高校野球

【2019夏季高校野球】埼玉予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

第101回の甲子園はどんなドラマが待ち受けているのか楽しみですね。

本記事では、埼玉大会の優勝候補について掘り下げていきたいと思います!

夏予選埼玉大会の日程

  • 抽選日…6月19日
  • 開幕日…7月10日
  • 決勝…7月28日

各高校の戦力

戦力評価【ABC評価】

高校名 打撃 守備 走塁・機動力 総合戦力
浦和学院 A A A A
三郷 B C C C
浦和 C C B C
上尾 B C C C
細田学園 B C B C
岩槻商 B B C C
春日部東 C B C C
盈進学園東野 C B B C
坂戸 B C C C
鴻巣 C C B C
B C C C
熊谷農 B C B C
桶川 B B C C
川越 C B C C
大宮 C B B C
春日部工 B C C C
浦和北 C C B C
星野 B C C C
武南 B C B C
本庄東 B B C C
埼玉栄 C B C C
川口工 C B B C
坂戸西 B C C C
白岡 C C B C
幸手桜 B C C C
滑川総合 B C B C
上尾南 B B C C
市川口 C B C C
草加 C B B C
狭山清陵 B C C C
松山 C C B C
越ヶ谷 B C C C
浦和西 B C B C
久喜北陽 B B C C
越谷南 C B C C
飯能南 C B B C
聖望学園 B C C C
深谷商 C C B C
草加西 B C C C
叡明 B C B C
桶川西 B B C C
所沢商 C B C C
草加東 C B B C
妻沼 B C C C
所沢北 C C B C
久喜工 B C C C
狭山工 B C B C
不動岡 B B C C
川越初雁 C B C C
宮代 C B B C
岩槻北陵 B C C C
浦和東 C C B C
志木 B C C C
開智未来 B C B C
獨協埼玉 B B C C
鷲宮 C B C C
新座総合 C B B C
秀明 B C C C
大宮東 C C B C
西武台 B C C C
越谷北 B C B C
三校連合 B B C C
早大本庄 C B C C
熊谷商 C B B C
朝霞 B C C C
大宮開成 C C B C
進修館 B C C C
川越南 B C B C
所沢中央 B B C C
小鹿野 C B C C
市浦和 C B B C
豊岡 B C C C
三郷北 C C B C
川口 B C C C
熊谷西 B C B C
草加南 B B C C
入間向陽 C B C C
春日部共栄 A A A A
花咲徳栄 A A A A
越谷総合 B C C C
秩父 C C B C
大宮南 B C C C
鶴ケ丘清風 B C B C
武蔵越生 B B C C
三郷工技 C B C C
山村国際 C B B C
熊谷 B C C C
松伏 C C B C
八潮南 B C C C
開智 B C B C
大宮光陵 B B C C
深谷一 C B C C
小川 C B B C
朝霞西 B C C C
和光 C C B C
四校連合 B C C C
浦和実 B C B C
埼玉平成 B B C C
松戸農 C B C C
立教新座 C B B C
いずみ B C C C
秩父農工科 C C B C
浦和商 B C C C
羽生実 B C B C
羽生一 B B C C
庄和 C B C C
大宮西 C B B C
狭山経済 B C C C
川越総合 C C B C
窪田松韻 B C C C
昌平 B C B C
所沢 B B C C
川口青陵 B B C C
浦和工 C B B C
城北埼玉 B C C C
大宮商 C C B C
ふじみ野 B C C C
川越工 B C B C
寄居城北 B B C C
熊谷工 C B C C
西武文理 C B B C
栄東 B C C C
新座柳瀬 C C B C
春日部 B C C C
所沢西 B C B C
大宮武蔵野 B B C C
杉戸 C B C C
本庄 C B B C
川越東 B C C C
本庄一 C C B C
慶應志木 B C C C
富士見 B C B C
栗橋北彩 B B C C
城西大川越 C B C C
栄北 C B B C
鳩山 C C C C
東農大三 B B B B
山村学園 B B B B
八潮 B C C C
伊奈学園 C C B C
川越西 B C C C
与野 B C B C
正智深谷 B B C C
狭山ヶ丘 C B C C
大宮北 C B B C
秀明英光 B C C C
国際学院 C C B C
日高 B C C C
飯能 B C C C
北本 B C C C
南稜 C C B C
岩槻 B C C C
越谷西 B C B C
大宮工 B B C C
越谷東 C B C C
市川越 C B B C

 

打撃部門の注目校:花咲徳栄

花咲徳栄高校は打力が売りのチームです。

なんといっても2番バッターはバントがセオリーだったのを打ってランナーを進めるという戦法で高校野球界の改革を進め見事に甲子園優勝したチームです。

今では2番バッターがバントではなく打つスタイルを作った花咲徳栄高校はどこにでもヒットを打てる韮山選手や、パワーが持ち味の井上選手といった打力のある選手を並べ全国制覇を狙うには十分の打力を兼ね備えています。

守備部門の注目校:昌平

昌平高校は3年生エースである米山投手は左腕でマックス143キロとそれほど速くない球で内野ゴロを打ち取ってアウトを取るゴロラウンド選手です。

打たせて取る投手なだけあり野手の守備は一級品です。

2年生スラッガーでチームを1年生の頃から引っ張る渡邊選手はファーストの守備をそつなくこなす素晴らしい選手です。

走塁・機動力部門の注目校:山村学園

山村学園は浦和学院高校との試合では10と接戦を演じたチームです。

浦和学院高校は有名ですが今年の投手陣はそれほどいい投手ではありません。

それでもあまり点が取れていない山村学園の打線はあまり良くないので、機動力で点を取ることに優れています。

機動力を見たいと思うならぜひ山村学園の試合がオススメです。

5人の注目選手

本大会で注目すべき選手はこちらの5人です!

昌平高校:渡邊翔大選手

身長は176センチで体重は78センチと高校生の中では平均より少し上の身長ではありますが、ずっしりとした体格を生かして1年生の頃からファーストのレギュラーとして昌平高校を引っ張る2年生スラッガーです。

パワーは折り紙つきで左打者として4番バッターを務めています。

花咲徳栄高校:井上朋也選手

1年生の夏の甲子園大会からレギュラーメンバーとして出場している才能溢れる花咲徳栄高校の外野手です。

生駒ボーイズ出身でU15日本代表にも選ばれて活躍した全国で見ても非常に評価の高い選手です。

パワーが魅力の右打者で関東大会では2ランホームランを放った逸材です。

打率は.444と高打率を残しています。

春日部共栄高校:村田賢一選手

身長182センチ体重78キロと高校生の中でもかなり体の大きな選手です。

この大きな身長からマックス147キロを誇るボールとスライダーやカーブスプリットで翻弄する投手です。

打撃力にも優れており4番を打つ選手です。

横浜高校の及川投手からホームランを打つほどの野球センス溢れる選手です。

東農大三高校:飯島一徹選手

プロ注目の最速145キロを誇るストレートを誇るボールを投げることができる投手です。

全国優勝も果たした花咲徳栄高校を完封で終わらせた実績をもつ素晴らしい選手です。

この飯島選手は打力にも優れています。

東農大三高校での打順は主に5番バッターを打ち主軸を張っています。

投打で東農大三高校を引っ張る存在としてコアな高校野球ファンからも注目されています。

山村学園高校:和田朋也選手

山村学園の和田朋也投手は左投げのスリークォーターから繰り出すマックス137キロのボールを投げることができるプロ注目の投手の一人です。

スピードでゴリゴリと押すピッチングではなく緩急や制球で勝負をする技巧派系の投手で埼玉県内では素晴らしい投手の一人として活躍しています。

優勝候補はこの3校!

埼玉大会の優勝候補を3つに絞らせていただきました!

春日部共栄高校

秋の関東大会では決勝まで勝ち進みましたが惜しくも桐蔭学園高校に敗戦はしてしまいました。

しかしながら選抜高校野球に選ばれた素晴らしいチームです。

エースの村田選手を中心に打撃力も優れた選手です。

選抜後の春の埼玉県大会でも優勝を誇る今年の中で埼玉県最強のチームだと目されております。

花咲徳栄高校

昨年夏の甲子園出場校である花咲徳栄高校は、主軸が複数残っているチームです。

2017年に選手権大会全国制覇を果たしたことがある埼玉では屈指の強豪校で毎年良い結果を残してきます。

特に野手が強く2年生スラッガーの井上朋也選手や、プロ注目のショートである韮山雄也選手といった多彩な攻撃を仕掛けられるチームとなっています。

浦和学院高校

昨年夏の甲子園出場校である浦和学院高校は大穴ではありますが実力は毎年高く全国的にも常に注目されているチームです。

その中でも捕手である羽田選手には注目が集まっています。

投手では昨年夏の甲子園大会を経験した永島投手や春の大会ではエース番号を背負った経験を持つ下園投手と多彩な投手を揃えています。

まとめ

選抜出場の春日部共栄は埼玉県内では頭一つ出た甲子園出場本命とされています。

実際に秋の大会と春の大会で埼玉県内を制した実力を持っています。

しかし埼玉県は素晴らしい投手が多く東農大三高校の飯島投手や山村学園の和田投手、県立川口高校の中島投手、昌平高校の米山投手と揃っています。

好投手に当たる可能性が高いだけに全国でも屈指の強豪校である春日部共栄高校や花咲徳栄高校、浦和学院高校と揃ってはいますが侮ると危険な存在が多いだけに面白い大会になるかと思います。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください