高校野球

【2019夏季高校野球】岡山予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

今年のドラフトの目玉選手も出場する岡山県大会

今年は59チームの出場となりました。近年頭角を現しはじめてきた高校に、覇権復活を狙う古豪と今年も数多くのドラマを生み出しそうな予感です。

夏予選岡山大会の日程

  • 7月13日(土)開会式
  • 7月28日(日)決勝戦・閉会式

各高校の戦力

戦力評価【ABC評価】

高校名 打撃 守備 走塁・機動力 総合戦力
創志学園
玉野光南
吉備高原学園
西大寺
和気閑谷
玉野
岡山城東
津山東
岡山
岡山一宮
倉敷翠松
水島工
高梁日新
倉敷青陵
岡山理大付
おかやま山陽
岡山工
邑久
備前緑陽
津山商
共生
玉島商
就実
岡山操山
倉敷天城
岡山芳泉
津山
岡山南
倉敷
倉敷商
興譲館
玉野商工
岡山御津
美作
高梁
総社南
明誠学院
津山高専
笠岡商
岡山東商
倉敷古城池
林野
岡山白陵
倉敷南
岡山学芸館
岡山商大付
倉敷工
倉敷鷲羽
興陽
金光学園
瀬戸
岡山大安寺中教校
東岡山工
勝山
笠岡工
作陽
岡山朝日
津山工
関西

 

打撃部門の注目校:関西高校

超がつくほどの強力打線を誇る関西高校。

春季大会も一試合の平均得点が7点近い打撃力を誇る打線が見ものです。

その爆発的な得点力のある攻撃の軸となるのが4番の岩本皓多選手。

フルスイングから飛び出す逆方向にも飛ばせるパワーを持ち注目選手としても取り上げられています。

3番打者の白井裕斗選手も打ち始めたら手がつけれらなくなる打者で、2年生なが5番に座る森安亮太選手も怖い存在であります。

また関西高校のクリンアップは6番までともいえるように、6番打者の赤穂旺亮選手も4番級の打者であると抜け目のない攻撃陣に試合終了まで気が抜けないでしょう。

守備部門の注目校:創志学園高校

いわずと知れた今年のドラフト候補、エース西純矢選手を大黒柱としてチームの軸となる中で、西選手にも全く引けをとらない草加勝選手の二枚看板が特徴です。

昨年の甲子園大会で全国を相手に、引けをとらない投球をしていた西選手が軸となり、テンポの良い投球からチームのリズムを作っていっています。

西選手だけのチームというわけでもなく、草加選手も他校ではエースとして名をはれるほどの実力の持ち主で投手王国といっても良いくらいの安定感です。

走塁・機動力部門の注目校:倉敷商業高校

毎大会上位に食い込んでくる倉敷商業高校。

1点に対する集中力が強いともいえる高校です。

派手な乱打戦を繰り広げたり、絶対的なエースがいるというわけではないが、1点の重みを良く知っている高校であると思います。

春季大会では準優勝の実力を誇り、優勝したあの関西高校とも5-3での接戦を繰り広げるなどの地力も十分あります。

強力な打撃陣ではないからこそ、走塁技術などを駆使し勝ち上がっていくチームでもあります。

5人の注目選手

本大会の注目選手を5人選ばせていただきました!

創志学園高校:西純矢

言わずと知れる、プロ注目の高校BIG5と大注目の投手です。

最速150キロのストレートを武器に、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップと多彩な変化球も投げ分けられる超高校級の本格派右腕です。

中学生の時にNOMO JAPAN代表にも選出され、去年の甲子園でも2年生ながらエースとしての働きをし、U-18日本代表候補にも選ばれたほどの超高校級投手。

気迫溢れる投球は見ている観客をも魅了します。

その西選手が、高校生活最後の今大会でどこまで成長してきてるかも注目したいところですね。

創志学園高校:草加勝

この選手にも大注目です。

エース西選手の影には隠れているものの、他校にいっても一線級で投げれる投手、草加勝選手。

181センチの長身ですが体重は72キロとやや細身だが、長身から繰り出すストレートは145キロ超える程であります。

エース一人では勝ち抜いていくのが厳しい夏大会。控え投手としてではなく、Wエースとしての登板もあるであろう今大会。この投手の活躍にも目が離せません!

関西高校:岩本皓多

超強力関西高校の4番を打つスラッガー、岩本皓多選手。

2年生の頃から4番を任されると、長所であるフルスイングを武器に左に右に強い打球を放てる和製大砲。

171センチの上背はないがどっしりとした下半身を使いとてつもないスイングは空振りでもスタンドをざわつかせるほど。

確実性がもう少し増したらとんでもない選手になると思います。

見ていてここまで爽快感のある選手も多くないので、打席にたったら注意してみてみると面白いとおもいます。

玉野光南高校:白神幹弥

玉野光南の白神幹弥選手も要注目です!

春季大会では倉敷商業に惜しくも破れてしまったものの、マウンド捌きは目を引くものがあり投球自体も球速以上に速く見えるキレのあるストレートが魅力です。

密かにドラフト候補に挙がっていると噂もあり、まだまだ磨けば光る選手だと思います。

岡山理大付属高校:梶川航之介

超注目選手ではないが、この選手に注目してみるのも面白いかもしれません。

岡山理大付属高校の梶川航之介選手。

春季大会では2回戦で敗れてしまいなかなか見る機会も少なかったが、バッティングセンスは一級品。

それに加えてまだ2年生であるという有望な選手です。

鋭いスイングからは角度ある打球を放つ。

守備面で不安なところがあるのでそこが向上すれば面白い選手になると思います。

優勝候補はこの3校!

岡山大会の優勝候補を3校に絞らせていただきました!

関西高校

やはり1番の優勝候補としては関西高校を挙げさせてもらいます。

強力な打撃陣を擁し、春季大会優勝、中国大会優勝は伊達ではありません。

主砲の岩本選手筆頭に、白井選手、森安選手、赤穂選手と中学時代から名前を轟かせている選手がズラリと並びます。

今年6月に行なわれた、大阪府の昨年の甲子園大会優勝校の大阪桐蔭高校との招待試合でも、接戦の末、8-7と敗れはしたものの、自慢の打撃力で7点も奪うなど、他見の強豪相手にも十分競り合えることを実証しました。

抜け目のない破壊力抜群の打線を止めるのは、とても大変であると予想されます。

主砲の岩本選手を徹底的にマークされた場合、他の打者がどれだけ打てるかも見もののところです。

創志学園高校

関西高校の対抗として創志学園高校も優勝候補であると思います。

春季大会は思うような結果を残せなかった分、かなりの意気込みと見ていいでしょう。

西投手も、昨年よりも着実にパワーアップしているいう情報もあるのでそちらも注目となっております。

なにより、西、草加の両投手がどこまで関西打線を抑えられるかと、打撃陣の奮起が大きなカギとなるでしょう。

倉敷商業高校

倉敷商業高校も優勝候補として挙げさせてもらいます。

春季大会準優勝の実力は確かなもので、関西高校や、創志学園高校を喰ってしまうことも十分ありえると思います。

倉敷商業も、大阪桐蔭高校との招待試合に参加しており、5-4で敗北はしてしまったものの、しっかりと喰らいついて戦うことが出来たと、大きな収穫を得ています。

唯一の不安要素としては、チームに絶対的な中心選手がおらず、一度崩れかけたら、立て直せるかは未知数でズルズルといってしまうかもしれないところです。

まとめ

見どころは関西高校と創志学園高校の強力打線対Wエースの創志学園をメインとして、それに喰らいつけるか注目の倉敷商業高校に、虎視眈々と倉敷工業高校や玉野光南高校も優勝を狙っている状況だと思います。

注目選手も多い岡山県大会、ちょっとした流れで結果は大きく変わりそうです。

その一瞬を見逃さないよう、注意しながら観戦するのも面白いと思います!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください