プロ野球

阪神・藤川球児、安定感ある投球も1000万減俸!「飛躍」する来年に向けて目指すのは?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

阪神タイガースの藤川球児選手の年俸が1000万円減の1億4000万円だと公開されました。

1000万円下がっても痛くもかゆくもない金額なのですが(;^ω^)

クローザーのイメージがある藤川選手。

今年は中継ぎがほとんどでしたね。

今年は53試合に登板し、防御率2.32と安定感のある成績を残しました。

これで減俸ということは明らかに個人の成績が影響したものではなくチームが最下位になったことが要因だと考えられますね。

これに対して藤川選手はどのように思っているのでしょうか?

今回は、今年を振り返る藤川選手の言葉来年に向けて目指すべき方向ネットではどういった意見が飛び交っているのか解説していきたいと思います!

「自分のポジションは誰でもよかった」と語る藤川選手

蓋を開けてみたら、阪神はリーグ最下位に終わった2018年でした。

正直負けが多い中でのクローザーや中継ぎは肩透かしの思いでマウンドにたってしまうのではないでしょうか?

そのような思いが吐露されるコメントを藤川選手は発しています。

「振り返ると結局最下位。(自分のポジションは)誰でもよかった」と厳しい表情。

引用:サンスポ

自分のポジションに対して誰でもよかったと語るあたりから、投げやりにさえ感じるコメントです。

そのように思いたくなる試合は多かったですからね。

先発ローテーションの強化が必須となっている阪神は他球団からの選手獲得にも力を入れています。

阪神が勝利するためには先発がキーになりそうな予感です。

あわせて読みたい
オリックス西勇輝の阪神入団が決定!入団理由と起用法について解説! オリックスバッファローズの西勇輝選手がFAで阪神タイガースへの入団が正式に決まりました。 一時は、早とちり...

それでもベテランとして責任感を感じている様子も見られました。

「最下位の責任は自分たちにあると思っている。特に若い選手はまだ年俸もそこまで高くない。それこそ高い給料をもらっている選手がこのチームの命運を握っている。そういう意味ではすごく責任を感じています

引用:日刊スポーツ

豊富な経験から若手ピッチャーの育成も期待されているベテランは来季までにどのように若手投手と接していくのでしょうか。

日米通算227セーブをマークする実績もあり、近年はブルペン陣のまとめ役としても尽力する。

引用:日刊スポーツ

クローザーとして「飛躍の1年」を目指す

全盛期の時は火の玉ストレートと呼ばれるくらい、伸びあがるような速球を武器にしていた藤川選手。

こういう剛腕投手はクローザーとして起用されることが多いですが、藤川選手も自身の特徴を理解しているのか、クローザーを希望しているようです。

そして、飛躍という2文字の言葉を大切そうに放ち、来季への抱負も語りました。

飛躍の1年にしたい。ポジションはクローザーを目指して。チャレンジしたい。野球をあと何年できるか分からないですけど。せっかく夢がある素晴らしい世界で野球を、限られた選手、限られた人間しかできないところでやらせていただいている」と意気込んだ。

引用:日刊スポーツ

プロ野球人生も1度しかありませんからね。

まあ、藤川選手は2度味わってるんですけど(笑)

クローザーもやりたいといってできるポジションでもありません。

そのポジションの価値をよく理解しているからこそ、クローザーにこだわりを持っているのでしょうね!

ぜひとも飛躍の1年にしてください!

年俸に関して「なんでこんなに甘い評価なの?」

減俸はしたものの1億4000万円という数字は高いという意見が飛び交っています。

ネットでは以下のような意見がありました。

  • たけーよ
  • 阪神て意外と太っ腹やね
  • 何でこんな甘い評価なんだよ…
  • 最下位なのに1千万ダウンで済むんだ? 
    やさしーなw

チームは最下位ですし、ピッチャーとしても抜きんでた成績ではありませんからこういう風に言う気持ちも分かります。

しかし、藤川選手の場合は、過去の実績が素晴らしいだけに在籍しているだけで観客を動員する力も持っています。

そのことを十分に分かっている人たちは年俸に関して、理解しているようでした。

  • 去年今年は十分働いたぞ
  • 藤川はいいだろ。評価厳しくないか
  • 今年はこの評価でいいと思うよ
  • 何で下がってるんだろ
  • この年でよく復活したよな
  • 一回辞めたのに凄いな

むしろ下がっているのが理解できないほど藤川選手の活躍を評価している声もありましたね。

まとめ

今回は、

  • 「自分のポジションは誰でも良かった」と語る藤川選手
  • クローザーとして「飛躍の1年」を目指す
  • 年俸に関して「なんでこんなに甘い評価なの?」

について解説しました!

藤川球児選手が「飛躍」という言葉を掲げましたが、ベテラン投手が飛躍したら一体どこまで飛んでいっちゃうのでしょうか。

再び覚醒した火の玉ストレートを見てみたいものです。

オフの期間は、自身の成長に加えて若手育成にも精を出すことでしょう。

 

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください