高校野球

【2019夏季高校野球】高知予選大会の優勝候補を予想!注目選手や戦力は?

2019年の夏の甲子園は第101回大会となります。

今回は高知大会の優勝候補について徹底調査してまいります!

夏予選高知大会の日程

抽選会6月23日

公式戦7月13~28日

各高校の戦力

戦力評価【ABC評価】

高校名 打撃 守備 走塁・機動力 総合戦力
明徳義塾 A B A A
高知丸の内・室戸 C C C C
高知中央 B B B B
高知工 B B B B
宿毛工 C C C C
宿毛 C C C C
高知高専 B B B B
土佐 B B B B
伊野商 C C C C
高知西 B C B B
高知農 C C C C
土佐塾 C C C C
高知海洋 C C C C
高知東工 B B B B
高知 B A B A
高知東 C C C C
安芸 C B B B
高知小津 C C C C
岡豊 B A A A
須崎工 B B B B
檮原 C C C C
高知商 B B B B
中村 C C C C
須崎 B B B B
清水・幡多農・窪川 C C C C
安芸桜ヶ丘 C C C C
高知南 B C B B
高知追手前 B C B B

 明らかに明徳義塾が突出している、かに見えます。

 特にここの打力評定はAでは収まりきりません。

 Sです。

 ただ、この高知に異変が起こりました。

 勢力図全体を揺るがしかねないある逸材が高知高校に入学しました。

 しかも、高知は春季大会、彼を温存。

 おそらく夏に彼は高知の公式戦デビューをするはずです。

 その時に何が起こるのか。

 やっぱり明徳は明徳らしくしっかりと勝ちをモノにし、高校野球の洗礼を与えるのか。

 あるいは、彼が令和の伝説の手始めとしてこの圧倒的強豪を飲み込んでしまうのか。

 両雄による注目の激闘は間もなくです。

打撃部門の注目校

打撃注目校は明徳義塾です!

 春季県大会では全試合2ケタ得点という驚異的な豪打で他校を圧倒しました。

 そして、その強さは四国大会でも遺憾なく見せつけられることになります。

 1回戦から8点、10点、7点。

 うちコールドが2回、しかも対戦相手が愛媛1位の松山聖陵、選抜で東邦を1-3と苦しめた富岡西など。

 この冬に明らかにパワーアップしております。

 明徳義塾野球部は1人が目立つのではありません。

 毎試合ヒーローが変わるまさに全員野球が売りです。

 そのため打線の層がとても厚く、打ち出すと止まらず、どこからでも点が取れます。

 全国屈指の強力打線で、目指すは2002年以来2度目の夏栄冠です。 

守備部門の注目校

 守備注目校は高知です!

高知高校はそもそもエース安岡、中学時代日本代表に選出された濵田世など投手力は潤沢です。

そこに来て、さらに未来の日本球界をしょって立つであろうスーパールーキーが入ってきたのですから。

いったいどこまで勝ち進むだろうか、そしてそのたびに全国の耳目が集まってくることがすでにありありとわかり、早くも楽しみが募ります。

かえって静かな方がよいのかもしれませんが。

でもやっぱり期待してしまいますよね。

走塁・機動力部門の注目校

 走塁・機動力注目校は岡豊です!

 「元気とスピード」が岡豊高校の伝統的モットーです。

 今年は好投手の存在があり、自慢の機動力とあいまうと「いったいどこまでいけるのだろう」と期待が膨らみます。

5人の注目選手

高知: 森木大智


184cm81kg。右投げ右打ち。

中学軟式野球ですでに150kmを投げ、変化球はカーブ、フォーク五、スライダー、シュートなど、チームの全国春夏連覇の立役者ともなった剛腕が今年高知高校に入学いたしました。

なんと練習試合であの龍谷大平安打線を4回までノーノー、93安打1失点圧巻の完投勝ち。

この日は自慢の球速を抑え、打たせて取るピッチングに終始しました。

低めへのコントロールが冴え、また違ったすごみを見せる怪腕ぶり。

彼は小学生のころから130km投げていたんです。

中学野球の映像を見ましたが、なんだか大人とやらされているみたいで、相手が気の毒に思えてしまいます。

野球とは別に水泳をやっておりました。

これが柔らかくバネのある体を作り上げた秘密なんでしょう。

昨年高校野球を沸かせた大阪桐蔭の根尾昂選手も中学時代はスキーで全国優勝を果たしております。

最近日本でも次第に定着しつつあるのですが、青年期は複数のスポーツをやった方が後に伸びる素地が高い、という世界的データです。

というのもいろんなスポーツへの適性が試せますし、また複合的な能力がバランスよく培われるんですね。

アメリカは伝統的にそのやり方の典型。

メダルを量産し、あらゆるスポーツで強いです。

そういえば阪神のメッセンジャー投手も高校までバスケ選手でした。

森木選手は学業において今は特進クラスに所属。

これはもうフィジカルも頭脳もポテンシャルがすごい逸材の予感を感じさせてあまりあります。

あこがれの選手は大谷翔平

彼の書を座右の書として読んでおります。

そして、森木選手は大谷翔平に追いつくことを目指しているのではありません。

超えることです。

現実として、このころの大谷選手をすでに超えていると思われます。

確かに、将来可能かもしれません。

岡豊:植田ジゲン

直球は130kmでも伸びがあり、緩い変化球との緩急が効いて、バッタバッタと三振を取れます。

昨年末、四国選抜チームによるオーストラリア遠征では計8イニングで17奪三振の無失点。

1イニング3人を連続三振に切って取る快投も見せました。

高知:濵田世

180cm70kg。右投げ右打ち。2年生。

 BFA U-15アジア選手権日本代表投手です。

今春は公式戦登板も少なかったですが、彼も伸びてくれば高知高校の投手陣は来年も安泰です。

明徳義塾:服部遼馬

175cm68kg。左投げ左打ち。3年生。明徳義塾の左のエース。

「コントロールがよく、大崩れをしない」

 と、馬淵史郎監督が太鼓判を押します。

「一人がみんなのため、みんなが一人のため」がモットー。

チーム力で勝負する明徳義塾らしいエースです。

明徳義塾:安田隆

右投げ右打ち。3年生。 

素晴らしい打棒を誇りますが、腰痛のため、昨年11月から長期離脱がありました。

 夏にどの程度調整が間に合うでしょうか。

優勝候補はこの3校!

明徳義塾

 ここ10年で夏の出場が8回、春が5回。

 高知ではまさに「平成の明徳」の牙城はあまりにも強大でした。

 ただし、この名門も昨夏、今春と甲子園から遠ざかっております。

 特に今の3年生は出場、そして全国制覇への思いが強いでしょう。

 そして、確実にチームの総合力はついております。

 守っては服部、山田、左右の両腕には安定感があり、打っては春県・四国を寄せ付けなかった自慢の強力打線。

 やはり名将馬淵監督は“夏に勝てる”チームを育て上げてきております。

 全国に出れば間違いなく優勝候補に挙げられるでしょう。

高知

 高知高校は春は明徳義塾に4-11と惨敗を喫しました。

 確かに強豪ではあるのですが、「全国で戦えるか」というとまだ今一つ地力の足りない状況でした。

 が、スーパー1年生森木投手の存在が一変させようとしております。

 高知高校は元々打撃力には一定の自信があります。

 初戦から7点、16点、準決勝は植田投手の岡豊から3点、決勝は4点、四国大会では強豪高松商から6点奪っております。

 投打がかみ合えば全国でも旋風を巻き起こす力はあるでしょう。

 ちなみに、高知高校は高知中学からエスカレーターで育成する流れを取っております。

 スーパー1年生森木投手も評判の内野手西村唯人もU-15日本代表の濵田世も、主力の多くがこの系統にのっとっております。

これは近々、高知高校が全国にさらに飛躍する時代が来るかもしれません。

岡豊

 明徳、高知の2強に割って入れる勢力はここです。

 四国選抜として大活躍を見せた軟投派の好投手植田ジゲンを守りの軸に、攻撃力も春初戦、2回戦と2ケタ得点、3回戦では高知商にも競り勝つ強さがあります。 

まとめ

 全国トップクラスの総合力を誇る明徳義塾か。

 将来の日本野球を背負うであろうスーパールーキーを擁する高知か。

 あるいは、攻守にバランスの取れた岡豊高校が両校の独走に待ったをかけるのでしょうか。

 それとも・・・?

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください