プロ野球

大山悠輔の打撃・守備成績や野手スキルは?バッティングフォームについても

阪神タイガースの期待の若手選手と言えば、大山悠輔選手!

将来の4番候補として、かなりの期待がかけられている実力派スラッガーです。

既に頭角を現していますが、まだまだ若いのでこれからどんな成長を遂げてくるのかも注目ですね。

改めて大山悠輔選手の野球選手としての特徴について気になりましたので調べてみました。

本記事では、大山悠輔選手の打撃守備などの野手スキルやバッティングフォームについて掘り下げていきたいと思います!

大山悠輔のプロフィール

基本情報

名前 大山悠輔(おおやまゆうすけ)
生年月日 1994年12月19日
出身地 茨城県下妻市
出身校 つくば秀英高校→白鴎大学
身長 181㎝
体重 85㎏
投打 右投げ右打ち
ポジション ファースト、セカンド、サード、外野手
背番号 3
プロ入り 2016年ドラフト会議 阪神タイガース1位指名

1994年生まれと言えば、大谷翔平選手と一緒です!

この年は野球選手に限らず、一流アスリートがたくさん生まれた年でもありますよね。

プロ入り前までの経歴

大山悠輔選手は小学1年生の時に野球を始めます。

始めたのは軟式野球でした。

中学では軟式野球部に所属し、高校はつくば秀英高校へ進学します。

1年の時からピッチャーとショートを務め、高校通算本塁打は27本まで伸ばしますが、プロからの声はかかりませんでした。

高卒後は白鴎大学へ進学し、大学1年春からサードとしての出場を果たします。

大学通算の成績は98試合に出場し、119安打16本塁打93打点バットの火が止まりませんでした。

1年春季と2年秋季にはベストナインにも選ばれるほど、実力を発揮しています。

大卒後は、文句なしのドラフト1位で阪神タイガースへ入団します。

プロ入り後の主な活躍

プロでの獲得タイトルはまだありませんが、1年目から75試合に1軍での試合に出場し、2年目には117試合と順調な切り出しをしています。

さらに出場するだけでなく、主力選手として打線を引っ張る活躍も見せました。

今後の活躍にも期待がかかる若手選手ですね。

打撃・守備などの野手スキル


大山悠輔選手の魅力は何と言っても長打力にあります!

2年目にして2桁本塁打を放っています。

この時点でこの成績を残せるとは、本塁打王も狙えてしまうかもしれませんね。

今でこそ、長距離バッターとして知名度を上げていますが、プロ入り当初はスイングが波打ったり、フォロースルーで伸びあがるなどの癖が目立ったと言います。

掛布二軍監督の指導の下、打撃フォームは改善したものの、2018年シーズンには打撃不振に陥りました。

そこで中村紀洋氏がyoutubeにアップしているバッティング理論を参考にしたところ、バットから火が噴きました。

どこで才能が開花するか分かりませんね。

まだ打率で3割越えをした経験がありませんが、2018年の活躍を見ている限り、すぐに打率は伸びてきそうですね。

バッティング技術も長けていますが、ここぞという時の勝負強さも圧巻のものを持っています。

強靭なメンタリティが実力を引き出しているのでしょう。

守備の方は遠投110mの記録を持ち、強肩としても有名です。

スローイングにも安定感があり、危なげないグラブさばきには定評があります。

器用な選手なのでどんなポジションでも無難にこなせるユーティリティプレーヤーでもありますね。

バッティングフォームについて

大山悠輔選手のバッティングフォームはこちら。

オーソドックスな構えですが、無駄な力が入っていないと捉えることができます。

インパクト時の迫力はすさまじいですね。

バットがボールに当たる瞬間には体の重心が後ろに残っていて、前足の膝は伸びきっています。

ボールに力を伝える秘訣ですね。

松井秀喜氏が現役時代の頃も前足は伸びきっていましたので、ホームランバッターの特徴ともいえるでしょう。

阪神からホームランキングが出てくるのも時間の問題かもしれません。

大山悠輔の関連記事

大山悠輔選手に関する記事はこちらからご覧いただけます。

あわせて読みたい
大山悠輔は在日韓国人なのか?父親と母親の名前や育ってきた家族環境についても今や阪神タイガースの主力選手となった大山悠輔選手。 注目度はうなぎのぼりで上昇中です。 これだけ注目度が上がってくると、どん...
あわせて読みたい
大山悠輔に彼女はいる?結婚観や好きな女性のタイプについても阪神タイガースの大山悠輔選手の活躍ぶりが凄まじいですね。 知名度も上がっている選手につきまとってくる話題が彼女の存在です。 ...

まとめ

  • 大山悠輔は大卒で阪神タイガースに1位指名を受けて入団した
  • バッティングには長打力、守備には安定感があり、チームの主力となっている
  • バッティングフォームはオーソドックスだが、インパクト時の迫力はすさまじい

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
【2020年】プロ野球ネット中継の無料配信をスマホやテレビで見る方法!各社徹底比較 このように思っているなら、プロ野球の配信サービスがおすすめです。 こちらでは、プロ野球の試合を観戦できる配信サービ...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください