プロ野球

阪神マルテの打撃・守備成績や野手スキルは?バッティングフォームについても

阪神タイガースの新助っ人外国人と言えばマルテ選手ですよね。

マルテ選手が阪神にどんな風を巻き起こしてくれるのか楽しみです。

ところでマルテ選手はどんな選手なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこでマルテ選手のバッティングや守備についてのスキルについて調べてみました。

本記事では、マルテ選手の打撃や守備などの野手スキルやバッティングフォームについて掘り下げていきたいと思います!

マルテのプロフィール

基本情報

名前 Jefry Leonal Marté Paulino

(ジェフリー・レオナル・マルテ・ポーリーノ)

生年月日 1991年6月21日
出身地 ドミニカ共和国ラ・ロマーナ州
経歴 メッツ傘下→アスレチックス傘下→デトロイトタイガース→エンゼルス→阪神タイガース
身長 185㎝
体重 99㎏
投打 右投げ右打ち
ポジション サード、ファースト、レフト
背番号 55→19→31
プロ入り 2007年ニューヨークメッツと契約

ドミニカ共和国出身にしては身長は低めのような気がしますが、体重は重量級ですね。

体格からしても長距離打者であることが窺えます。

日本球界入りまでの経歴

マルテ選手は2007年からニューヨークメッツと契約してマイナー生活が始まります。

2012年まではメッツの傘下で過ごし、2013年かあ2014年まではアスレチックスの傘下に移籍します。

メジャーデビューを果たしたのは2015年の時でした。

ですので、マイナー生活は8年間でした。

10年以内に夢の舞台に駆け上がれたわけです。

2015年はデトロイトタイガースで、2016年から2018年まではエンゼルスでプレーしてきました。

そして2019年から阪神タイガースと契約を結び、日本球界に参戦します。

打撃・守備などの野手スキル

メジャー時代の主な打撃成績は以下の通り。

年度 試合数 打数 本塁打 打点 打率
2015年 33 80 4 15 .213
2016年 88 258 15 44 .252
2017年 45 127 4 14 .173
2018年 90 194 7 22 .216

メジャーではあまり目立った活躍ができなかったようですね。

バッターとしては完全なるプルヒッターです!まさに外国人バッターの典型的タイプですねw

基本的にはレフト方向に打球が飛び、メジャー時代にはなった30本塁打のうちライト方向に飛んだのは1本だけということでした。

打球方向がある程度わかってしまうので。相手チームに攻略されそうですが、ホームランを打てば問題ないですね!

守備はサードとファースト、レフトを守り機敏な一面もあります。

足も速くて本人も走力には自信があると語っていました。

バッティングフォームについて

マルテ選手のバッティングフォームはこちら!

豪快なスイングですね。

テイクバックは小さくて、インパクトの時に最大のパワーを伝えている感じです。

テイクバックが小さい分、ボールを捉えられやすいのかもしれません。

今後の日本球界での活躍に期待ですね。

まとめ

  • マルテはメジャーデビューするまで8年かかった
  • 完全なプルヒッターで守備や走塁も自信を持っている
  • バッティングフォームは豪快だがテイクバックは小さめなのでミートしやすそう

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
【2020年】プロ野球ネット中継の無料配信をスマホやテレビで見る方法!各社徹底比較 このように思っているなら、プロ野球の配信サービスがおすすめです。 こちらでは、プロ野球の試合を観戦できる配信サービ...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください