プロ野球

阪神ドリスの球種や球速は?投手スキルとフォームについても

もはや阪神タイガースの投手陣の顔となったドリス選手。

見た目の容貌が目立つだけでなく、しっかりと成績を残している実力派投手ですよね。

最多セーブまで獲得してしまうほどの実力を発揮していますが、改めてどんな投手なのか気になりましたので調べてみました。

本記事では、ドリス選手の球種や球速などの投手スキルや投球フォームについて掘り下げていきたいと思います!

ドリスのプロフィール

基本情報

名前 Rafael Dolis(ラファエル・ドリス)
生年月日 1988年1月10日
出身地 ドミニカ共和国ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ
経歴 シカゴ・カブス→サンフランシスコ・ジャイアンツ→デトロイト・タイガース→阪神タイガース
身長 195㎝
体重 109㎏
投打 右投げ右打ち
ポジション ピッチャー
背番号 98
プロ入り 2004年アマチュアFA シカゴ・カブス

ドリス選手はメジャー時代から先発登板は一切無く、リリーバーに徹していました。

日本球界参戦するまでの経歴

ドリス選手はディビナ・プロビデンシア高校を卒業後、2004年にシカゴ・カブスとアマチュアFAで契約を結びます。

マイナー生活を7,8年過ごした後の2011年に3Aを経ずに2番手投手としてメジャーデビューを果たしました。

メジャーリーガーとして3年間過ごした後にFA権を獲得し、サンフランシスコジャイアンツへ移籍しますがメジャー昇格はならず。

2年間をジャイアンツで過ごし、デトロイトタイガースへ移籍しますがここでもマイナー生活を2年過ごしました。

メジャーへの復帰を果たせないまま、FAで日本球界に参戦することとなります。

日本球界での主な活躍

阪神タイガースに入団した当初はクローザーとしての起用が考えられていました。

入団した1年目は守護神として登板する機会が多くありましたが、2年目からはセットアッパーとして登板する機会が激増します。

2年目には37セーブを挙げ、セ・リーグのセーブ王に輝きました。

これを機に阪神タイガースのリリーフ投手として骨をうずめることとなります。

球種や球速などの投手スキル


ストレートの最高球速は164キロだと言われていますが、日本で出した最高球速は161キロです。

メジャー時代に出していたのかもしれませんが、日本でもご自身の持つ最高球速のストレートを見てみたいですよね。

まあ、160キロ超えでも十分速いんですけどね(笑)

変化球はツーシーム(シュートと表記するところもある)とフォーク、スライダーを操ります。

ツーシームも160キロ超えということですから、鬼に金棒です。

2019年の球種配分は以下の通り。

球種 配分率 被打率 空振り率 見逃し率
シュート 45.45% .286 11.11% 4.44%
ストレート 25.25% .200 16.00% 32.00%
フォーク 22.22% .000 27.27% 4.55%
スライダー 7.07% .000 14.29% 42.86%

ストレート(フォーシーム)よりもシュート(ツーシーム)を主体にしてピッチングを組み立てていますね。

160キロ超で微妙に変化がつけられたら打者は手が出ませんよね。

ストレートの見逃し率が高いのでよっぽどノビのある球であることが分かります。

フォークの空振り率も高いですね。

キレが良くて空を切るバッターが多いのでしょう。

コントロールは可もなく不可もなくと言ったところで少し制球難があるような印象を受けます。

投球フォームについて

ドリス選手の投球フォームはこちら。

こうやって改めて見ると、身長が高くて足が長いですね。

腕を大きく広げて、ダイナミックな投球フォームはまさにメジャーリーガーを連想させます。

軸足はプレートの一塁側に置いています。

そこまで足を開いていないように思えますが、高身長なので実際の広さはけっこう長いです。

力任せのピッチングが目立ちますが、完全に球威で押すタイプのピッチャーですよね。

投げた後、キャッチャーから目線がずれてしまうほど全力投球です。

投球フォームには一長一短ありますから、制球よりは球威を最優先した結果なのでしょう!

ある程度制球できているのは、投げたボールがどこに行くのかというのを体が覚えているのだと思います。

ドリスの関連記事

ドリス選手に関連する記事はこちらからご覧いただけます。

あわせて読みたい
阪神ドリスが退団の危機から残留した理由は?契約までの経緯についても阪神タイガースの外人投手として名をとどろかせているドリス選手。 実は阪神タイガースから退団する危機にさらされていたことはご存じだっ...
あわせて読みたい
阪神ドリスはなぜ水泳帽を被っている?普段の髪型についても阪神タイガースのドリス選手と言えば水泳帽を被っているのが特徴的ですよね。 もはや水泳帽はドリス選手のチャームポイントです。 ...

まとめ

  • ドリスは高卒後、カブスと契約を結びメジャーでは3年過ごした
  • 最高球速は164キロでツーシーム主体のピッチングスタイル
  • 投球フォームは球威優先の全力投球型

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
【2020年】プロ野球ネット中継の無料配信をスマホやテレビで見る方法!各社徹底比較 このように思っているなら、プロ野球の配信サービスがおすすめです。 こちらでは、プロ野球の試合を観戦できる配信サービ...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください