高校野球

高校ビッグ4|2019注目選手は?佐々木・奥川・西・及川のスカウト評価

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

毎年のように高校球児には注目選手が出てきますが、2019年のビッグ4と呼ばれる注目選手が出てきています。

2019年の高校ビッグ4とは、大船渡高校(岩手)の佐々木朗希選手、星稜高校(石川)の奥川恭伸選手、創学園高校(岡山)の西純矢選手、横浜高校(神奈川)の及川雅貴選手のことを指します。

どの選手の投手という共通点があり、剛腕ピッチャーばかりです。

今回は、2019年の高校ビッグ4について選手情報とスカウト評価について紹介していきます。

高校ビッグ4 2019年の注目選手

不思議なくらい毎年のように「高校ビッグ○」と言われる数人の抜きんでた選手が出てきます。

今年2019年は、高校ビッグ4と言われ、4人の選手が注目されています。

  • 佐々木朗希・大船渡高校(岩手)
  • 奥川恭伸・星稜高校(石川)
  • 西純矢・創志学園(岡山)
  • 及川雅貴・横浜(神奈川)

この4人は全員投手で150㎞/h超えのストレートを投げます。

中にはメジャー球団から視察が来るほど、その期待値は計り知れないです。

高校ビッグ4に相応しい実力の持ち主たちですが、これから各選手について紹介していくとします。

大船渡・佐々木朗希

東北の怪物と言われ、すでにメジャー級のスケールを持っている選手。

最速はなんと157㎞/hを記録しています。

メジャーのスカウトが練習試合に足を運ぶなど、世界が注目する逸材です。

未だ、甲子園球場に立ったことはありませんが、3年夏は甲子園でフィーバーすることが期待されいています。

スカウト陣の評価は、

  • 「佐々木を初めて見たのは、高校1年夏の大会でデビューして147キロをマークした翌日。ブルペンでの投球でしたが、もうとんでもない球をバンバン投げていました。輝星の時と同様、この冬を越えてどこまで成長しているか。高校野球で練習試合が解禁される3月8日からチェックしたい。見るのが楽しみです」(日本ハム・白井スカウト)
  • 「投げる姿がすてきじゃん。やっぱりすごいな、というのが分かるよね。俺が決めるんじゃないけど、佐々木、佐々木とずっと言ってるもん。いい投手になるのは間違いない」(日本ハム・栗山監督)
  • 「初めて生で見たが、ここまでいいとは。想像以上。160キロも時間の問題」(ヤクルト・斉藤スカウト)
  • 「カウント3ボールからスライダーでストライクが取れる。今の時期の高校生ではなかなかいない」(ロッテ・井辺スカウト)
  • 「今年のドラフトでも1位になれるぐらいの素材。2年生で154キロが出るんだから、伸びしろはいっぱいある。フォームが安定すれば、もっとスピードは出る。大谷、菊池レベルの近くまで来ている」(阪神・葛西スカウト)

    と、速球はもちろん、変化球のコントロールにも定評があります。

    高校ビッグ4の中で最も早いストレートを投げることが最大の魅力と言えるでしょう。

    星稜・奥川恭伸

    世間では最も注目度が高いとされているのは星稜高校の奥川恭伸選手です。

    2018年のU18高校日本代表には唯一の2年生選手でした。

    2年生の夏の甲子園では開幕戦の大舞台で自己最速150㎞/hをマークしスター性を発揮しました。

    さらにマウンドに立つ姿や笑顔で観戦客を惹きつけます。

    スカウト陣の評価は以下。

    • 「(今年度の視察はヤクルトが)12球団目なんですね。奥川はスケールが大きい。これからも見ていきます」(ヤクルト・阿部スカウト)
    • 「フォームもブレないし、球の軌道もブレない。下半身をうまく使って投げていましたね。担当スカウトとしては、そりゃあ欲しいですよね。後輩からも慕われていると聞きますし、頭も見た目もいいですね。彼には勝ち運や人をひきつける魅力があります。この一年間が本当に楽しみです」(阪神・筒井スカウト)
    • 「どの球団に行っても、チームを代表する投手になる。広島スカウト統括部長の苑田さんではないですが、星稜の前に家を借りた方がいいかも」(ロッテ・小林スカウト)
    • 「今年、3年生だったら1位で指名されている選手。145キロ前後を投げられる投手はたくさんいても、これほど完成度の高い投手はいない。松坂クラスです」(阪神・熊野スカウト)
    • 「カウント球と勝負球のメリハリが利いている。三振を狙ってるわけじゃないんだろうけど、コントロールがいいから簡単に追い込むことができて、結果として三振が増えている」(中日・中田スカウトディレクター)

    完成度の高い選手として高い評価を受けています。

    さらに実力だけでなく、見た目のルックス面でも評判が良く、プロでも人気を誇れるだろうと言われています。

    たしかに笑顔はかわいらしくて、女性ファンも増えそうですよね。

    創志学園・西純矢

    創志学園の西純矢選手も2年生時にエースナンバーを背負い、甲子園で登板しました。

    最速150㎞/hの剛腕ピッチャーで、ガッツポーズ帽子が飛ぶ姿が印象的です。

    多彩な変化球を操る中、決め球のスライダーはあまりのキレの良さから「消えるスライダー」とも称されています。

    亡き父に「甲子園に行ってくれ」と言われたことを忘れずに帽子のツバには父の命日「10.11」と書かれてあります。

    スカウト陣の評価は以下の通り。

    • 「やっぱりボールに力がある。ストレートがね。スケールが大きいね。(昨年から)成長していると思う。球種も豊富で、体を見ても魅力。(中国、四国中心の)担当している高校生ではトップだと思うので。上位候補には違いないと思うので。当然追いかける選手の1人。夏の大会まではしっかり追わないといけない」(阪神・山本スカウト)
    • 「体の強さ、150キロのストレート、狙って空振りが取れるスライダーが最大の魅力。今の力がMAXではなく、成長の幅もある。上位候補に入ってきます。星稜の奥川投手に近づくのか、追いつくのか、追い越すのか。ライバルの存在は刺激になるし、一つのモチベーションになるでしょう」(ロッテ・黒木スカウト)
    • 「魅力は直球。力があってドーンと来る。岡山大会では147、8キロが出ていた。順調にいけば、来年は上位候補になる」(阪神・山本スカウト)
    • 「来年のドラフト1位候補なのは間違いない。特に直すところはない。今年でも1位に入る。このまま体力がレベルアップしていけば、ものすごい投手になる」(中日・中田スカウトディレクター)
    • 「まっすぐに力があったし、同じ腕の振りで投げるスライダーはキレがあった。無四球だし、コントロールも安定していた。このままいけば来年のドラフト上位候補だね。中学生の時に世界大会も経験しているし、この大舞台で16個も三振を奪って完封するんですから。昨年から見ていますけど、順調にきている」(阪神・山本スカウト)

    特に直すところがない」と評するスカウトもいるくらい完成された投手です。

    謙虚な性格なので、さらに成長の幅があるだろうと期待もできる選手ですね。

    横浜・及川雅貴

    高校ビッグ4の唯一の左腕、横浜高校の及川雅貴選手。

    最速153㎞/hでストレートは申し分ない速さです。

    左腕からこの剛速球が出てきたら、バッターもタジタジでしょう。

    投げれる変化球はいくつかありますが、コントロールを安定させるために、あえて横スライダーとストレートしか投げないところにも信念を感じます。

    ニックネームは「およよ」とかわいらしいあだ名もあります。

    スカウト陣の評価は以下です。

    • 「右(投手)は150キロ以上がいても左は大学、社会人にも少なくナンバーワンは及川でしょう」(ヤクルト・斉藤スカウト)
    • 「今日は思った通りに投げられなかったところもあったと思うが、ポテンシャルはすごい。まだ体も大きくなるだろうし、もっと良くなる」(中日・小山スカウト)
    • 「真っすぐが速くて、あれだけ腕を振って低めに(スライダーを)投げられたら打てない。(今年のドラフトでも)全然いけるんじゃないか」(巨人・古城スカウト)
    • 「大型左腕であれだけボールを操れる。今すぐにでもとりたい」(ソフトバンク・永井スカウト室長)
    • 「及川くんは今年の3年生を含めた中でも一番いい。体がもっとできてくれば菊池雄星クラスになれる」(西武・渡辺SD)

    すでに完成されているとする評価もあれば、まだまだ成長の伸びしろがあるとする評価もありました。

    スペックが高いことは周知のことですが、安定感が少しネックになっているのかもしれませんね。

    それは本人も自覚しているからこそ、変化球も絞っているのでしょう。

    まとめ

    • 2019年の高校BIG4は佐々木、奥川、西、及川
    • 全員剛腕ピッチャーで150㎞/h超え
    • 最速は佐々木の157㎞・h

    ということが判明しました。

    あくまで現時点での高校ビッグ4の選手たちでしたので、これからこの選手たちに肩を並べる選手が出てくるかもしれません。

    というかそういう展開を楽しみにしています。

    あわせて読みたい
    佐々木朗希が大船渡を選んだ理由は?大船渡高校の野球成績と特色岩手県にある大船渡高校の佐々木朗希(ささきろうき)選手が高校ナンバーワンピッチャーとして野球界から注目を集めています。 まだ高校2...
    あわせて読みたい
    星稜・奥川恭伸投手の球種・球速・コントロールのスキルは?身長や体重も星稜高校のエース奥川恭伸投手は高校ナンバーワン投手として注目されています。 センバツ2019にも出場しますので、春には奥川選手のピ...
    あわせて読みたい
    西純矢の身長や体重プロフィールまとめ!球種・球速等のスキルやプレースタイルについても創志学園の西純矢選手は高校ビッグ4の一人として全国から注目を集めています。 2年生の時から甲子園で登板し、一躍有名になりましたよね...
    あわせて読みたい
    横浜・及川雅貴投手 (読み方:およかわ) のフォームと球速は?2つの球種と能力についても春のセンバツに出場する横浜高校エース、及川雅貴投手をご存知ですか? 「高校BIG4」の一人としてプロのスカウト陣から熱視線を送られ...

    最後まで読んでくださりありがとうございました。

    野球の魅力を多くの人に届けませんか?
    記事が参考になったという方は
    TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

    関連記事

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください