高校野球

夏の甲子園2019旭川大学高校野球部の注目選手とメンバーは?地区予選成績も

2019年の夏の甲子園ではどんなドラマが繰り広げられるのか楽しみですね!

全49校が出場する中、北北海道代表として甲子園に出場するのは旭川大学高校となりました!

旭川大学高校は2年連続9回目の出場となります。

本記事では、旭川大学高校の地区予選成績と注目選手を掘り下げていきます。

旭川大学高校とは

学校の基本情報

設立 所在地 国公私立
1898年 北海道旭川市 私立
設置学科 偏差値 著名な卒業生
普通科 42~59 沼田翔平、大高友美

旭川大学高校は北海道旭川市に所在し、1898年に設立された伝統ある私立高校です。

設置学科は普通科のみですが、普通科の中でも

  • 特別進学コース
  • 未来創成コース
  • スポーツ教育コース
  • ライセンスコース

の4つに分かれています。

偏差値がコースによって大きな差が開いているのは私立高校ではよくあることですよね!

プロ野球選手やオリンピック選手など多くのアスリートを輩出しているエリート校です。

野球部の特色

野球部は夏の甲子園には9回目の出場となるほどの甲子園常連校です。

しかし、意外にも明治神宮大会と選抜高校野球大会には出場経験がありません。

野球の名門なので、神宮大会にも春の甲子園にも出てくる日はそう遠くはならないでしょう。

北北海道予選結果とベンチ入りメンバー

北北海道大会の予選結果とベンチ入りメンバーを紹介していきます。

1回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9
釧路湖陵 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
旭川大 2 1 0 0 0 0 0 1 × 4

▼投手

釧路湖陵:森下→鹿野

旭川大:能登

▼本塁打

持丸(旭川大)

準々決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
旭川大 0 0 0 0 1 0 0 2 0 3
帯広北 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2

▼投手

旭川大:杉山

帯広北:森→村田→福永

本塁打

なし

準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
旭川北 0 0 0 1 0 0 0 1
旭川大 0 0 0 0 5 5 × 10

※7回コールド

▼投手

旭川北:伊東→増茂→秋葉

旭川大:能登→加藤

▼本塁打

なし

決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
クラーク国際 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
旭川大 3 0 0 3 1 1 0 1 × 9

投手

クラーク国際:浦崎→早坂→菊池→関口→辰巳

旭川大:能登

本塁打

富田(旭川大)

 

エースの能登選手を筆頭に接戦を制してきた地区予選でした。

本塁打も持丸選手と富田選手が放っており、打線にも爆発力がありそうですね。

決勝戦に関しては完封勝利も成し遂げているので、甲子園でも上位に食い込むのではないかと期待がかかります!

ベンチ入りメンバー

背番号 選手名 投打 学年 出身中学
1 能登嵩都 右投右打 3年 旭川大雪ボーイズ
2 持丸泰輝 右投左打 3年 旭川市立永山中
3 加藤新大 右投左打 3年 旭川大雪ボーイズ
4 富田康太 右投右打 3年 旭川北稜リトルシニア
5 佐藤一伎 右投右打 3年 旭川大雪ボーイズ
6 菅原礼央 右投右打 3年 旭川市立神楽中
7 鈴木諒 右投右打 3年 東明中
8 脇田悠牙 右投右打 3年 旭川大雪ボーイズ
9 樋口唯斗 右投左打 3年 旭川道北ボーイズ
10 杉山大晟 右投右打 3年 旭川大雪ボーイズ
11 安孫氏楓汰 右投左打 3年 旭川大雪ボーイズ
12 安藤駿吾 右投左打 3年 豊富町立豊富中
13 佐々木崇文 右投左打 3年 旭川大雪ボーイズ
14 田村泰雅 右投左打 2年 旭川大雪ボーイズ
15 棚田颯樹 右投右打 3年 旭川北稜リトルシニア
16 原田宗栄 右投右打 3年 東明中
17 木村優翔 右投右打 3年 旭川市立北門中
18 歌住惇 右投右打 2年 本別町立本別中

18人のベンチ入りメンバーのうち、下級生は2人しかいません。

しかもレギュラー番号を背負っているのは3年生のみ。

実力で勝ち取った背番号だと思いますが、見事に先輩の威厳を保ちましたねw

3人の注目選手

旭川大学高校の注目選手はこちらの3人です!

能登嵩都

旭川大学高校のエース。

身長183㎝71㎏の恵まれた体格から放たれるストレートの最高球速は144キロです。

チェンジアップカーブを織り交ぜて、緩急を使った投球が魅力的。

今年に入ってから140キロ以上の球速が出るようになりましたが、制球力の光るピッチングが最大の武器でしょう。

また、地区予選では初戦と決勝で完投していることもありスタミナにも定評があります。

まだまだ伸びしろがあると期待されており、ドラフトで指名されるかもしれません!

持丸泰輝

旭川大学高校の主将を務める正捕手です。178㎝76㎏。

地区予選初戦ではホームランを放ち、チームに勢いをつけてくれました。

高校通算本塁打は16本と強豪校の4番としては少なめですが、長打力のある捕手は貴重なのでプロ球団から声がかかりそうな逸材ですね。

富田康太

守備ではセカンドを守り、打線では5番に入ることの多い富田康太選手。

地区予選決勝のクラーク国際戦では2ランホームランを放つなど、力強さと勝負強さのバッティングが光る選手です。

甲子園でも一発出してくれることを期待しましょう!

まとめ

  • 旭川大学高校は2年連続9回目の甲子園出場
  • 地区予選では2本のホームランが出ている
  • 最も注目すべき選手はエースの能登嵩都選手

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
【2020年】プロ野球ネット中継の無料配信をスマホやテレビで見る方法!各社徹底比較 このように思っているなら、プロ野球の配信サービスがおすすめです。 こちらでは、プロ野球の試合を観戦できる配信サービ...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください