野球アニメ・マンガ

ダイヤのA(エース)結城哲也のかっこいい名言と画像まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

アニメ『ダイヤのA』は暑苦しいと思うくらいクサい言葉がたくさん出てきます。

時にこのクサい言葉が名言となり、人生において大切なことも教えてくることもあります。

なかでも結城哲也というキャラクターは多くの名言を残しています。

本記事では、結城哲也のかっこいい名言と画像やプレーシーンをまとめていきたいと思います!

結城哲也のかっこいい名言

https://twitter.com/suzusaki_78/status/845882207470202880

結城哲也のかっこいい名言について紹介していきます。

俺たちにできることはただ一つ・・・・選ばれなかったあいつらの分まで強くなることだ

3年の夏のベンチリメンバーが発表された時の名言ですね。

選ばれなかった仲間のことを思ってしみったれた雰囲気になりがちですが、気分が落ち込んでしまっては元も子もありません。

ただ前を向いて、自分たちにできることを精一杯やっていくことで、選ばれなかった人にとっても報われる結果となります。

シミュレーションはもう終わってる あとは自分のスイングをするだけだ

準備万端の結城の名言です。

打てることは必然と言わんばかりに自信に満ち溢れたセリフです。

やるべきことはやってきた、練習も死ぬほどやってきたからこそ言えるコメントですよね。

かっこいい大人になりたいなら、これくらい言えるくらいの努力家を目指すべきです。

誰よりも上手くなりたい その強い想いは 少しずつ周りにも伝染してゆく
互いに刺激しあえる仲間との出会い 積み重ねてきた日々のスイング
努力は嘘をつかない――・・・

周りを変えたいならまず自分から変わらなければならないというのは明示の事。

そのためには計り知れない努力が必要ですよね。

努力は嘘をつかないことは頭ではわかっていても信じて行動に移すのは決して容易くはありません。

実際に行動で示してきた人が言うと説得力の増す名言だと思います。

市大であれ薬師であれ 俺達の前に立ちふさがれば倒すべき敵だ
答えはグラウンドの上で出してやればいい

口だけであーだこーだ言うより、結果で示すことが男の流儀というものでしょう。

目の前にある自分たちのやるべきことに全力を注ぐことが最大のポイント。

結局、目の前のことに一生懸命になれない人は成果を出すのは難しいです。

逆に目の前のことに誠心誠意、全力で取り組める人はいつのまにかトップに立っているものです。

主将が迷うとチームが揺らぐぞ

御幸に対して放ったコメント。

リーダーに立つ人物はいかなる場合でも冷静に客観的に判断してぶれない心が必要です。

まさに結城は何があっても迷わずにただ真っすぐ努力を積み重ねてきました。

自分が信じた道を信じることで、チームメートからも信頼されるキャプテンになっていくのでしょうね。

結城哲也のかっこいい画像

続きまして、結城哲也のかっこいい画像を選抜させてもらいました。

守備練習の結城。へたっぴだった入部当初とは比べ物にならないくらい安定したグラブさばきと送球を会得しました。

素振りをしている時の結城。打席上に立っている結城よりも素振りしている様子が一番かっこいいと思います。

闘争心むき出しの結城。言葉に出さなくても表情やオーラで気持ちが伝わるのも魅力的です。

あまり笑う表情を見せない結城ですが、微笑んでいる結城もイケメンですね。

きました。結城withオーラ。この結城のかっこよさの右に出るものはいません。

結城哲也のかっこいいプレーシーン

3年夏の薬師戦でホームランを打った際のヒーロー感は半端なかったです。

しかし、個人的には一番かっこいいと思ったシーンは結城が初めて試合に出た時にホームランを打った時です。

不作の年と揶揄されていた世代の中で、実力で黙らせた感じがあり超かっこいいと思いました。

同学年も結城のホームランを打って感化され、共に成長していく様子が描かれていてすごく感動的です。

同級生たちが自分のことのように喜んでいる姿も鳥肌ものでした

結城が初打席でホームランを打っているシーンはアニメ第50話で見ることができます。

まとめ

  • 結城哲也は努力の天才
  • 結城哲也はキャプテンとして背中で引っ張るタイプ
  • 初めてホームランを打った時のシーンが鳥肌級にかっこいい

アニメ『ダイヤのA』の動画は無料で視聴することができます!

あわせて読みたい
ダイヤのA(エース)のアニメ全話の動画を無料視聴する方法!ダイヤのAは寺嶋裕二による熱血系高校野球漫画です。高校野球の経験のある人にとても人気のある作品です。 TVアニメは2013年10月...

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください