高校野球

2019夏季高校野球|南北海道予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

2019年の夏の甲子園は第101回を迎えます。

どんなプレーが出るのか楽しみですね。

今回は南北海道大会の注目選手や優勝候補について掘り下げていきたいと思います!

夏予選南北海道大会の日程

  • 抽選日…6月10日(月)
  • 開幕日…6月22日(土)
  • 決勝…7月21日(日)

各高校の戦力

戦力評価【ABC評価】

高校名 打撃 守備 走塁・機動力 総合戦力
函館大有斗 B C B B
函館西 C B C C
七飯 C B B B
函館中部 B B C B
南茅部・大野農・奥尻 C C C C
上ノ国 C C B C
知内 B C B B
函館大谷 C B C C
函館稜北 C B B B
函館高専 B B C B
檜山北 C C C C
函館 C C B C
函館商 B C B B
八雲 C B C C
函館ラサール C B B B
函館工 B B C B
函館大柏稜 C C C C
函館水産 C C B C
江差 B C B B
駒大苫小牧 A A A A
苫小牧東 B C B B
苫小牧西・伊達・白老東 C B C C
室蘭栄 C B B B
浦河 B B C B
えりも・富川 C C C C
室蘭工 C C B C
北海道大谷室蘭 B C B B
苫小牧高専 C B C C
静内 C B B B
室蘭東翔 B B C B
穂別 C C C C
鵡川 C C B C
苫小牧南 B C B B
北海道栄 C B C C
苫小牧中央 C B B B
苫小牧工 B B C B
登別青嶺 C C C C
伊達緑丘 C C B C
室蘭清水丘 B C B B
札幌日大 A A A A
札幌真栄 C C B C
札幌南陵 B C B B
北海学園札幌 C B C C
札幌北 C B B B
札幌龍谷学園 B B C B
北海道科学大高 C C C C
札幌国際情報 C C B C
札幌平岡 C C B C
札幌東 B C B B
札幌西 C B C C
札幌白石 C B B B
札幌手稲 B B C B
石狩南 C C C C
東海大札幌 A A A A
札幌大谷 A A A A
北広島西 C C B C
札幌平岸 B C B B
札幌琴似工 C B C C
大麻 C B B B
北星学園大付 B B C B
札幌東豊 C C C C
札幌藻岩 C C B C
北広島 B C B B
札幌丘珠 C B C C
札幌北斗 C B B B
札幌創成 B B C B
札幌稲雲 C C C C
札幌新川 C C B C
札幌あすかぜ B C B B
札幌南 C B C C
石狩翔陽 C B B B
札幌第一 B B C B
とわの森三愛 C C C C
野幌 C C B C
札幌開成中教校 B C B B
千歳 C B C C
札幌西陵 C B B B
札幌啓北商 B B C B
北海 A A A A
札幌啓成 C C B C
札幌英藍 B C B B
札幌清田 C B C C
札幌静修 C B B B
札幌厚別 B B C B
札幌山の手 C C C C
札幌北陵 C C B C
恵庭北 B C B B
札幌東陵 C B C C
札幌新陽 C B B B
江別 B B C B
立命館慶祥 C C C C
札幌旭丘 C C B C
札幌月寒 B C B B
札幌工 C B C C
札幌光星 C B B B
恵庭南 B B C B
北照 C C C C
双葉 C C B C
寿都 B C B B
蘭越 C B C C
小樽桜陽 C B B B
小樽未来創造 B B C B
倶知安 C C C C
岩内 B C B B
小樽湖陵 C B C C
小樽水産 C B B B

 

打撃部門の注目校:東海大札幌

東海大札幌の打撃陣は攻撃力に優れたチームです。

今年の春の札幌地区の大会では4試合で30打点1試合平均7.5打点という記録した化け物打線です。

2桁得点も2度も記録した大量得点を取れるチームです。

中でも打てる選手として4番でエースのU181次候補に選出されている小林選手を筆頭に大岸選手、白川選手といった多くの選手がおりこの3選手を中心に北海道大会制覇を狙ってきます。

守備部門の注目校:北海

選手権大会準優勝を果たした北海高校はそれほど打撃力が強くありませんが、守備力がすごいです。

守備陣の要として活躍しているのは岩田永遠選手です。

投手を務めており守備力やバント処理に優れており、落ち着いたプレーでチーム全体を引っ張る存在です。

走塁・機動力部門の注目校:札幌大谷

札幌大谷高校は何と言っても北本選手という俊足な選手を抱えておりこの北本選手を中心に走れる選手を揃えてきています。

この北本選手は足でもプロに注目されています。

北海道大会では9盗塁を記録し北海道大会制覇に貢献しました。

札幌大谷高校の次の塁を狙う姿には注目です。

5人の注目選手

南北海道大会の注目選手を5人選ばせていただきました!

東海大札幌高校:小林珠維選手

U18高校日本代表1時候補に選ばれた日本を代表する高校日本代表をする選手です。

身長183センチ体重86キロと大きな体格から投げられるストレートの球速はマックス149キロという球速を投げることができ、スライダーといった変化球も投げる本格派右腕です。

遠投は120メートル、50メートル6.2秒と俊足強肩を持っています。

ノーワインドアップから投げるストレートでガンガン押していく投球スタイルです。

また打線でも4番バッターを務める投打に大黒柱として活躍する選手です。

U18では多彩な能力を求められることが多く、投手だけではなく打力にも優れた小林珠維選手はU18に選ばれる可能性が高い素晴らしい選手です。

札幌大谷高校:西原健太選手

身長183センチ、体重90キロという大きな体格からマックス142キロという威力の高いストレートを投げるプロ注目の投手です。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップという多彩な変化球を使い明治神宮大会を制覇した札幌大谷高校のエースで4番といった中軸を打つというチームの大黒柱です。

全道大会では思ったような調子が出なかったようで、全道大会優勝後に調整をして明治神宮大会では快投しました。

防御率はなんと0.56という素晴らしい成績を残しました。

札幌大谷高校:北本壮一朗選手

身長181センチ体重80キロという体の大きさを誇っているプロ注目のショートです。

50メートル6.1、遠投の距離は105メートルという俊足強肩を誇っています。

詰まったサードへのゴロでも俊足を生かし1塁まで4,2秒というタイムでセーフにしてしまう足なのです。

札幌大谷高校では主に1番バッターを打っており甲子園大会では先頭打者ホームランを打ったパンチ力も持ち合わせておりなんでもできる選手です。

札幌大谷高校:阿部剣友選手

札幌大谷高校にはエースの西原選手がいますが、控え投手には下級生ながら高身長の投手がいます。

身長197センチ89キロという高校生としては大阪桐蔭高校で春夏連覇を果たした藤浪晋太郎投手以来の高い身長からスリークォーターで投げる投手です。

しかも左腕ということでこれほど高身長な選手は練習でもできないですし、とても打ちづらいこと間違いなしです。

マックスは138キロですがスライダーとフォークという2種類の変化球を使い巧みにアウトを取ることができる投手です。

札幌第一高校:大平裕人選手

選抜に出場した時は1番バッターを打ちチームではキャプテンも務める大平裕人選手は選抜大会で3安打1打点と猛打賞を記録するほど安打を打った北海道を代表する巧打者です。

24点を取られた山梨学院戦の9回にやられっぱなしで終われるかと思いキャプテンとしてチームを引っ張るヒットを放ちキャプテンとしても勝負強さもある選手です。

優勝候補はこの3校!

南北海道大会の優勝候補を3校に絞らせていただきました!

札幌大谷高校

明治神宮大会優勝校である札幌大谷高校は投打に主軸がいる今年の北海道全体でもっとも強い南北海道大会では優勝候補筆頭とされています。

明治神宮大会での優勝が勢いとなって選抜大会でも大活躍すると目されており、優勝候補に上がられるほど期待感のあるチームでした。

その選抜では2回戦大分県代表の明豊高校と対戦しまし、12と惜しくも敗戦してしまいました。

この選抜での敗戦の悔しさを糧にして夏の選手権大会出場を狙うチームとして注目してみると面白いかと思います。

選手としてはエースで4番バッターという西島投打の中心に打たせて取るピッチングをする技巧派右腕であり、主軸で打つ素晴らしい選手です。

この西島選手を筆頭にプロ注目の北本選手は大型ショートとしてチームを引っ張る存在です。

この2人を中心に優勝を目指します。

東海大札幌高校

何と言ってもU18候補メンバーにも選ばれている小林珠維選手はエースで4番バッターという投打の主軸を担っています。

春の北海道大会では札幌地区の準決勝では明治神宮大会優勝校である札幌大谷高校と対戦しました。

45で惜しくも敗れてしまいましたが、全国でも強いチームと接戦ができるチームとこのような戦いができるのはとても期待できます。

札幌第一高校

選抜高校野球に出場した札幌第一高校は524と大敗してしまいました。

この試合では打線が11安打と多くの安打を打ったこともあり打線はかなりいいと思います。

この大敗はありえない失点で敗戦してしまいましたが、この敗戦を糧に必ず活躍してくれること間違いなしです。

まとめ

やはり札幌大谷高校は他の高校を凌駕するほど優勝候補筆頭で強いかと思います。

エースの西島投手や北本選手がプロも注目する選手がおり投打にバランスが取れています。

その対抗馬としているのが東海大札幌高校です。

U18の小林珠維選手がおりチームを支えており西島投手と小林投手の投げ合いが気になります。

他にも北海高校や選抜出場の札幌第一高校と強豪校が多く、どのチームが甲子園に行くのか注目されます。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください