守備

野球のショート向きの性格と役割は?最強遊撃手やかっこいい動きについても

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

野球の花形と言えばピッチャーと言いそうなところですが、もう一つの花形ともいえるポジションと言えば、、、

そう!ショートです!

ショートは一般的に二塁と三塁の間を守るポジションでShort Stopper(ショートストッパー)の略。

それでは、どのような特性があるのか見ていきましょう。

ショート向きの性格と役割について

他のポジションと比較すると、よく動き回ります。

行動範囲は9つのポジションの中でも一番広いのではないでしょうか。

ある時はファウルゾーンまで行き、ある時は外野ゾーンまで行き、ある時はセカンドベースより一塁側に行くことだってあります。

これだけ守備範囲が多方向に広がっていると、当然必要となってくるのが

視野の広さです。

ショートを守るような人は周りが見えてないといけないのです。

筆者は生涯でショートを守ったことはありませんでしたが、サード、セカンド、レフト、センターを守った時、何度もショートとぶつかりそうになりました。

レフトを守った時に実際にぶつかってしまったこともありますが。

大概、ここのボールは俺が捕るといった打ち合わせをするのは隣り合ったポジションとすれば済む事なのですが、ショートの場合、打ち合わせする対象が多いんです。

頭の中で覚えていないといけないのでキャパシティも大きくないといけませんし、頭だけで覚えようとしていたらなかなか難しいものです。

体に染み込ませておく必要もあります。

なおかつ、チーム内でも野球センスに優れていなければなりません。

最も応用を効かせないといけないポジションですね。

ショートに必要な技術

ショートは守備に関することはすべてできていてほしいものです。

サードよりも深いところから一塁へ送球することも多々あるので、肩の強さは必須です。

さらに、ボテボテの打球も処理することもありますのでボールの持ち替えの速さも必要です。

ショートは身体能力が高くないと守るのが難しいでしょう。

体力テストの評価がA判定をとれるくらい、筋力、体力、柔軟性の水準を高めておく必要がありますね。

ショートに有効な練習方法

ショートは多様なシチュエーションで打球が飛んできますから、これをやっておけばいい!といった練習方法はあまり思いつきません。

今のところ思いつくのは、実践形式の練習を体に染み込ませるといったところでしょう。

難しい体制から長い距離の送球をして、アウトを取らないといけませんので、

捕球できるギリギリの打球を処理して、正確に投げる練習をとことんやるべきだと思います。

以前、テレビで見たことがあるのですが、西武ライオンズなどで活躍した松井稼頭央選手は、肘を支点にして、手投げになるような投げ方を習得していましたが、そういう工夫も自ら編み出していいく必要もありそうですね。

他のポジションならば、守備の基本さえしっかりやっていれば問題なくプレーすることができますが、ショートには基本以上のプレーが求められます。

前に転がった打球、サード後ろの深い打球、セカンドベースの後ろの打球など様々なシチュエーションをイメージして練習に取り組んでいきましょう。

ショートがかっこいいというイメージは動きから?

難しい打球がたくさん飛んでくるポジションですから、

ファインプレーの機会が多くなるのも必然なのです。

観戦している側からすると、ダイビングキャッチや難しい打球処理をアウトにした時が分かりやすくかっこいいのです。

ショートにはそういった見ている人がかっこいいと思えるようなプレーをする機会が多く、なおかつ守備の達人が守っていることが多いので、かっこいいというイメージが定着したのかもしれませんね。

実際、守備が上手くないとショートは務まりません。

身体能力が高い人がショートを守ることが多いので、自然とバッティングも良い選手が抜擢されることが多いです。

プロ野球選手の最強遊撃手は?

坂本勇人


甘いマスクで人気のプロ野球選手。

現在、ゴールデングラブ賞は2回受賞しています。

巨人のキャプテンとしてチームを牽引しています。

あわせて読みたい
坂本勇人の愛用ネックレスのブランドメーカーはaxfアクセフ?昔はコラントッテだった?読売ジャイアンツの坂本勇人選手はイケメンとしてファンから人気ですが、オシャレにも気を使っているジェントルマンでもあります。 坂本選...
あわせて読みたい
坂本勇人の歴代彼女と現在の彼女は誰?結婚観と理想の女性像読売ジャイアンツの坂本勇人選手といえば、実力はさることながら、甘いマスクで数々の女性ファンを魅了しています。 過去にはいくつかのス...
あわせて読みたい
北村拓巳が坂本勇人と自主トレ!イースタンリーグでの成績は?読売ジャイアンツの北村拓巳選手が坂本勇人選手と自主トレをしているということでニュースになっていました。 北村選手といえば、2018...
あわせて読みたい
巨人・坂本勇人、年俸5億円!16人目の快挙を果たした人気要素はイケメンだけじゃなかった!? 読売ジャイアンツの選手会長を務める坂本勇人選手の年俸が公開されました。 昨季から1億5000万円アップの5...

今宮健太

高校時代はピッチャーとしても活躍。

甲子園予選で3打席連続ホームランの偉業を成し遂げた実績もあります。

ゴールデングラブ賞はなんと、5回も受賞しているのです。

まだ27歳と若いので、これからどんどん記録を更新していくことを期待しております。

松井稼頭央


西武ライオンズからメジャーへ渡米し、その後、楽天へ。

そして現在は古巣である西武ライオンズへ戻ってきました。

数少ないスイッチヒッターとしても有名な選手。

全盛期は守備が上手く、足も速い、さらに打撃センスもバツグンといった理想のショートでした。

ゴールデングラブ賞は4回受賞しています。

40歳を超えた今でも現役にこだわり続ける姿に力をもらいます。

まとめ

ショートは類まれな野球センスが必要です。

特に必要なのは周囲をよく見る気質を備えることだと思います。

日ごろから周りに気を遣える、イイ男orイイ女を目指して、最高のショートを目指して見てはいかが。

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください