高校野球

【2019夏季高校野球】宮城予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

2019年の夏の甲子園は第101回を迎えます。

今回は宮城大会をもっと楽しむために、注目選手や各部門の注目校を紹介します。

これをもとに優勝候補も予想してみてくださいね!

夏予選宮城大会の日程

  • 抽選日…6月28日(金)
  • 開幕日…7月13日(土)
  • 決勝…7月28日(日)

各高校の戦力

戦力評価【ABC評価】

高校名 打撃 守備 走塁・機動力 総合戦力
東北 A A A A
大崎中央 B C B C
東北学院榴ヶ岡 C B C C
宮城農 B C B C
塩釜 C B B B
石巻西 C C B C
古川工 C B C C
宮城広瀬 B C B B
黒川 C B C C
仙台 B C B C
泉松陵 C B B B
仙台商 C C B C
大河原商 C B C C
追桜 B C B B
C B C C
東北生活文化大高 B C B C
東陵 C B B B
柴田 C C B C
佐沼 C B C C
本吉響 B C B B
多賀城 C B C C
仙台工 B C B B
宮城水産・石巻北 C B B C
柴田農林 B C B B
白石工 C B C C
仙台高専名取 B C B C
白石 C B C C
村田 B C B C
泉館山 C B B B
志津川 B C B B
岩ヶ崎 C B C C
名取北 B C B B
石巻 C B C C
利府 B C B C
仙台東 C B B B
東北学院 C C B C
亘理 C B C C
築館 C B C B
古川 B C B C
仙台向山 C B B B
古川黎明 C C B C
聖和学園 C B C C
仙台一 B C B B
宮城工 C B C C
仙台育英 A A A A
気仙沼向洋 C B B C
仙台南 B C B C
涌谷 C B C C
登米総合産 B C B C
角田 C B C B
仙台二 B C B C
小牛田農林 C B B B
登米 C C B C
名取 C B C C
伊具・加美農 B C B B
石巻商 C B C C
松島 B C B C
仙台三 C B B B
気仙沼 C C B C
石巻工 C B C C
石巻好文館 C B C B
仙台城南 B C B C
富谷 C B C C
中新田 B C B B
鹿島台商・一追商・岩出山 C B B C
仙台西 C C B C
古川学園 C B C B

 

打撃部門の注目校:仙台育英

仙台育英高校の打撃力は宮城県内だけではなく東北大会でも他校を圧倒するものを持っているかと思います。

東北大会で初戦の秋田中央高校13点、準々決勝の東日本昌平高校11点と準決勝では弘前学院聖愛高校には6点と3試合での合計は30得点、1試合あたり10得点も挙げることのある打撃の破壊力は全国でも随一だと思います。

また宮城県大会での東北高校との決勝戦では東北高校に対して8得点と強豪校の素晴らしい投手陣でも打線の破壊力をまざまざと見せつけてくれました。

守備部門の注目校:古川学園

古川学園高校は守備力が大変よく接戦での勝ち上がりを春の大会で見せてくれたチームです。

その中でも佐々木繕貴投手は素晴らしい投手でマックス146キロのボールを投げて打たせて取るピッチングなのでそれほど三振数が多くはありません。

なので守り勝つ試合仙台育英高校や東北高校といった強豪校を倒す姿を見せてくれるかと思います。

走塁・機動力部門の注目校:東北高校

走塁は特に1番バッターである石川原選手と2番バッターの斎藤選手の2人が機動力に優れています。

機動力を生かして盗塁を決め得点圏にランナーを進めることによって中軸の伊藤選手と佐藤選手がヒットで返して相手の投手陣を揺さぶることができます。

5人の注目選手

宮城大会の注目選手はこちらの5人です!

古川学園高校:佐々木繕貴選手

宮城県大会でナンバー1投手なのは、身長は178センチ71キロと高校生の中ではかなり大きめの体で投球するプロや高校野球ファンが注目する右腕が佐々木繕貴投手です。

投球フォームは少し独特でワインドアップから指導を少し溜めて重心を下げ、着地を早めにするホームです。

このホームから春の練習試合では自己最速の146キロのストレートを投げ込むことができる本格派右腕です。

食トレにも挑んでおり昼ごはんに白米を1キロ食べるというありえない食事をした結果、体重が7キロも増えたそうです。

監督からももう一皮向ければ150キロをマークできるような投手になると絶賛されています。

仙台育英高校:大栄陽斗選手

小学校の時には東北楽天ゴールデンイーグルスjrとして選ばれた実績を持つ仙台育英高校の中でも指折りの素晴らしい投手が大栄陽斗選手です。

球速は140キロを超えるものをもっており打者を圧倒するボールを投げることができることで有名です。

秋の大会ではエース番号を背負うなど監督からも特に期待をされている仙台育英高校の大黒柱といっても過言でない選手です。

仙台育英高校:伊藤樹選手

1年生の身長は172センチ体重72キロとあまり大きくない体ながらマックス144キロのストレートを投げることができる投手が伊藤樹選手です。

常時ストレートは135キロ以上を誇り130キロ台のスプリットも投げることができ打者を翻弄することのできるスーパー1年生です。

評価として140キロのボールを投げる投手は基本的には高めに浮いてしまうボールを投げる選手が多いですが、伊藤投手は低めにコントロールをできる完成度の高い投手とされています。

仙台育英高校名:小濃塁選手

仙台育英の爆発的な打撃力を見せる中軸の選手が4番バッターの小濃塁選手です。

相手のストレートが早くてもしっかりと自分のスイングができる選手で強振することができます。

外野手としてもレフトを守っており素晴らしい攻守で仙台育英高校の5人の140キロ投手をバックアップすることができる選手です。

東北高校:伊藤健大選手

左腕である伊藤投手は最速139キロながら常に130キロ台中盤の球を投げることができる投手です。

ストレートのキレが良いとされておりキレの良い球でバッターを空振りに取るのがうまいとされています。

優勝候補はこの3校!

本大会の優勝候補は3校に絞らせていただきました!

仙台育英高校

2015年の選手権大会では準優勝に導いた前監督佐々木監督が退任したこともあって、どのようなチームになるのか高校野球ファンも注目していたかと思います。

しかし春の宮城県大会では宮城県大会を見事に制した実力を見せてくれ、さらには東北大会で初戦秋田中央高校に東日本昌平高校には大差で勝利し、投手力も打撃陣も素晴らしい能力を見せてくれました。

その次の準決勝では弘前学院聖愛高校には67と僅差ながら接戦を演じるなど接戦にも強い姿を見せてくれました。

この戦いから見てもやはり仙台育英高校は選手権宮城県大会で最も甲子園出場に近いチームだと言えるかと思います。

また打撃陣だけではなく投手陣では140キロを投げることができる選手を左右5人も並べています。

エースである大栄投手を筆頭にして鈴木投手や菅原投手、1年生の伊藤投手と笹倉投手といった投手が控えておりなかなか打ち崩すのが難しい様相となっております。

東北高校

春の宮城大会では惜しくも仙台育英高校には敗れてしまいましたが、仙台育英の投手陣から6点も取ると打撃陣には自信をのぞかせるスコアーが結果から見て取れます。

東北大会では惜しくも1回戦で元仙台育英高校の監督であった佐々木監督率いる学法石川高校に敗退してしまいましたが、23と素晴らしい接戦を演じたのは東北でもかなりの強豪校だということをのぞかせています。

東北学院高校

東北学院高校の中心選手は朝倉選手、井上投手、小林選手の三人です。

井上投手は120キロ台のストレートの中技巧派なので細かいボールを投げることができ、そのボールを朝倉選手がリードしてくれます。

小林選手が打線の中軸となっており小林選手を中心試合を進めていきます。

まとめ

宮城県内には常に二強と言われているプロ野球で大活躍している上林誠知選手や平沢大河選手といった選手が出身校である仙台育英高校と、メジャーリーグで大活躍しているダルビッシュ投手や大魔神佐々木主浩投手といった世界で活躍する投手が出身校である東北高校には毎年県内外から優秀な選手が集まってくることで知られています。

宮城県大会を見ていると思う人も多いかと思いますが、毎年この2校を中心に今年も大会が進んでいくこと間違いなしと思われます。

その中でも仙台育英高校は春の宮城県大会を制し東北大会では準決勝まで勝ち上がった素晴らしいチームとなっています。

5人の140キロを超えるボールを投げることができる投手と爆発的な打撃陣で東北大会を制する筆頭だと思われます。

そのほかにも東北高校はかなりの強豪校であり仙台育英高校と接戦をできる唯一のチームかもしれません。

仙台育英高校に対するチームとしては主に東北高校を中心に東北学院高校といったチームがしのぎを削り面白い大会になること間違いなしです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください