高校野球

【2019夏季高校野球】愛知予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

2019年の夏の甲子園は第101回を迎えます!

どんなドラマが待ち受けているのか楽しみですね。

本記事では、愛知予選の優勝候補について徹底調査していまいりますので、最後まで御覧いただけると嬉しいです^^

夏予選愛知大会の日程

  • 抽選日…6月15日
  • 開幕日……6月29日
  • 決勝…7月28日

各高校の戦力

戦力評価【ABC評価】

高校名 打撃 守備 走塁・機動力 総合戦力
中部大春日丘 B C B C
西尾東 B C C C
豊田西 C B C C
一宮工 B B C C
御津 C C C C
緑丘 B C C C
松蔭 C B C C
東海学園 C B B C
知多翔洋 B C B C
岡崎東 B C C C
五条 C B C C
豊橋商 B B C C
豊橋東 C C C C
半田工 B C C C
日福大付 C B C C
岩倉総合 C B B C
杏和 B C B C
愛産大三河 B B B B
豊田工 C B C C
高浜 B B C C
清林館 C C C C
犬山南 B C C C
豊明 C B C C
志学館 C B B C
新城東作手 B C B C
山田 B C C C
安城農林 C B C C
菊華 B B C C
常滑 C C C C
碧南工 B C C C
幸田 C B C C
西春 C B B C
豊川工 B C B C
尾北 B C C C
明和 C B C C
内海 B B C C
大同大大同 C C C C
東海南 B C C C
安城南 C B C C
丹羽 C B B C
中村 B C B C
豊田大谷 B C C C
東郷 C B C C
大府東 B B C C
愛知啓成 C C C C
刈谷 B C C C
衣台 C B C C
安城 C B B C
桜丘 B C B C
東海商 B C C C
岡崎西 C B C C
渥美農業 B B C C
一宮興道 C C C C
誠信 B C C C
半田商業 C B C C
名大附属 C B B C
阿久比 B C B C
富田 B C C C
岡崎学園 C B C C
美和 B B C C
津島 C C C C
豊橋中央 B C C C
瀬戸窯業 C B C C
名商工業 C B B C
東海 B C B C
岡崎城西 B C C C
旭丘 C B C C
岡崎 B B C C
同朋 C C C C
一宮南 B C C C
長久手 C B C C
豊川 C B B C
一宮西 B C B C
新川 B C C C
名城大学附属 C B C C
大府 B B C C
津島東 C C C C
一宮商業 B C C C
豊田 C B C C
新城東 C B B C
豊田商 B C B C
旭野 B C C C
愛知総合工科 C B C C
海陽学園 B B C C
社若 C C C C
南山 B C C C
豊橋西 C B C C
稲沢 C B B C
名市工芸 B C B C
鶴城丘 B C C C
春日井商業 C B C C
猿投農林 B B C C
稲沢東 C C C C
福江 B C C C
中京大中京 A A A A
名東 C B B C
三好 B C B C
南陽 B C C C
蒲郡東 C B C C
尾西 B B C C
豊田高専 C C C C
刈谷工業 B C C C
名市工業 C B C C
豊丘 C B B C
名古屋南 B C B C
名古屋大谷 B C C C
津島北 C B C C
瀬戸 B B C C
国府 C C C C
犬山 B C C C
岩津 C B C C
西尾 C B B C
蒲郡 B C B C
小牧工業 B C C C
名古屋 C B C C
日進 B B C C
半田東 C C C C
享栄 B B B B
大成 C B C C
横須賀 C B B C
東邦 A A A A
天白 B C B C
星城 B C C C
豊橋南 C B C C
半田 B B C C
守山 C C C C
海翔 B C C C
愛知商業 C B C C
菊里 C B B C
新城 B C B C
小坂井 B C C C
春日井 C B C C
一色 B B C C
名経大市邨 C C C C
東浦 B C C C
豊田北 C B C C
千種 C B B C
刈谷北 B C B C
豊野 B C C C
安城学園 C B C C
惟信 B B C C
C C C C
愛知黎明 B C C C
知立東 C B C C
名古屋工業 C B B C
安城東 B C B C
小牧 B C C C
小牧南 C B C C
春日井西 B B C C
名経大高蔵 C C C C
松平 B C C C
碧南 C B C C
三谷水産 C B B C
日進西 B C B C
桜台 B C C C
木曽川 C B C C
知立 B B C C
一宮北 C C C C
瑞陵 B C C C
栄徳 B C B C
成章 B C C C
昭和 C B C C
吉良 B B C C
鳴海 C C C C
科技高豊田 B C C C
中部大第一 C B C C
愛工大名電 A A A A
春日井工業 B C B C
向陽 B C C C
加茂丘 C B C C
岡崎北 B B C C
江南 C C C C
豊橋工業 B C C C
B B B B
愛知 C B B C
高蔵寺 B C B C
半田農業 B C C C
愛産大工業 C B C C
一宮 B B C C
新城有教館 C C C C
時習館 B C C C
岡崎商業 C B C C
瀬戸北総合 C B B C
佐織工業 B C B C
武豊 B C C C
起工業 C B C C
岡崎工業 B B C C
名古屋国際 C C C C

 

打撃部門の注目校:愛知産業大学三河

愛知産業大学三河高校は打力に注目されている選手がいます。

その選手は上野希由翔選手です。

この選手は投手兼ファーストの選手なのですが、この上野選手を中心に打力に定評のあるチームになりました。

昨年の選手権大会出場経験のある選手が多く残るのでとても楽しみなチームとなります。

守備部門の注目校:東邦

昨年は梅田選手や石川選手といったパワーあふれる選手を多く抱え、ソフトバンクのスカウトからは大阪桐蔭はダイヤモンドの塊だが、東邦高校はダイヤモンドの原石で磨けば磨くほど素晴らしいと言われていました。

今年のチームはそれほど派手さがないですが熊田選手を筆頭に守備力がかなりある選手が集中しています。

守備でリズムを作って野球をする姿が楽しみです。

走塁・機動力部門の注目校:愛工大名電

愛工大名電高校の野球はランナーが出たら必ず送りバントをしてセカンドにランナーを進めるという細かい野球で1点をもぎ取りにいく野球です。

堅実性と走力で確実に1点ずつ取りにきます。

今の野球は1人ランナーを出してもバントはせずに打ってくる中で、確実に送りバントでランナーを進める野球なので走力や機動力に期待されます。

5人の注目選手

東邦高校:石川昂弥選手

選抜優勝投手、昨年の下級生から4番としてチームを引っ張りエースとして最速140キロを超えるストレートを投げることができ、さらにはキャプテンまでをこなす東邦高校の看板選手です。

プロからはパワーあふれる打撃が注目を浴びる素晴らしい選手です。

エースとしてもチームを引っ張る石川選手の父も東邦出身の選手です。

またボーイズの監督も東邦高校野球部出身と東邦に入るために生まれたかのような東邦高校出身に囲まれている選手です。

東邦高校名:熊田任洋選手

昨年2年生の時の選抜からレギュラーを張っている俊足ショートの選手が熊田任洋選手です。

何と言っても守備範囲が広いことで知られています。

174センチ75キロとそれほど大きくない体格ではありますが、この体で高校通算15本塁打を誇るパワーも兼ね備えています。

ホームランもある1番バッターは相手からするとかなりの恐怖になるかと思うので注目が高いです。

愛工大名電高校名:稲生賢二選手

U15日本代表にも選ばれた逸材中の逸材の選手です。

昨年の選手権大会では愛工大名電の背番号17として出場して3番バッターとして活躍しました。

その活躍でも特に大きいのがホームランを2本も放ったということでした。

今年はチームの中心選手として愛工大名電を引っ張る存在として活躍が期待される外野手です。

愛工大名電高校:田村俊介選手

1年生が彗星の如く現れた左腕が田村俊介選手です。

昨日の愛工大名電グラウンドで行われた練習試合で石川県の星稜高校と対戦しました。

その際奥川投手との投げ合いを制し7回無失点の好投で高校野球ファンを驚かせました。

140キロを超えるストレートを投げるのが特徴的です。

この田村投手が夏の大会でどのような結果を出すのかがとても楽しみになったファンの方も多いかと思います。

愛知産業大学三河高校:上野希由翔選手

この選手は投手兼ファーストの素晴らしい選手です。

身長は182センチと大柄な体格で昨年の愛知東大会でバックスクリーンに見事な2ランホームランを打ちました。

さらには逆方向にもホームランを打てる選手です。

昨年の夏の大会では5割を超える打率を誇る強打のファーストが今年も甲子園に返り咲くのかが注目されます。

優勝候補はこの3校!

東邦高校

優勝候補筆頭なのはなんといっても東邦高校ではないでしょうか?

選抜優勝チームなので戦力としては申し分ないものがすでに備わっています。

特にその中でも注目なのはエースで4番、キャプテンとチームの大黒柱になっているのは石川昂弥選手です。

パワーあふれる打撃力は他の高校生では類を見ないほどの素晴らしい選手です。

エースとして4番バッターとしてチームの中心となります。

また足の速い熊田選手といった機動力を使えるチームが春夏連覇を狙い躍動すること間違いなしです。

愛工大名電高校

昨年100回大会に出場した愛工大名電高校は優勝に十分な戦力を持っていると思います。

中心は何と言っても2年生から甲子園で3番バッターとして2本のホームランを打ち大活躍した稲生賢二選手です。

また1年から左腕として活躍が期待される田村俊介選手と投打に注目選手を抱える愛工大名電高校は大変期待されます。

中京大中京高校

2009年全国制覇を果たしている中京大中京高校はやはり注目を浴びるかと思います。

投手の中心は板倉投手です。

この選手は三重県出身ですが野球部の寮がないため基本的には通いの生徒ばかりでチームの専用グラウンドもありません。

この中から素晴らしい選手を世に送り出すのが中京大中京高校なのです。

今年の春の大会では準決勝で敗れはしましたが接戦での戦いでの敗戦でした。

守り勝つ野球で今年の選手権大会出場を狙います。

まとめ

選抜制している東邦高校は他校よりもややリードしていると思います。

石川選手は今年愛知大会ではナンバーワンの選手ですが、愛工大名電高校の稲生選手や愛知産業大学三河高校の上野選手とパワーを兼ね備えたライバル高校のチームの選手がいるので、夏場の暑い中で石川投手が打たれてしまう可能性も十分あるかと思います。

どのような展開が起こるのか目が離せないです。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください