プロ野球

小川泰弘の球種や球速などの投手スキルは?投球フォームについても

東京ヤクルトスワローズの、エースとも言われる小川泰弘選手をご存じですか?

今回は、そんな小川泰弘選手のピッチャーとしてのスキルや、球種、あのピッチングフォームについてもまとめてみたいと思います。

是非、最後までご覧ください。

小川泰弘のプロフィール

まずは、小川泰弘選手がどのような選手なのか、プロフィールからご紹介したいと思います。

名前 小川泰弘(おがわやすひろ)
生年月日 1990年5月16日
出身地 愛知県赤羽根町
出身校 愛知県立成章高校→創価大学
身長 171㎝
体重 80㎏
投打 右投げ右打ち
ポジション ピッチャー
背番号 29
プロ入り 2012年ドラフト会議 東京ヤクルトスワローズ2位指名

2012年度のドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから2位で指名され入団し、2019年シーズンでプロ7年目に突入する選手です。

小川泰弘選手は、5人兄弟の末っ子だそうで、小学3年生の頃から野球を始め、中学時代はエースとしてチームを支え、県大会出場もしているそうです。

高校時代は、成章高等学校に入学し、2年生の冬には愛知県選抜として日米親善試合に出場しています。

3年生の春には、21世紀枠でセンバツに出場すると、3-2で、創部103年目にして甲子園初勝利という結果を残しています。

大学進学後は、1年生の秋から東京新大学リーグに出場していたそうです。

明治神宮野球大会の関東代表決定戦では、巨人の菅野智之選手が所属する東海大学に投げ勝ちました。

2年生の春からは、主力のピッチャーとして活躍していたようです。

そして、今でもニックネームとなっている「ライアン小川」と呼ばれるきかっけが大学3年生の頃にありました。

ノーラン・ライアンの「ピッチャーズ・バイブル」との出会いです。

それから、ピッチングフォームを変え、3年生秋には、防御率0.12という成績を残しています。

また、4年生の頃にはノーヒットノーランも達成しています。

プロ入り後は、1年目でオープン戦でも結果を残し、開幕5戦目で広島東洋カープ戦で、プロ初登板・初先発でデビューします。

7回途中2失点と好投を見せると、新人ピッチャーの中で、プロ初勝利を挙げます。

ちなみに、この日は小川泰弘選手のお母様のお誕生日だったそうで、とても嬉しい誕生日プレゼントになったと思います。

その後も、新人ピッチャー一番乗りの完封勝利や完投勝利もあり、シーズン終了時には16勝で、1年目から素晴らしい成績を残しています。

このような結果もあり、2013年度のセ・リーグの新人王にも選ばれています。

2014年は、プロ2年目で開幕投手に選ばれると、横浜DeNAベースターズ相手に6回1失点と好投をみせ、白星スタートとなります。

しかし、シーズン序盤の4月に打球を右手に受け、有鉤骨鉤骨折という診断で離脱ということになります。

7月に復帰すると、防御率が落ち込む時期もありながらも、9勝という成績でシーズンを終えています。

この年のオフには、日米野球の代表に選ばれますが、右脇腹痛により辞退しているそうです。

2015年も、開幕投手に選ばれ、2年連続の開幕投手になっています。

この試合は勝敗はつきませんでしたが、7回無失点という好投をみせています。

制球に苦しむ時期もありましたが、11勝を挙げると、東京ヤクルトスワローズのリーグ優勝に大きく貢献しています。

その年のオフには、WBCSプレミア12日本代表に選ばれています。

2016年もなんと、開幕投手に選ばれると3年連続開幕投手を務めているのです。

2桁勝利とはなりませんでしたが、チームで唯一規定投球回をクリアしたそうです。

2017年は、5月に背中を痛め登録抹消されると、復帰後は中継ぎも経験することになります。

しかし、あまり安定せず、先発に戻り、シーズン終了時には8勝で防御率2.83という成績を残しています。

2018年は、オフに右肘疲労骨折の手術を受けると、このシーズンの初登板は5月でしたが、巨人戦では力投をみせ、2016年4月30日から巨人戦での先発は7連勝という記録を残しています。

2019年では、3年ぶり4回目の開幕投手に選ばれ、阪神タイガース相手に、7回4安打1失点という好投をしますが、惜しくもヤクルトスワローズは、延長11回で1-2と敗れています。

現在は、6試合に登板し、1勝3敗という成績ですが、勝ちがついていない試合でも好投しています。

先日の中日戦では、完封勝利まであとアウト1つというところでしたが、タイムリーヒットを許し、完投勝利になりました。

球種や球速などの投手スキル

小川泰弘選手の、球種には、ストレート・ツーシーム・カットボール・スライダー・カーブ・フォーク・スプリット・チェンジアップなどがあります。

決め球は、ストレートとのことです。

最高球速は、151㎞/hで、平均球速は、141㎞/hくらいのようです。

コントロールも良く、安定したピッチングが出来るピッチャーのように思います。

これまでに、タイトルは最多勝利、最高勝率を獲得しています。

2013年には、新人王、2013ゴールデン・ルーキー賞、日本プロスポーツ大賞最高新人賞、燕市年間ヒーロー賞に、2016年と2018年には1度ずつ月間MVPにも選ばれています。

また、小川泰弘選手は、これまで、ホームランも2本放っており、打撃練習にも一生懸命に取り組んでいるようです。

投球フォームについて

小川泰弘選手の投球フォームをご存じの方は多いのではないでしょうか。

ニックネームにもなっている「ライアン小川」ということで、ノーラン・ライアンのような、豪快なダイナミックなオーバースローです。

身長はあまり高くはないですが、足を大きく上げ、太ももを体に近づけ、そこから投げられる制球定まった球は、バッターからすると中々のものだと思います。

小川泰弘選手は、プロ1年目からの成績を見ていると、とても素晴らしい選手だと感じるのですが、その背景にはいくつもの怪我に悩まされていた時期もあるようですね。

プロ野球選手というか、スポーツに怪我つきものなのかもしれませんが、今後も怪我に悩まされることも少なく、活躍出来ると良いなと思いました。

東京ヤクルトスワローズにとって、とても頼もしい存在だなと改めて感じることが出来たのではないでしょうか。

今後の活躍に期待しながら、応援していきたいと思います^^

まとめ

  • プロ1年目から結果を残し、3年連続で開幕投手を務めている
  • 持ち球も多く、コントロールが安定している
  • 投球フォームは、ノーラン・ライアンを参考にしたフォームである

 

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
【2020年】プロ野球ネット中継の無料配信をスマホやテレビで見る方法!各社徹底比較 このように思っているなら、プロ野球の配信サービスがおすすめです。 こちらでは、プロ野球の試合を観戦できる配信サービ...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?

記事が参考になったという方は

TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください