野球アニメ・マンガ

ダイヤのA(エース)丹波光一郎は雑魚で弱い?投手としての欠点についても

アニメ『ダイヤのA』には個性的なキャラクターがたくさん登場します。

丹波光一郎は沢村の2学年上の選手で、夏の大会ではエースナンバーを背負いました。

青道高校のエースであるのにも関わらず、『丹波は雑魚』『弱い』といった意見も見受けられました。

本記事では、丹波光一郎が本当に雑魚なのかについて掘り下げていきたいと思います!

丹波光一郎が雑魚で弱いとする意見

丹波光一郎が雑魚だという意見が多くみられました。

  • その意見たちをネットのあらゆる所から引っ張ってきました。
  • もう(見せ場が)ないじゃん…
  • 決め球がカーブとか笑った
  • 丹波さんはメンタルが糞なだけだから
  • 3年の夏までカーブとそこそこのストレートだけっておいおい
  • 稲実戦はマジでダサかった 
    ドヤ顔で登板した挙句雑魚にホームラン打たれてるし
  • お情けエースナンバー丹波
  • 丹波さんは打たれてばっかって言ってる奴ちゃんと見てるの? 
    丹波さんは与四球も多いで

もう、、、

罵詈雑言の嵐ですね(^^;)

他にも主人公がエースを目指す漫画だから、先輩に大エースがいてもいいじゃないかという意見もありましたが、ダイヤのAではエースの不在を強調したことで、エースの価値を上げていっている描写もありました。

なので、丹波は漫画の展開上、不調のエースにするしかなかったんでしょうね。

丹波光一郎の投手としての欠点について

丹波への酷評が多いですが、まず丹波の投手スキルについておさらいしておきましょう。

球速はMAX140キロ。

3年夏前で使っている球種はカーブ

カーブ以外の球種は3年夏の最後の大会に初めて投げたフォークです。

・・・

・・・

引退する間際でこのスキルは酷いですね。

140キロはまあそこそこのような気もしますが、全国レベルに達しようとするなら、エースにはなれないような球速のような気もします。

他にピッチャーがいなかったからエースナンバーを背負った感じが否めません。

さらに3年夏前まで球種がカーブだけというのは酷すぎます。

いくらカーブの精度が良いからといって、ストレート以外にカーブだけで組み立てるのはキャッチャーからしても厳しい状況ですよね。

最後の方でフォークを覚えたので九死に一生を得る展開となりましたが。

カーブとフォークは1年生のうちから覚えておいてほしい球種ですね。

ストレートの抜けるという欠点もありました。

丹波の投手スキルにおける欠点はかなり多いですね。

百歩譲って投手スキルよりも気持ちのほうが大事だ!という観点から見ても、丹波は投手に向いていない性格です。

ノミの心臓』と言われるくらい打たれ弱く、メンタルがやばいです(笑)

調子の波が激しい分、調子良い時は強気でかっこいいんですけどね。

エースとなれた要素って一体なんだったのかと不思議に思うくらい欠点が多かったです。

丹波光一郎のかっこいいプレーは薬師戦

欠点だらけの丹波ですが、かっこいいシーンもあるんですよ。

一番かっこよかったのは薬師戦ですね。

薬師戦で最後のバッター轟雷市に対して追い込み、最後に投げたボールがフォーク

フォークに対して、空振りを奪いゲームセット。

このシーンはしびれましたね。

最後の最後で相手チームのデータにない球種を使って、見事に試合を決めた瞬間は鳥肌者でした。

本調子になれなくて、もがいていた期間が長かった分、最後に報われたピッチングができて心底良かったと安堵した視聴者も多かったことと思います。

空振りした轟が緊張して、実力を発揮できなかったという要因もありますが、3年間の思いを全て込めた1球だったので、おそらく本調子の轟に対しても空振りを奪えたと思います。

まとめ

  • 丹波光一郎に対する酷評は多い
  • 投手スキルとメンタルが全然エース級じゃない
  • 一番かっこよかったのは夏の大会の薬師戦

アニメ『ダイヤのA』の動画は無料で視聴することができます!

あわせて読みたい
ダイヤのA(エース)全シリーズのアニメ全話動画をフル高画質で無料視聴する方法!ダイヤのAは寺嶋裕二による熱血系高校野球漫画です。 高校野球の経験のある人にとても人気のある作品です。 話数が多く複数のシリ...

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください