プロ野球

プロテクトリストとは?プロテクト外しについても

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

プロテクトリストってなんなのか?

この話題をすると、必ずといってついてくるプロテクト外しについても解説していきます。

プロテクトリストとは?

今回の疑惑?が浮上し始めてから、恥ずかしながら、野球をやってきた者としてプロテクトってなに?と思ってしまいました。

プロテクトリストという言葉をよく耳にしますが、プロテクトとは人的補償の対象にならない選手のことを言います。

となると、人的補償ってなんぞや?って思ったのでこちらも調べてみたのですが、プロテクトから外れた選手を選ぶことを人的補償と言うらしいですね。

どちらの言葉の意味を説明しようとすると、お互いに出てきてよく分からなくなっちゃいますね。

プロテクトというのはつまり、支配下登録されている選手のことで、プロテクトリストはその選手たちが並べられているリストですね。

絶対に戦力外通告にならない球団が手放したくない主力選手は間違いなくプロテクトリストに載るといった感じです。

現在、プロテクトできる人数は1球団当たり28人となっているようで、枠が埋まっていなければ人的補償で埋めるといった表現をします。

このプロテクトリストに載っている選手を除いた、獲得可能な選手を各球団が提出した後に巨人と上原選手の再契約が決まったものですから疑われてしまったんですね。

プロテクト外しとは?何が問題なの!?

でも、それの何が悪いの?って思う人もいるかもしれません。

私はそう思いましたw

調べてみたのですが、仮に上原選手が自由契約になったことでプロテクトから外れ、これをプロテクト外しといいい、もしプロテクト外しで入団していたとしたら、プロテクト外の選手を入団させることで、より多くの選手を入団させることができて、球団間で選手層の厚みのギャップが出るから

といったところでしょうか。

間違っていたらすみません!

どなたか正確に分かる方がいらっしゃったら教えてください。

野球のことは分かるんですが、こういったビジネス要素の強い話になるとすごく弱くなるんです(;^ω^)

まとめ

プロテクトリスト、プロテクト外しについて解説しました。

プロテクト外しについては憶測部分が多いので、完璧に説明できるという方はコメントお願いします!!

 

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください