打撃

3番打者の役割は?3番バッターはかっこいいイメージが強い!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

クリーンアップと言われる3番バッター。

日本では4番バッターが主砲、いわゆる最強バッターと言われていますが、メジャーをはじめとする海外では3番バッターが最強バッターなのだとか。

どっちが最強バッターなのかはチームの采配や方針によってだいぶ変わってきますが、いずれにしろ3番はとても重要な打順です。

この3番という打順はどういう役割を持つのか見ていきましょう。

 

特性

ランナーがいる時は溜まったランナーを本塁に返す役割です。

ランナーがいなくても、一人でチャンスメークができるほどのバッティングが求められます。

自分がランナーとして出て、4番に本塁へ帰してもらう。

この流れを着実にできると最高です。

なので、単打よりかは2塁打以上を打つことが期待される打順と言えるでしょう。

 

向いている選手

中距離バッターを置くと良いと言われていますが、長打力、走力を兼ね備えたバランス型の選手が向いていると言えます。

またランナーを返すという役割もあるので、勝負強さが必要とされます。

チャンスをものにし、ピンチではチャンスを作ると言った流れを変えられる気質がほしいところです。

試合の流れを読んで、求められるバッティングを使い分けられる頭脳と技術が備わった選手が3番にいると打線に安定感が出てくるでしょう。

 

実際に打順に入ってみて

クリーンアップ=チームの主軸

という方程式があったので、3番に抜擢された時、嬉しい反面プレッシャーで押しつぶされそうになりました。

チームの打線を背負うと言っても過言ではないので、心臓に毛が生えるようなメンタルの強さが必要な打順だなと率直に思いました。

 

実際に3番に入った時、求められている結果を過大してしまって、思いっきり大振りになってしまいました。

いつものコンパクトなバッティングができずに結果も凡退ばかりでした(;’∀’)

力まずに平常心を保って普段通りのプレーを心掛けるべきだったなと後悔しております。

3番バッター尊敬しております(; ・`д・´)

 

3番バッターといえば思い浮かぶ選手

坂本勇人

巨人のチームキャプテン。

引っ張るのが非常に上手な選手です。

インコースにめっぽう強い!

得点圏にランナーがいる時の打率は素敵な数字となっております。

甘いマスクとして有名な選手。

練習中に巨人ファンの女の子に対して、「結婚するか?」という発言をしたことで、動画が出回り、一部では有名な出来事になっています。

野球も一級、顔面の一級、最高ですね。

 

山田哲人

1番バッターとしても向いていますが、3番バッターも非常に似合う選手です。

トリプルスリーをとっているということは、パンチ力もあり走力もあるということですから完全なバランス型の選手といっていいでしょう。

セカンドを守っていて、守備もかなり上手いです。

打席で打つ瞬間にバットをクイってやる個性的なバッティングフォームです。

文章で説明するのは難しいので映像を探してみました。

しかし、著作権の問題もあり掲載することはできませんので、ぜひ各自で探してみてください。

映像を見れば分かると思いますが、ピッチャーが投げる前にバットをクイってやってますよね!w

 

以前、テレビ番組で中学時代の運動会の徒競走?の映像が流れていたのですが、他の子とは段違いに足が速く、その頃から俊足の片りんを見せていました。

 

柳田悠岐

元祖フルスイングが長嶋茂雄選手であるなら、平成版ミスターフルスイングはこの選手でしょう。

時にはヘルメットが落ちるほどの全力スイングは相手ピッチャーを委縮させるほど。

トリプルスリーも獲得しており、身体能力が非常に高い選手です。

また、トリプルスリーと首位打者の同時タイトル獲得はプロ野球初の快挙なんだとか。

人間離れした能力に開いた口が塞がりません。

さらに、アッパースイングに見えるスイングで野球界に衝撃を与えました。

あわせて読みたい
柳田のアッパースイングで野球の常識が覆る?野球を元気に語ります。どーもラックです。 今や球界を代表するソフトバンクホークスのパワーヒッター、柳田悠岐選手。 走攻守全て...

肩も強く、投手顔負けの球の速さなのだとか。

4番を打つこともある柳田選手ですが、3番センターにこのような選手がいるのは理想的だといえるでしょう。

 

松井稼頭央

数少ないスイッチヒッターです。

走攻守共に揃った野球センスでメジャーでも活躍しました。

シーズン安打、二塁打、三塁打、スチールのタイトル1位を獲得しています。

長打力もあり足も速い選手で、松井稼頭央に憧れてスイッチヒッターを志す人も結構いるのではないでしょうか。

守備のことですが、体勢が悪い時に捕球した時には肘を支点にして、腕の反動で送球すると言った独自の技術を編み出した時には衝撃を受けましたね。

自分の頭で考え、新しいプレーを生み出す。

これが松井稼頭央選手です!

 

まとめ

3番は中距離バッターが適任だと言えるでしょうし、ランナーを返す役割があるので勝負強さが必要です。

チームの主軸として、味方チームに勢いをつけていってほしい打順です。

流れを読んで、周囲が期待するバッティングをしていくことが求められるでしょう。

 

それではまた会いましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください