野球アニメ・マンガ

ダイヤのA(エース)結城哲也の名前の由来やフォームモデルは?大学進学を選んだ理由も

アニメ『ダイヤのA』には個性的なキャラクターが多くいます。

そしてそのキャラクターの名前は実在する人物が由来になっているケースがほとんどです。

結城哲也は主人公の沢村が入部してきた時のキャプテンでした。

本記事では、結城哲也の名前の由来やフォームのモデルになった人物について掘り下げていきたいと思います。

結城哲也のプロフィール

結城哲也の基本情報

名前 結城哲也(ゆうきてつや)
出身 東京都・赤堂中学
身長・体重 180㎝・75㎏
血液型 O型
誕生日 10月8日
投打 右投げ右打ち
ポジション ファースト
背番号 3
趣味 将棋
愛称 てつ、てつさん、リーダー

結城哲也は顔つきがきりっとしていて、いかにもキャプテンという容貌の持ち主です。

趣味に将棋とありますが、実力は超弱いです。御幸に対して勝負を挑みますが勝ったことがありません(笑)

家が青道の近くにあるため、寮生活ではありません。

結城哲也の性格

性格は寡黙で生真面目。決してシャイだから口数が少ないというわけではなく、どっと構えて座っているようなタイプです。

弁が立つわけではないので、背中でチームメートに語り掛けて引っ張っていくスタイル。

プレーで見せしめるのでチームメートからの信頼も厚いです。

マイペースで天然な一面もあるので、親しまれています。

青道高校への入学理由は「己を鍛えるため」でここにも生真面目さが出ていますね。

小さい頃から青道高校の練習風景を見ていたため、ここでなら自分を鍛えられると感じたのでしょう。

子供の頃から練習風景を見ていたなんてよっぽど高校野球が好きなんでしょうね。

結城哲也のプレースタイル

結城の魅力はなんといっても勝負強いバッティングです。

結城世代は不作の年と言われ、期待されていませんでしたが、ひたむきな努力により、ホームランバッターにまで成長しました。

チャンスでの勝負強さと冷静さで青道打線を引っ張り、不動の4番として君臨しました。

入部当初はそこそこの実力でしたが体も小さく守備も下手で到底試合で使える選手じゃなかったのですが、1日500スイングの課題をつけて努力した結果、結城世代で初めてホームランを放つ偉業も成し遂げたのです。

自宅からの通いでしたが、全体練習が終わった後、寮の敷地で素振りをする姿に触発されて他の選手も素振りをするようになりました。

今では、青道高校の文化として当たり前の風景となっています。

まさに青道野球部にイノベーションを起こした人物です。

結城哲也の名前の由来とフォームモデルは?

結城哲也の名前の由来はお笑い芸人の『ゆうき哲也』とされています。

ゆうき哲也は昭和のお笑い界を支えた芸人でもあり、ビートたけしの冠番組にも頻繁に出演していました。

俳優業もこなし、映画やドラマにも数多く出演しています。

結城哲也のフォームのモデルとなった選手は横浜や巨人で活躍した村田修一だと推察できます。

右打者のスラッガーで、バットを肩に乗せたフォームはかなり似ています。

無駄のない構えと打席上の強烈な集中力だけで相手バッテリーを圧倒する力もあるのも共通点ですね。

結城哲也が大学進学を選んだ理由

結城哲也が引退して今後の進路の選択肢にはプロに行く道もありました。

しかし、プロ入りを断って、M大学への進学を選びました。

プロに行けばよかったものの・・・と思う方も多いと思いますが、大学進学を選んだ理由が明らかにされていません。

おそらく、3年夏に甲子園にいけなかったことで、チームメートを甲子園に連れていけなかったという自責の念があるのでしょう。

自分には足りないものがあると感じて、プロでは通用しないと感じたのでしょうね。

青道高校に対する恩をすごく感じている選手なので、将来的には監督を務めていそうです。

現監督の片岡鉄心もプロからの声はかかっているほどの実力者でしたが、青道高校に恩返しをするということで、プロ入りを蹴って監督をしています。

口数が少ないながら権威のある雰囲気を醸し出しているという点でも片岡監督のポストになりえますね。

まとめ

  • 結城哲也は入部当初は目立たない選手だったがキャプテンになるまで成長した
  • 結城哲也の名前の由来はお笑い芸人の『ゆうき哲也』
  • 結城哲也のフォームのモデルは『村田修一』
  • 大学進学を選んだ理由は公表されていないが、自分の実力でプロに行く資格がないと感じた可能性が高い

アニメ『ダイヤのA』の動画は無料で視聴することができます!

あわせて読みたい
ダイヤのA(エース)全シリーズのアニメ全話動画をフル高画質で無料視聴する方法!ダイヤのAは寺嶋裕二による熱血系高校野球漫画です。 高校野球の経験のある人にとても人気のある作品です。 話数が多く複数のシリ...

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください