高校野球

【2019夏季高校野球】石川予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

2019年の石川大会の優勝候補についてまとめました。

注目選手や各部門での注目校も紹介していますので最後まで御覧ください!

夏予選石川大会の日程

  • 抽選日…6月26日
  • 開幕日…7月12日
  • 決勝…7月28日

各高校の戦力

戦力評価【ABC評価】

高校名 打撃 守備 走塁・機動力 総合戦力
星稜 A A A A
金沢辰巳丘・金沢向陽・内灘 C C C C
金沢西 B C B C
小松市立 C C B C
小松大谷 B B B B
金沢伏見 B C B C
宝達 C C B C
金沢二水 B B C C
大聖寺実 C B C C
津幡 B C C C
金沢商 C B B C
野々市明倫 C C B C
金沢泉丘 B B C C
鵬学園 C B C C
輪島 B C C C
金沢大付 C B B C
大聖寺 B C C C
遊学館 B B B B
小松明峰 B C B C
羽咋工 C C B C
金沢 B B C C
金沢学院 C B C C
金沢桜丘 B C C C
金沢龍谷 C B B C
穴水 B C B C
七尾東雲 C C B C
金沢錦丘 B B C C
鶴来 C B C C
金沢北陵 B C C C
翠星・加賀 C B B C
門前 B C B C
小松商 C C B C
飯田 B B C C
小松 C B C C
北陸学院 B C C C
松任 C B B C
羽咋 B C B C
石川工 C C B C
能登 B C B C
鹿西 C C B C
七尾 B B C C
石川高専 C B C C
小松工 B C C C
金沢工 C B B C
日本航空石川 A A A A

 

打撃部門の注目校:日本航空石川

日本航空石川昨年の選抜高校野球ではレギュラーとして2年生メンバーはいませんでしたが多くのメンバーが甲子園で活躍しました。

大舞台を経験したメンバーは春の大会では、計53点1試合あたり8.8点を叩きだした強力打線です。

石川県には奥川投手を始め多くの素晴らしい投手がいますが、その投手を打ち崩せる可能性が高い投手です。

守備部門の注目校:鵬学園

石川県の高校野球はかなりレベルの差が激しく星稜高校や日本航空石川と互角に戦えるチームは少ないです。

その中でも鵬学園は日本航空石川と14と点差が少ない中で春の大会で戦いました。

日本航空石川戦ではファーボールを5つも選べているので、選球眼もいいのですし、細かい野球で守り勝つチームです。

走塁・機動力部門の注目校:星稜

星稜高校は今年の選抜高校野球では盗塁と機動力を絡めた野球をしてきます。

特にこの中盗塁を決めた選手なのが3番の知田選手と8番の岡田選手です。

1番バッターや2番バッターといった機動力が期待される選手だけではなく主軸や下位打線でも盗塁を決めてくるどの打順の選手でも走れるので投手は恐怖を与えます。

5人の注目選手

石川大会で注目すべき選手はこの5人たちです!

星稜高校:奥川恭伸選手

高校ビック4と名高い奥川恭伸は2年生夏の大会では背番号1で甲子園のマウンドに立ちました。

球種はスライダー、フォーク、チェンジアップと多彩です。

そこから選抜と春の北信越大会とどんどん成長してきています。

ドラフト1位で複数の球団から指名が噂されているだけにどれほどの投球をするのかが大変注目されます。

星稜高校:山瀬慎之助選手

身長は178センチ、体重は82キロと超大型捕手です。

選抜甲子園終了後U18の合宿が行われましたが山瀬捕手は選ばれるほどの高校球界を代表する捕手です。

遠投は120メートルと肩は素晴らしいだけではなく打撃では5番バッターを打つ星稜高校では打撃でも守備でも中心選手です。

星稜高校:内山壮真選手

身長は172センチ、体重72キロと決して大きくない体ではありますが強豪星稜高校で1年生の頃からスタメンを勝ち取り試合に出る逸材です。

彼はまだ2年生ではありますが遠投は110メートルと高校生では素晴らしい肩を持っています。

ショートとして試合に出ていますがキャッチャーもできるなんでもできる才能溢れた選手です。

日本航空石川高校:重吉翼選手

昨年の選抜高校野球では大橋投手らとともに日本航空石川の投手3枚看板の1翼だったのが重吉翼投手です。

昨年の甲子園初戦では7回無失点と素晴らしい快投を演じました。

右腕のスリークォーターからは放たれるストレートの球速は148キロとライバル星稜高校の奥川投手と引けを取らない球速を叩き出します。

小松高校:小川琳太郎選手

小松高校の小川投手のストレートの最速は140キロと強豪校の投手の中では並ほどしか球速は出ません。

しかし星稜高校との練習試合では奥川投手と投げ合い強力星稜高校の打線を1失点と封じ込みました。

プロのスカウトは、小川くんはいいと聞いていたがやっぱりよかったとプロからも高評価を得ています。

優勝候補はこの3校!

優勝候補を3つにしぼりました!

星稜高校

昨年の選抜大会と選手権大会、今年の選抜大会と3季連続出場を果たしている星稜高校は北信越大会でも優勝を果たし石川県大会でも頭1つ以上抜き出た存在であるのは間違いないです。

甲子園では150キロをマークした奥川投手を筆頭に守りの要である捕手山ノ瀬選手やショートには内山選手と全国で名を馳せた選手がずらりと並んでいる全国でも強豪校1つです。

日本航空石川高校

春の大会では53得点を叩き出した高校です。

今年の春の大会決勝では星稜高校に惜しくも敗戦しましたが、5対8と星稜投手陣を見事に打ち崩しました。

また重吉投手はこの試合で7失点してしまいましたがこの試合を糧にさらなる成長をして星稜高校を倒すべく成長しているかと思います。

日本航空石川がどのように戦うのか注目です。

小松高校

中日のスカウトが高評価した小松投手は、さらに成長して化けたらプロでも活躍できる素晴らしい選手になると言われています。

春の大会以降で大きく成長していると、接戦に強くなるかと思います。

小松高校は3回戦で遊学館高校に敗戦してしまいましたが、さらなる成長でチーム自体が伸びる可能性があります。

大穴ではありますが楽しみなチームです。

まとめ

星稜高校はU18にも選ばれる投手ですし、山瀬捕手や内山選手といった多くのスター選手を抱えているので石川県だけではなく全国でも有数の強豪校です。

順当に行けば星稜高校が甲子園出場をするかと思います。

しかし石川県内には小松高校の小川投手や日本航空石川の重吉投手といった高校でも屈指の好投手がいるので面白い戦いになるのではないでしょうか。

 

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください