プロ野球

池田駿のピアノ演奏動画が上手すぎる!家族は音楽家一家だったのか

池田駿選手は実はピアノが弾けるのをご存知だったでしょうか?

野球の道を極めながらもピアノが演奏できるなんてかっこよすぎますよね。

弾けるとは言え、どこまでの演奏レベルか気になりますよね。

そこでは今回は池田駿選手のピアノ演奏について動画を見ながら掘り下げていきたいと思います。

池田駿のピアノ演奏動画

池田駿選手のピアノ演奏動画は読売ジャイアンツ公式インスタグラムで投稿されていました。

ピアノを演奏している池田駿選手の様子はこちら。

すごく楽しそうにピアノを弾いていますよね!

しかも普通に上手です!!

野球に打ち込んでいる傍らで、このレベルまで演奏できちゃうなんて手先が器用なのでしょうね。

いったい、池田駿選手はピアノをいつからどこで習っていたのでしょうか?

池田駿はいつからピアノを習っていた?

実は池田駿選手はピアノは誰かから習っていたわけではありません。

中学3年生の時から独学でピアノに取り組んでいました!!

独学でここまで演奏できるようになるなんて才能を感じますよね。

今でも気分転換にピアノを弾くとのことだったので、ピアノを始めたきっかけも野球の合間のリフレッシュのためだったのかもしれませんね。

さらに入団直後、寮に入る際には電子ピアノを持ち込むといった行動で周囲を驚かせました。

寮ではベートーヴェンのピアノソナタやJ-POPを弾いていたそうですよ!

報道陣の前でもピアノの演奏を披露するなどファンサービスも旺盛です。

池田駿選手は社会人野球も経験しており、ヤマハ在籍時には同社製の約10万円の電子ピアノを購入しています。

野球でも楽器製品のPRでも会社に貢献していたことがうかがえますね笑

池田駿の家族は音楽一家?

池田駿選手がピアノに興味を持ったということは、身近なところに音楽があったのではないかと想像しちゃいますよね。

両親は音楽に携わっていたのでしょうか。

調べてみたところ、池田駿選手の両親に関してはあまり情報がありません

もし、音楽一家だったとしたら独学じゃなくてしっかりピアノ教室で習っていた可能性が高いので、音楽一家ではないと思います。

音楽とは少し離れた話にはなりますが、親とのエピソードを一つ紹介します。

池田駿選手は親に対してそこまで強くお願いをするタイプではないみたいなのですが、一度だけ父親に懇願した時がありました。

それは、中学生の時で「進研ゼミをやらせてほしい」というお願い。

なんでも池田駿選手は兄が通っていた新潟明訓に進学したかったので一般入試で入学を志望していました。

特待生とか推薦とかじゃなくて、一般入試だったのは意外ですよね。

一般入試からプロに成り上がっていったので、天は二物を与えずということわざが嘘のように思えてきます笑

多彩な池田駿選手ですが、勉強もしっかりとやって野球に打ち込んできたので好感を持つ野球ファンは多いのではないでしょうかね。

まとめ

  • 池田駿のピアノの腕前は高い
  • ピアノは独学で習得し、今でも気分転換で弾いている
  • 父親への最大のお願いは「進研ゼミを習わせてほしい」というお願いだった

    池田駿選手のピアノ演奏はこれからも随所でお披露目されていくと思うので楽しみですね。

    💬プロ野球はネット中継で観戦することができます。

    プロ野球の試合を観戦できるネット配信・中継サービス

    最後まで読んでくださりありがとうございました。

    野球の魅力を多くの人に届けませんか?
    記事が参考になったという方は
    TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください