高校野球

明秀日立・細川拓哉、東北福祉大へ進学!指名されなかった悔しさを大学野球で晴らす!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ヤギュウくん
ヤギュウくん
明秀日立高校の細川拓哉選手の進路が決まったよ。
キューちゃん
キューちゃん
ドラフト候補に上がってたけど、指名されなかったんだよね。
ヤギュウくん
ヤギュウくん
うん。進学先は東北福祉大学だって!

明秀日立高校の細川拓哉選手の進学先が東北福祉大学だということが分かりました。

2年秋には大阪桐蔭と激戦を繰り広げ、頭角を現しましたが、3年夏では甲子園に出場できませんでした。

また、兄貴がプロ野球選手であることも有名です。

進学先の東北福祉大学には数々の名門校から優秀な選手たちが集まります。

今回は、細川拓哉選手のプロフィールを振り返りながら、兄についてとプロからの評価東北福祉大学に集まる猛者たちは誰なのか解説していきたいと思います!

細川拓哉のプロフィール

名前:細川拓哉(ほそかわたくや)

出身:神奈川県

生年月日:2000年4月16日

身長:177㎝

体重:80㎏

所属高校:私立明秀学園日立高校

投打:右投げ右打ち

ポジション:ピッチャー

小学中学ではリトルシニアで硬式野球に馴染んできて、現在の高校に進学しています。

144キロの速球を軸にツーシームやスライダーを織り交ぜたピッチングが特徴の投手です。

ストレートのスピン量が多いため、伸びあがるような球筋となっており、上原浩治選手や藤川球児選手を彷彿とさせますね。

あわせて読みたい
巨人・上原浩治、再契約で背番号19!「いらんやろ」と批判殺到の中での原監督の意図とは? 巨人から自由契約となっていた上原浩治選手が巨人との再契約することに決まりました。 原監督が就任してからとい...
あわせて読みたい
阪神・藤川球児、安定感ある投球も1000万減俸!「飛躍」する来年に向けて目指すのは?阪神タイガースの藤川球児選手の年俸が1000万円減の1億4000万円だと公開されました。 1000万円下がっても痛くもかゆくもない...

プロ入りの志望届を出していましたが残念ながら指名されず、進学先が気になるところでしたが、このたび東北福祉大学への進学が決定しました。

今春センバツで2勝を挙げ、プロ志望届を提出した明秀学園日立(茨城)細川拓哉投手(3年)が18日、来春から東北福祉大(仙台6大学)に進学することが分かった。

引用:日刊スポーツ

兄はDeNAの細川成也!プロからの評価は高かった?

プロ野球選手の兄を持つ細川選手。

兄の名前はDeNAの細川成也選手。

同じ明秀日立高校出身のようです!

まだプロ歴は2年の外野手で1軍での出場機会は少ないので、これから伸びる選手として期待されていますね。

体格やパワーが規格外のようで、ポテンシャルの高さはプロ関係者が認めているようです。

宮崎選手のような活躍ぶりを見せる日はそう遠くはならないかも。

あわせて読みたい
DeNA・宮崎敏郎、ついに億プレーヤーへ!出来過ぎの1年でも惜しいことが1つ!? 横浜DeNAベイスターズの宮崎敏郎選手の年俸が公開されました。 その金額はなんと、1億6000万円! ...

そんな兄を持つ細川拓哉選手にもプロからの評価は高かったです。

2018年夏に残されている阪神と巨人のスカウトから高い評価されています。

阪神スカウトからは「馬力があって先発、抑えどこでも任せられそう」

巨人スカウトからは「投げるほうも打つほうも馬力があり、体の強さを感じる。ピッチャーとしての力もあるが、バッターとしても高い魅力を感じる選手。春の関東大会でも、豪快なホームランを打っていた」

と絶賛でした。

エースとしての活躍が目立った高校時代ですが、大学からは野手への転向でも通用しそうですね。

俊足で強肩なのでバッティングに集中したプレースタイルも見てみたいです。

中学時代は陸上400メートルで全国出場を果たすなど、野手センスにも優れる。

引用:日刊スポーツ

遠投95m、50m6.4秒と身体能力はかなり高いです。

また、2年秋には大阪桐蔭と対戦した際に、根尾選手からホームランを放つなど野手としての実績も十分にあります。

あわせて読みたい
大阪桐蔭・根尾昴の筋トレ法とは?高パフォーマンスに必要な筋肉も紹介! 根尾選手といえば筋肉! といったイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか? というのも一度...
あわせて読みたい
根尾昴、中日入団でファンクラブ会員増加は松坂以上!?チャームポイントは眉毛と自負! 中日ドラゴンズの入団が決まっている大阪桐蔭の根尾昴選手の話題が尽きません! 根尾選手が中日に入団したことで...

指名漏れした雪辱を東北福祉大学で晴らす!

東北福祉大学は野球に力を入れている大学として有名です。

プロを目指す猛者たちがゾロゾロと入学してくるということです。

現在、分かっている猛者たちは、仙台育英の阿部大夢選手、光星学院の近藤俊太選手、東北高校の杉沢龍選手と並々ならぬチームが出来上がりそうな予感がしますね。

来春の新入生では、ともに今夏甲子園に出場した仙台育英(宮城)主将の阿部大夢捕手と八戸学院光星(青森)近藤俊太内野手、高校通算40発以上の東北(宮城)杉沢龍内野手(いずれも3年)らも、名門の扉をたたくことが決まっている。

引用:日刊スポーツ

大学野球でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

まとめ

今回は、

  • 細川拓哉のプロフィール
  • 兄はDeNAの細川成也!プロからの評価は高かった?
  • 指名漏れした雪辱を東北福祉大学で晴らす!

について解説しました!

プロだけが野球の道ではありませんから、大学野球でプロのスカウトたちに臍を噛む思いをさせるくらいの活躍を見せてもらいたいものです。

細川選手はスピン量が多いという天性の賜物を持っているので、ノビシロは他の選手と比較してもかなりある方ではないかと推測しています。

この大学4年間でストレートにどんな磨きがかかるのか、変化球とどんな緩急を持たせてくれるのかと期待が膨らみますね。

ぜひ細川選手に応援メッセージをコメント欄にお願いします!

 

それではまた会いましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください