高校野球

2019夏季高校野球|長崎予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

長崎商業高校、九州文化学園を初めとする近年勢いのある高校に加えて、創世館高校や海星高校といった実績のある高校も多い長崎県。

今年はどこの高校が注目なのか、要注目です。

予選長崎大会の日程

  • 7月11日(木)開会式
  • 7月28日(日)決勝戦・閉会式

各高校の戦力

戦力評価【ABC評価】

高校名 打撃 守備 走塁・機動力 総合戦力
長崎商業
北松西
口加
鹿町工業
諌南・翔南
長崎北
松浦
諫早農業
瓊浦
平戸・猶興館
五島
佐世保西
島原工業
長崎南山
国見
佐世保商業
諫早
長崎鶴洋
大崎
鎮西学院
長崎北陽台
佐世保南
島原農業
上対馬
佐世保高専
上五島
創成館
九州文化学園
諫早東
西彼杵
西海学園
大村
対馬
壱岐商業
西陵
五島海陽
壱岐
大村工業
長崎南
清峰
長崎日本大学
長崎大附
佐世保北
島原中央
長崎東
佐世保工業
長崎明誠
小浜
海星
波佐見
島原
長崎西
佐世保実業

 

打撃部門の注目校:長崎商業高校

打撃部門で注目高校として挙げるのは長崎商業高校です。

今春の春季大会も初戦から破壊力抜群の攻撃をみせ、決勝戦の九州文化学園戦でも13得点を挙げるなど強力な打線となっています。

しかしその反面、守備面では粗さも目立つところもあり、失点がかさんでしまう場面も見受けられたので、それをカバーできるほどの打撃戦を繰り広げてくれることに期待です。

守備部門の注目校:長崎日本大学高校

守備面では圧倒的に長崎日本大学付属高校に注目でしょう。

春季大会でも鉄壁を誇る守備力で接戦を制してきた高校であり、準決勝で対戦した超強力打線の長崎商業も敗れはしたものの2失点に抑え込むなど失点数はトップクラスに近い高校です。

自慢の守備から攻撃にもつなげていけるかも見ものです。

走塁・機動力部門の注目校:九州文化学園高校

走塁・機動力部門では九州文化学園高校をピックアップします。

木崎陸選手や米倉央晃選手を初めとする打線は足も絡めることの出来る打線となっております。

木崎選手にいたっては、出塁率も高く、塁上にいることにより相手チームの投手陣にも大きなプレッシャーを与えることができるでしょう。

5人の注目選手

長崎大会の注目選手を5人選ばせていただきました!

創世館高校:深見直人

長崎県の高校で一番といってもいいほど注目されている選手が創世館高校の深見直人選手です。

福岡県のボーイズリーグ時代からの有名の選手で、秋の神宮大会では決勝と準決勝とで計3本のホームランも放った規格外のスラッガーでもあります。

2年生の頃からプロでも注目を浴びている選手で、登録は内野手登録ながらも捕手もできる万能さも兼ね備えています。

バッティングフォームはノーステップ打法でありながらバックスクリーンにライナーで叩き込むなど強靭な下半身から繰り出される打撃はまさに規格外。

今大会一番の注目選手であると思います。

長崎西:中島伶志郎

長崎西高校の中島伶志郎選手も注目です。

長崎西高校に入学後すぐから4番打者としてチームの主軸を担う程のバッティングセンスを持つ選手です。

確実性のある打撃は県内でも随一といわれるほどのミート力でありながら、飛距離のある打球を飛ばすこともできるなどパンチ力も兼ね備えている強打者です。

高校通算ホームランは大会前の段階でも29本も放つなど今大会でも非常に注目を集めると思います。

長崎商業高校:桝屋優太郎

投手として一番の注目選手は長崎商業高校の桝屋優太郎選手だと思います。

長崎商業のエースピッチャーとして春季大会の優勝にも貢献し、選手としての能力も非常に高いです。

170センチと小柄ではありますが最速141キロのストレートに加えて、右打者の胸元に食い込むシュートを武器にしている技巧派右腕です。

打たせて取る投球をベースとしていますが、ピンチの場面になるとギアをあげ、三振を奪いにいく技術もあり、臨機応変な投球術を繰り出せるのも魅力であります。

フィールディングもピカイチで流石は優勝校のエースといったところでしょう。

海星高校:太田勇新

この司令塔にもピックアップしていきます。

海星高校の太田勇新選手です。

181センチ81キロと恵まれた体格のこの太田選手は海星高校の司令塔として活躍。バズーカを彷彿させる強肩に、力強い打球を放つことのできる強打者でもあります。

近年、海星高校の勢いが衰えている感じはしますが、司令塔としてチームを優勝に導くにはこの選手の活躍は必要不可欠です。

長崎総科大付属高校:徳留裕翔

最後に注目選手として挙げさせていただくのは長崎総科大付属高校の徳留裕翔選手です。

あまり取り上げられることが多い選手ではないですが隠し玉といってもいいでしょう。

自慢のストレートは140前後をコンスタントに計測し、コーナーに投げ分けることもできる制球力も武器となっています。

直球主体の投球で投げっぷりも非常によく、見ていても楽しませてくれる投手です。今大会の隠し玉として期待をしています。

優勝候補はこの3校!

長崎大会の優勝候補はこの3校です!

長崎商業高校

やはり優勝候補の筆頭は長崎商業高校であると思います。

春季大会を制した力は本物で圧倒的な打撃力を誇る長崎商業打線はどの高校にとっても脅威であると思います。

またエースの桝屋優太郎選手の打たせて取る投球にも少ないミスで守りきることのできるバックも評価できます。

今大会はここ一番の時にしっかりと桝屋選手が抑えることが出来るかと、強力な打線がしっかりと機能するかに焦点をおき、観戦するのもいいと思いますね。

総合的な評価ではダントツの優勝候補の高校といってもいいでしょう。

長崎日大高校

名門の長崎日大高校も注目です。

春季大会では優勝した長崎商業に2-1で惜しくも敗れはしたものの接戦を演じることが出来たのは拮抗した戦いであったからだと思います。

長崎日大高校も選手全員のレベルは非常に高いことでも有名で、少ない失点で勝ち上がってくると予想しております。

しかし優勝するためには長崎商業との戦いは避けては通れないと思いますので、どれだけ強力打線を抑えきり、得点を重ねていけるかがカギとなりますね。

それには控え選手の活躍も必ず必要となってくると思いますので、レギュラーメンバーに限らず、全ての選手の動きに要注目です。

九州文化学園高校

最後に、九州文化学園高校も候補のひとつです。

こちらの高校も春季大会は長崎商業に破れ、リベンジに燃えてるに間違いありません。

決勝の長崎商業戦では守備の乱れからなど大量失点を許してしまい、13失点も喫してしまったのを反省点として、夏までに守備力の強化を図っているかと思われます。

失点を抑えて終盤までもつれることができれば、夏の王者に輝くことも想定できます。

試合終盤の試合展開にも注目できるなど、楽しみな高校となっていますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

総合力的に長崎商業が一歩リードしているようには見えますが、実際はかなり拮抗した戦力となっています。

一つのミスやちょっとした作戦のミスで流れが大きく変わることもありえる状況はどこの高校も気が抜けず、熱い試合がたくさん繰り広げられる大会であると予想しております。

また取り上げていない創世館高校や、海星高校も、春季大会では各高校と接戦の末敗れたりと、こちらもその日の出来次第によっては上位進出、優勝も夢ではありません。

大会の初戦のほうから見応えのある長崎県大会、注目してみていきたいと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください