高校野球

2019夏季高校野球|愛媛予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

2019年の夏の甲子園は第101回を迎えます。

本記事では、愛媛大会の優勝候補を注目選手や戦力から徹底調査してまいります!

夏予選愛媛大会の日程

  • 抽選会:6月23日
  • 公式戦:7月13~28日

各高校の戦力

戦力評価【ABC評価】

高校名 打撃 守備 走塁・機動力 総合戦力
松山聖陵 A B A A
新田 C C C C
東予 C B C C
土居 C C C C
三島 B C C C
今治南 B B B B
今治東中教校 B C C C
今治明徳 C C C C
松山南 B C B B
三間 C C C C
大州農 B C B B
新居浜高専 C C C C
吉田 B C C C
新居浜東 B C B B
西条 B C B B
南宇和・津島 B B B B
大州 C C C C
新居浜西 B C B B
野村 B C B C
松山商 B C B B
宇和 C C C C
伊予農 B B B B
松山西中教校 C C C C
小田 C C C C
新居浜商 C B B B
北宇和 B B B B
新居浜工 B B B B
小松 B C B B
丹原 C C C C
松山城南 B B B B
伯方 C B B B
今治北 B B B A
川之江 C C C C
伊予 B B B B
東温 C C C C
松山東 B C B B
松山北 B C B B
北条 B B B B
新居浜南 B C B B
帝京五 B B B B
八幡浜 B B B A
川之石 C B B B
西条農 C C C C
済美 B B B B
内子 C B C C
上浮穴 C C C C
今治北高大三島分校 C C C C
済美平成中教校 C C C C
松山工 C C C C
八幡浜工 B B B B
弓削商船高専 C C C C
宇和島南中教校 C B B B
宇和島東 B B B B
今治西 B A A A
松山中央 C C C C
三瓶 C C C C
今治工 B B B B
愛媛大付 C C C C
聖カタリナ学園 B B B B

 選抜出場の松山聖陵、今春Vの今治西に総合A判定。

ですが、秋県大会を制した帝京五、春準Vの八幡浜、秋準Vの聖カタリナなどとの差はあまりありません。

あるいは、今治北、そして常連の済美の存在も今年は目立たぬながら不気味です。

古豪の宇和島東も確かな地力はあります。

愛媛は混戦と見てよいでしょう。

打撃部門の注目校:松山聖陵

四国大会初戦四国学院香川西戦で見せた一挙8点の集中打は見事です。

市川、田窪、折田、大村の上位打線は力があります。

また、四国大会で大当たりした8番後藤選手も夏にどのぐらい活躍してくれるか注目しております。

選抜では大分高校長尾投手に散発1得点に抑えられた借りを甲子園で返したいところです。

守備部門の注目校:聖カタリナ

浪花投手を中心にした守備は固いです。

今春の県大会では2試合で3失点です。

聖カタリナは実力校です。

秋は松山聖陵を準決勝で10-37回コールドで下しました。

四国大会初戦では明徳義塾と0-2の接戦を演じております。

春はベスト8で八幡浜に2-3と惜敗しました。

どれも失点は少ないです。

走塁・機動力部門の注目校:今治西

今治の攻撃は機動力を絡めた幅広いものとなっております。

特に注目は2年センターの山本英錬。

170cmと小柄ながら、セーフティバントや内野安打で出塁を稼げる左の俊足。

幅広い守備範囲で好守も見せます。

そして、心身のタフさも持ち味です。

5人の注目選手

愛媛大会の注目選手を5人選ばせていただきました!

松山聖陵:根本大蓮

 188cm89kgというかなり恵まれた体格。

右投げ右打ち。3年生。

MAX136kmの投手。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ。

そして、彼は打撃センスも高く、チームを投打から盛り立てます。

選抜初戦大分戦では途中登板で2イニング2失点と結果を残せませんでした。

春四国大会でも初戦の四国学院香川西戦、明徳義塾戦、ともに先発しながら序盤大量失点でKOされております。

なんとか夏に巻き返したいところです。

聖カタリナ:浪花鈴太郎

179cm68kg。右投げ左打ち。2塁手。3年生。

昨年末四国選抜に選出され、南カリフォルニア選抜との試合では4打数4安打3盗塁と圧倒的な活躍をしました。

松山聖陵:田窪琉風

遊撃手。3年生。

166cm65kgとかなり小柄な体格。

しかし、負けん気は強く、勝負強いバッティングが身上です。

チームの打点を大量に稼ぎ、昨年末の四国選抜チームにも選出され、クイーンズランド州選抜チーム相手にやはり2打点を挙げました。

田窪選手はお母さんに女手一つで育て上げられました。

春は甲子園で成長した姿を見せられましたが、夏もう一回、そして「できるなら1勝」の思いはあるはずです。

沖縄名護中出身です。

今治西:村上滉典

171cm63kg。左投げ左打ち。3年生。

MAX140km。

1試合あたりにたくさんの三振を取ることができます。

四国大会初戦富岡西戦では敗れはしたものの14奪三振は圧巻です。

それでいて死四球をほとんど出さないかなり精緻なコントロールを持っております。

打っては主軸を務める枢要選手です。

50m走は5秒9。

かなり高い運動能力を持っているようです。

今後、打者としても野手としても高い将来性を秘めた逸材です。

松山聖陵: 平安山陽

右投げ右打ち。2年生。

MAX141kmと大きく曲がるスライダーが武器。

平安山選手も沖縄出身。

松山聖陵には沖縄出身の選手がたくさんおります。

優勝候補はこの3校!

 愛媛大会の優勝候補を3校に絞らせていただきました!

松山聖陵

4年ぶり2度目、そして春に続く連続出場を目指します。

実は、松山聖陵は今のチームで一度も愛媛を制したことはありません。

秋は3位。

四国大会に一気に勝ち進み準優勝したことを評価されて選抜出場を果たしました。

そのため春は四国大会の招待枠になり、県予選を戦っておりません。

ただ、スコアだけ見るかぎりは一番安定した力を感じます。

香川の強豪四国学院香川西も破っております。

投手では村上、平安山と2枚の看板があり、出場校の多い愛媛大会の連戦に強みを見せます。

今治西

4年ぶり14度目の夏を目指します。

攻守の要である村上選手の肩に大きな期待がかかります。

今春の愛媛大会では1試合あたり平均2点以下の失点という安定した守備も魅力です。

投打にとてもバランスが取れており、優勝にかなり近い学校と言えます。

また、今治西と言えば、2005年就任以来春7回夏5回甲子園出場に導いている名将大野康哉監督。

みずから選手に声掛けを押しまず、汗を流し、その熱血指導に定評があります。

今治西は25kmのロードワークなど、冬場の過酷な走り込みでも知られているのですが、そういった一体感の中で鍛え上げられた「耐えて勝つ」という信条通り、この夏も粘っこい野球でどれだけ沸かせてくれるか見ものです。

八幡浜

61年ぶり2度目の夏を目指します。

前回の出場は初戦敗退。

今春、県では突然ノーマークからの準Vです。

10-2松山南、3-2聖カタリナ、11-8今治北、3-6今治西

と投打にバランスの取れた戦いぶり。

八幡浜高校は元横浜大洋ホエールズの塩崎兼一氏ら、数多くのプロ野球選手を輩出しております。

また、スポーツジャーナリストとして有名な二宮清純氏もこちらの出身です。

まとめ

今年の愛媛はほぼ予想不能です。

聖カタリナ、今治西、今治北、八幡浜、帝京五などに実力があります。

そして、一番の優勝候補は松山聖陵、なのですが、冬の体罰問題によるチームへの影響がどこまで残っているかが懸念材料です。

監督と指導体制に直結する不祥事であるため根深いです。

実は昨今の愛媛教育界は野球のみならず、ほかでも不祥事、しかも、今有力とされている学校の多くで相次いでおります。

今年の選抜で何度も“サイン盗み”が話題となりました。

高校野球の特にエリートは言わずと知れた壮絶な「競争社会」です。

ちっさいころからリーグに入り、ポジション争い、各大会、そして、どこの学校・チームに入るかをうかがいあい、そこで勝ち残った一握りの人たちがああして活躍してます。

それが人間らしさであり、そこから強者がたまに現れるのも事実。

で、えてして発覚するまで逆にそれがカリスマだったりします。

ともかく、スポーツはこう言ったことで荒れると、競技パフォーマンスでも嵐がよく吹きます。

やはり、心技体というように、無縁ではいられないのでしょう。

松山聖陵もセンバツでは苦戦しました。

まったく予想していない学校が優勝する、という可能性はあります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください