高校野球

夏の甲子園2019 高校野球注目一年生まとめ!ドラフト候補生は?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

2019年夏の甲子園にて、1年生の活躍も期待されます。

本記事では、甲子園出場校の注目1年生選手を5人紹介していきます。

智辯和歌山・徳丸天晴

智辯和歌山の4番バッターを任されているスーパー1年生です。

プロ注目スラッガーの東妻純平選手を差し置いて、4番に座るのですから恐ろしいですよね。

身長184㎝、体重79㎏と恵まれた体格を持ち合わせております。

身長に対して体重はまだまだ増えそうな感じがするので、将来が楽しみですね。

天晴(てんせい)という名前は、

「男らしくあっぱれ(天晴れ)としてもらいたい」

が由来となっているようです。

強豪で4番を担うのですから、名前通りの成長ぶりですよね。

甲子園での一発を期待しています。

智辯学園・前川右京

今夏は外野手として登録されている左投げ左打ちのスーパー1年生です。

奈良大会では4番として出場していました。

甲子園に出場する津田学園には2歳年上の前川夏樹選手という兄がいて、甲子園での兄弟対決が見られそうですね。

智辯学園・小畠一心

智弁学園の2番手投手です。

最高球速143キロというストレートを主体に切れ味バツグンのスライダーで投球を組み立てていきます。

練習態度の非常にまじめで、アドバイスを受けたことをこまめにノートに取るといった勤勉さを見せております。

常に学ぶ姿勢を持ち、素直な性格なので、著しい成長が期待できますね。

1年生のうちから甲子園のマウンドを経験できるのですから、一皮むけたひと夏を過ごすことでしょう。

仙台育英・伊藤樹

右投げ右打ちの本格派右腕です。

最高球速は144キロをマーク。

剛速球を投げるピッチャーですが、本人は変化球が得意と語っているようです。

現在確認されている変化球は、スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットですが、6種類の変化球を投げ分けることができるのだとか。

140キロ超のストレートに加え、多彩な変化球を操るなんて1年生でできるレベルじゃないですよね(笑)

さらに元々キャッチャー出身ということもあり、配球には頭を使ったピッチングが目立ちます。

高い投手スキルに加え、クレバーな投球術を持っているので鬼に金棒ですね。

霞ケ浦・飯塚恒介

霞ケ浦の外野手として登録されている飯塚恒介選手。

背番号は8をつけます。

2番などの好打順に入ることが多く、卓越したバッティングセンスで得点に結びつけます。

特にランナーがいる時のバッティングに強く、勝負強さがあります。

1年生らしく伸び伸びとプレーすることで甲子園でも活躍できることでしょう!

まとめ

1年生の注目選手は他にもいますが、僭越ながら5人に絞らせていただきました!

彼らの一挙手一投足から目が離せませんね!

 

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください