高校野球

夏の甲子園2019米子東高校野球部の注目選手とメンバーは?地区予選成績も

鳥取県代表は米子東高校に決まりました!

春の選抜でも注目を浴びた高校なので多くの野球ファンにとって歓喜の結果となりましたね。

米子東高校はの夏の甲子園出場は28年ぶり14回目となります。

本記事では、米子東高校の地区予選成績や注目選手について掘り下げていきます。

米子東高校とは

学校の基本情報

設立 所在地 国公私立
1899年 鳥取県米子市 公立
設置学科 偏差値 著名な卒業生
普通科 66-69 北野剛寛、上田まりえ

米子東高校は鳥取県米子市にある公立の進学校です。

1899年に設立された伝統校でもあります。

設置学科は普通科のみで

  • 普通コース
  • 生命科学コース

に分かれています。

生命科学コースは医歯薬学部などの理系学部宇進学を目指すコースのようです。

野球以外だとサッカー、ラグビーが全国に名を連ねる活躍ぶりをみせています。

偏差値が高い進学校なだけあって、アナウンサーや政治家などの著名人も多く輩出していますね。

野球部の特色

春の選抜は9回、夏の甲子園は今回で14回目の出場となります。

最高成績は1960年に行われた春の選抜における準優勝です。

私立校が台頭する以前は甲子園常連校でした。

今年の春の選抜に出場するまで、2000年以降の甲子園出場はありませんでしたが、春夏連続で出場するということは力をつけていったに違いありません。

選抜では初戦敗退だったので、今夏は2回戦進出目指して頑張ってほしいところです。

鳥取予選結果とベンチ入りメンバー

鳥取大会の予選結果とベンチ入りメンバーを紹介していきます。

2回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9
鳥取育英 0 0 0 0 0 0 0 0
米子東 2 3 0 0 2 0 × 7

※7回コールド

▼投手

鳥取育英:中本

米子東:森下→山内→土岐

▼本塁打

岡本(米子東)、福島悠(米子東)

準々決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
米子松蔭 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
米子東 0 1 4 0 0 0 0 0 × 5

▼投手

米子松蔭:佐々木→泉谷→横山

米子東;森下→山内→土岐

本塁打

なし

準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
倉吉東 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
米子東 0 0 1 0 2 0 3 0 × 6

▼投手

倉吉東:日野→福庭→政門→日野

米子東:森下→山内→土岐

本塁打

山内(米子東)

決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
鳥取城北 1 0 2 0 0 1 0 1 0 5
米子東 2 0 1 0 0 0 1 2 × 6

▼投手

鳥取城北:別所→成田

米子東:森下→山内→土岐

本塁打

山田(鳥取城北)、岡本(米子東)

 

春に比べて長打力が増したと思います!

選抜では福島選手が打線の中心でしたが、ホームランを打つ選手が増えたように思えます。

さらに投手も森下選手から山内選手、最後に土岐選手といった3人の投手リレーを確立しています。

夏に合わせて、投手力も打力も仕上げてきた感じですね。

春の雪辱を戦略を練って攻略してくれるのではないかと期待が高まります。

ベンチ入りメンバー

背番号 選手名 投打 学年 出身中学
1 森下祐樹 左投げ左打ち 3年 米子クラブ
2 長尾駿弥 右投げ右打ち 2年 日南町立日南中
3 福島悠高 右投げ右打ち 3年 米子クラブ
4 福島康太 右投げ左打ち 3年 米子市立加茂中
5 諸遊壮一郎 右投げ右打ち 3年 大山町立大山中
6 岡本大翔 右投げ右打ち 2年 米子ボーイズ
7 本多翔 右投げ右打ち 3年 米子クラブ
8 山内陽太郎 右投げ左打ち 2年 米子クラブ
9 土岐尚史 左投げ左打ち 2年 米子クラブ
10 野村大和 右投げ右打ち 3年 米子市立福米中
11 松田凌 右投げ右打ち 2年 大山町立大山中
12 平山悠斗 右投げ右打ち 2年 米子クラブ
13 遠藤想太 右投げ右打ち 2年 米子ボーイズ
14 岩本勇気 右投げ右打ち 2年 大山ボーイズ
15 戸野皓介 右投げ左打ち 2年 大山町立名和中
16 長尾泰成 右投げ左打ち 1年 米子市立後藤が丘中
17 船木洸斗 右投げ右打ち 1年 大山ボーイズ
18 舩木佑 右投げ右打ち 1年 大山町立名和中

春の選抜時は16人しか部員数がいませんでしたが、1年生が増えて、18人の枠を埋めることができました!

新メンバーが入ってきたことでどんな化学反応をみせるのか楽しみです。

1年生のうちから甲子園の土を踏んだら、当然刺激を受けることでしょう。

次世代のチーム作りにも良い影響が出て来そうです。

3人の注目選手

米子東高校の注目選手はこちらの3人です!

岡本大翔

2年生の大型ショートです。

身長188㎝、体重82㎏の巨体を活かした力強いバッティングでホームランを量産します。

鳥取大会でも2本のホームランを放ち、4番として米子東打線を引っ張ります。

地区予選での登板機会はありませんでしたが、ピッチャーとしてのレベルも高く最高球速は140キロを出すことができるのも魅力です。

次チームのエース候補という噂もあるので、今夏大会が終われば、ピッチャーとして急成長する可能性があります。

甲子園でのアーチも期待していましょう。

福島悠高

たくさん食べることから米子東のおかわりくんとも呼ばれています。

打順は5番に入ることが多く、超パワーヒッターです。

身長185㎝、体重100㎏と高校生離れした体格から放たれる打球スピードは規格外です。

地区予選初戦ではスコアボードを超える本塁打を放ち、推定距離160メートルという特大アーチを描きました。

とても高校生とは思えないですね(笑)

山内陽太郎

外野手として登録されていますが、2番手投手としてマウンドに上がる機会が多い選手です。

柔らかなフォームから切れの良い球を放り、打たせて取るタイプのピッチャーですね。

身長178㎝、体重62㎏。

まだ2年生で線も細いので、ウェイトトレーニングを重ねたらどんな風に化けるのか楽しみですね。

野手としてはヒッティングも上手で技巧派な印象です。

まとめ

  • 米子東は28年ぶり14回目の甲子園出場
  • 決勝戦では1点差の均衡した試合を制した
  • 注目選手は、岡本大翔、福島悠高、山内陽太郎

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
【2020年】プロ野球ネット中継の無料配信をスマホやテレビで見る方法!各社徹底比較 このように思っているなら、プロ野球の配信サービスがおすすめです。 こちらでは、プロ野球の試合を観戦できる配信サービ...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください