プロ野球

ビヤヌエバの打撃・守備の評価とメジャーの成績まとめ!ユーチューブの動画も

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

巨人がメジャーリーガーのビヤヌエバ選手を獲得しましたね。

フルネームは、クリスチャン・ビヤヌエバといいます。

ビヤヌエバ選手とは一体どんな選手なんでしょう?

年齢を調べてみると、現在27歳ということでした。

この年齢で日本球界に挑戦するということは、メジャーでも活躍した選手なのではないかと推測できます。

巨人が獲得したことで初めてこの選手の名前を聞いたという方も多いと思いますので、ビヤヌエバ選手について調べました。

今回は、ビヤヌエバ選手の各能力の評価メジャーでの成績プレースタイルが分かる公式のユーチューブ動画について解説していきたいと思います!

ビヤヌエバの評価について

ビヤヌエバ選手の評価について、打撃・守備・走塁と分けてみていきます。

打撃について

スイング幅が広く、フォロースルーが大きいことから、長距離バッターであることが推測されます。

低めのボールに手が出て、ミートポイントは前気味ということで完全なるプルヒッターであることが判明しました。

まさにメジャーリーガーといったスイングですね。

思いっきりすくい上げるバッティングフォームをしているためか、当たれば飛ぶが読みと外れた球種が来た時の柔軟性には欠けるといった評価が多かったです。

守備について

守備のポジションは主にサードを守り、他にはファースト、セカンド、ショートも経験しています。

サード以外のポジションは全て1,2試合のみの起用でした。

内野を全て守れるユーティリティープレーヤーですね。

内野がこれだけ守れれば、外野も少し練習すればすぐに習得できそうです。

2018年にサードでスタメン出場したのは90試合。

守備率.947DRS+5という成績を残しました。

守備率だけを見ると、けっこうエラーしているように思えますが、サードはそもそもエラーしやすいポジションです。

注目すべきところはDRS。

DRSというのは平均的な野手と比較してどれだけ失点を防いだかを表す指標です。

このことから、サードとしての守備については平均よりも良い評価だったことになります。

巨人は、岡本和真選手のサード4番計画を進行中であるため、ビヤヌエバ選手はファーストを守る可能性が非常に高いですね。

ビヤヌエバは正一塁手の候補となる。大塚淳弘球団副代表編成担当(59)は「ジャイアンツの『4番・サード』は負担が大きいから、岡本を一塁に回すか左翼に回すかは原監督の判断。(ビヤヌエバは)一塁もできますから」と説明した。

引用:サンスポ

走塁について

2018年の盗塁数を見るとわずか3つ。

100試合以上出場していることを踏まえると、走塁はあまり期待しない方が良さそうです。

メジャーでの成績は?

メジャーでの主な成績はこちらとなります。

試合数 打数 打率 本塁打 打点
2017年 12 32 .344 4 7
2018年 110 351 .236 20 46

あれ?なんで2年しか記録がないんだ?

というのも、ビヤヌエバ選手はマイナー期間が長かった苦労人でした。

2008年8月にテキサスレンジャースとマイナー契約を結んでから、約9年間をマイナーで過ごしました。

2017年の9月にメジャー昇格を果たし、2018年からはスタメン出場が激増しました。

打率こそ低いものの、本塁打はそこそこの成績を残せています。

メジャーでこれだけ打てればNPBでは30~40本くらいは期待できそうですね。

遅咲きの選手ということもあり、これからどんどん実力をつけていく可能性も高いです。

ビヤヌエバ選手が在籍していたパドレスは、ビヤヌエバ選手の流出を痛手な損失としながらも、苦渋の決断の末、チーム事情により手放しました。

シーズンを通してレギュラーとして活躍することは難しいが、パドレスは相手投手によってのビヤヌエバをプラトーン起用を検討していたという。「彼は2019年の計画に入っていた。しかし球団の目的は三塁での長期的解決策を得ることだ。パドレスはビヤヌエバが答えになるとは信じておらず、彼を行かせた」と言及している。

引用:FullCount

プレースタイルが分かるユーチューブ動画

今まで文章でビヤヌエバ選手のプレースタイルについて説明してきましたが、動画を見たほうが分かりやすいですよね。

MLBが公式に公開しているユーチューブ動画がありました。

これぞメジャー!と言わんばかりの豪快スイングです!

日本の球場だと場外、ドームだと天井に当たることが頻発しそうですよね。

ぜひそのようなバッティングを日本球界にもたらしてほしいです。

まとめ

  • 長距離バッターで得点圏での打率は低め
  • サードの守備は平均より上だが、巨人ではファーストの起用が濃厚
  • マイナー暮らしが長く、2017年からメジャーデビューを果たした

ということが判明しました。

ビヤヌエバ選手の華やかしいNPBデビューを願っております。

あわせて読みたい
巨人・元マ軍のライアン・クックと契約!球種、球速やメジャーでの成績は!? 読売ジャイアンツがマリナーズのライアン・クック投手の獲得に移りました。 クック選手は一体どんな投手なのでし...
あわせて読みたい
巨人・岡本和真、年俸567%増の8000万円で文句なし!?来年の目標や新ポジションも解説! 読売ジャイアンツの岡本和真選手の年俸が公開されました。 昨年の1200万円を大いに上回る8000万円となり...
あわせて読みたい
巨人・岩隈久志は春キャンプから1軍スタート!原監督の特別扱いか!? 巨人の原監督が岩隈久志選手の春キャンプ1軍スタートを明言しました。 原監督の岩隈選手へのお気に入り具合を見...

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください