力校も数多くあり、激戦が予想されます。

特に春季大会では公立高校の躍進が目立っていたため、強豪の私立高校に対して公立高校がどこまで健闘できるか、要注目です。

みなさんはどのチームが優勝すると予想しますか?

ぜひコメント欄で予想した優勝校を記入してください。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください