プロ野球

梅野雄吾の球種や球速などの投手スキルは?投球フォームについても

今回は、東京ヤクルトスワローズに所属する、梅野雄吾選手についてご紹介します!!

プロ入り3年目、20歳の期待の若手です。

ヤクルトスワローズファンではない方は、梅野雄吾選手を知らない人もまだまだいるかもしれません。

まだ、梅野雄吾選手を知らない方にも知ってもらえるよう、まとめてみます。

ヤクルトスワローズファンには更に詳しく知ってもらい、敵チームのファンの方はマークしていた方が良いピッチャーかもしれませんよっ!

是非、最後までご覧ください。

梅野雄吾のプロフィール

まずは、梅野雄吾選手のプロフィールをご紹介します。

名前 梅野雄吾(うめのゆうご)
生年月日 1999年1月13日
出身地 佐賀県佐賀市
出身校 九州産業大学付属九州産業高校
身長 175㎝
体重 84㎏
投打 右投げ右打ち
ポジション ピッチャー
背番号 38
プロ入り 2016年ドラフト会議 東京ヤクルトスワローズ3位指名

2016年のドラフトで3位で指名され、東京ヤクルトスワローズに入団しました。

2019年で3年目のシーズンになる、期待の若手ピッチャーです。

 

梅野雄吾選手は、小学5年生で野球を始めると、中学時代には「佐賀フィールドナイン」という硬式野球のチームに所属し、セカンドでプレーし、中学3年生の時には九州大会優勝という結果を残しています。

高校入学後から、ピッチャーに変わり、1年生の秋からはベンチ入りしていたそうです。

ちなみに、この九産大九産高ですが、私立学校でプロ野球選手を多数輩出している、野球部に入るために入学する人も多数いると思われる学校です。

ですので、この学校で1年生からベンチ入りするというのは、すごいことだと思います。

また、この高校でも梅野雄吾選手は優秀な結果を残しているのです。

2年生秋の福岡県大会の準決勝で、福岡の強豪校である、福岡大大濠高校との試合で見事ノーヒットノーランでチームを勝利に導いたのです。

ちなみに、福岡大大濠高校は、甲子園出場も何度もある高校です。

県大会の準決勝という試合で、ノーヒットノーランを達成している選手は多くないと思います。

この大会では、梅野雄吾選手の活躍もあり、優勝しています。

また、出身地ですが、調べてみると、公式サイトでは「福岡県」、ウィキペディアでは「佐賀県」となっており、正確なものが分かりませんでした。

ただ、高校は福岡県にある、九産大九州産業高校に通っていますが、小学校・中学校は佐賀県の学校に通っているようなので、ご実家は佐賀県なのかもしれません。

はっきりとどちらの県なのかは、特定することが出来ませんでしたが、九州であることには間違いなさそうです。

球種や球速などの投手スキル

次に、梅野雄吾選手のピッチャーとしてのスキルです。

現在ヤクルトスワローズでは、中継ぎとして活躍しています。

球種には、ストレート・カットボール・カーブ・縦のスライダー・チェンジアップがあります。

決め球は、ストレートのようです。

最高球速は、154㎞/hと小柄ではありますが、早い球を投げることが出来ます。

プロ入り後は、1年目の2017年8月9日の横浜DeNAベイスターズ戦でセ・リーグの高卒新人選手で最速のデビュー戦を迎えます。

この時は、先発として登板し、1回を三者凡退に抑えますが、その後ホームランなどを浴び、3回5失点という結果でした。

2018年は1軍定着かと思われましたが、防御率が5月までで、42.43となり2軍にいくことになります。

2軍では、クローザーとして登板していました。

夏になると、1軍の中尾輝選手が調子を落としたために、1軍昇格になります。

1軍に昇格後は、7回を投げるセットアッパーとして活躍すると、8回のホールドのつく試合でも登板する機会が増え、2018年シーズン終了後の成績は、3勝2敗10ホールドで防御率7.09という成績を残しています。

また、2019年のシーズン始まる前に行われた、侍ジャパンの強化試合のメンバーにも選出されています。

ただ、梅野雄吾選手の課題は、制球力にあります。

フォアボールが多い印象で、そこから失点につながることもありますので、今後、制球力が良くなればもっと素晴らしい成績が期待出来ます。

投球フォームについて

現在の梅野雄吾選手の投球フォームは、スリークォーターです。

ですが、コーチとフォームについての修正も行っています。

スリークォーターの特徴の1つとして、ストレートの威力が増すというのがありますが、梅野雄吾選手の決め球はストレートなので、この投球フォームが合っているのかなとも思います。

この投球フォームを一つ上げるとしたら、スリークォーターを自分のフォームとしている選手は多く、基本的にクセがないので、バッターにタイミングを取られやすいというのはあるかもしれません。

ただ、梅野雄吾選手は、三振が取れるピッチャーで、決め球をストレートとしているように、強気でストレートを投げていっているように思いますので、これかもどんどん三振をとり、チームの勝利に貢献してほしいです。

まだ、20歳で3年目なので、将来がとても期待出来る選手だと思います。

今後の活躍が益々気になります!!

まとめ

  • 高校時代にノーヒットノーランをあ達成したことのある選手
  • プロ2年目で10ホールドあげ、その後侍ジャパンにも選出
  • 決め球はストレートで強気で投げることが出来るピッチャー

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
【2020年】プロ野球ネット中継の無料配信をスマホやテレビで見る方法!各社徹底比較 このように思っているなら、プロ野球の配信サービスがおすすめです。 こちらでは、プロ野球の試合を観戦できる配信サービ...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?

記事が参考になったという方は

TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください