プロ野球

糸井嘉男の打撃・守備成績や野手スキルは?バッティングフォームについても

今や阪神タイガースを語るにはこの人を欠かせなくなりました。

糸井嘉男選手です!

他球団から移籍してきた経歴を持ちますが、阪神のユニフォームにすっかりなじみましたね。

改めて糸井嘉男選手のスキルについて気になりましたので調べてみました。

本記事では、糸井嘉男選手の打撃や守備などの野手スキルやバッティングフォームについて掘り下げていきたいと思います!

糸井嘉男のプロフィール

基本情報

名前 糸井嘉男(いといよしお)
生年月日 1981年7月31日
出身地 京都府与謝郡与謝野町
出身校 京都府立宮津高校→近畿大学
身長 188㎝
体重 97㎏
投打 右投げ左打ち
ポジション 外野手
背番号 26→7
プロ入り 2003年北海道日本ハムファイターズ自由獲得枠

糸井嘉男選手と言えばスーパーサイヤ人と言われるほどの筋肉が有名ですよね。

体重を見ても100㎏に迫ろうとする重さがあります。

筋肉は脂肪よりも重いと言いますから、糸井嘉男選手の筋肉は本物であることが分かりますね。

プロ入り前までの経歴

糸井嘉男選手の野球を始めた時期は定かではありませんが中学では軟式野球部に所属していたようです。

プロ入りはピッチャーとして指名されたのでおそらくこの時からピッチャーをしていたのでしょう。

中学では府大会につながる試合の直前の練習でベンチに座り込んだことが原因で、監督に「帰れ」と言われて本当に帰ってしまったという逸話があります。

思春期なので監督に怒られてカッとしてしまったのでしょうね。

結局この試合では糸井嘉男選手が出る幕がなく敗退してしまい、今後の進学にも影響してしまいます。

強豪校からの誘いが無く、自宅から近い宮津高校に進学することになります。

糸井嘉男選手は中学時代から膝の皿が割れており高校入学直後に手術をしています。

リハビリでなんとか2年生の時に走れるようにまで回復しましたが、2年春の練習試合で肩の痛みを発症してしまいます。

なんとか3年春には復帰して、阪神のスカウトからも一目置かれる存在になりますが、ドラフト指名はありませんでした。

子供の頃から怪我が多かったんですね。

糸井嘉男選手は今でこそ筋トレに力を入れていますが、おそらく筋トレに力を入れたのは怪我の予防のためなのではないかと推測します。

高卒後は近畿大学に進学し、大学通算成績は19試合登板、9勝2敗、防御率1.42という好成績を残しました。

さらに4年春季リーグでは2度の完封勝利を果たしたり、リーグMVP、最優秀投手、ベストナインといった輝かしい活躍を果たしました。

そして2003年のドラフトでは日ハムから自由獲得枠で指名され入団することとなります。

プロ入り後の主な活躍

投手としてプロ入りを果たすものの2年目まで1軍登録されることはありませんでした。

2006年には糸井嘉男選手の身体能力に期待をかけ、外野手の転向が決まりました。

数年は野手としても目立った活躍はできませんでしたが、トレーニングを重ね、見事に外野手としてレギュラーの地位を獲得します。

2012年まで日ハムで過ごした後にトレードでオリックスに移籍します。

ものすごく激震が走りましたよね。

日ハムが糸井嘉男選手を手放したことでだいぶバッシングを受ける事態にまでなりました。

オリックスで4年間過ごした後に、国内FA権を行使して2017年からは阪神タイガースに骨をうずめることになりました。

打撃・守備などの野手スキル

糸井嘉男選手と言えば走攻守揃った選手ですよね。

今までの打撃成績はこちら。

年度 試合数 打数 本塁打 打点 打率
2007年 7 11 0 0 .091
2008年 63 188 5 21 .239
2009年 131 425 15 58 .306
2010年 138 488 15 64 .309
2011年 137 489 11 54 .319
2012年 134 510 9 48 .304
2013年 141 524 17 61 .300
2014年 140 502 19 81 .331
2015年 132 484 17 68 .262
2016年 143 532 17 70 .306
2017年 114 427 17 62 .290
2018年 119 419 16 68 .308

野手転向して3年目から一気に爆発しましたね。

本塁打も二けたを安定して打てるようになっています。

今までに獲得したタイトルは首位打者、盗塁王、最高出塁率と輝かしいものばかりです!

守備に関しても広い守備範囲や遠投120メートルの強肩を活かしたスーパープレーが目立ちます。

さすが元投手なだけあって肩はすこぶる強さを誇ります。

また打席から一塁到達までのタイムは4秒以内と言いますから俊足ですよね。

バッティングフォームについて

気になる糸井嘉男選手のバッティングフォームはこちら。

打席の後ろ側に立っているので、変化球にも対応しやすそうですね。

重心が後ろから前に体重移動していることがお分かりいただけると思います。

インパクトの瞬間は前脚は伸びきっており、力を伝えやすくなっている感じがします。

振り切った時には前脚は完全に曲げているのでスタートも切りだしやすそうですね。

まとめ

  • 糸井嘉男は自由獲得枠で日ハムに入団している
  • 今までに首位打者、盗塁王、最高出塁率を獲得している
  • バッティングフォームはパンチ力と俊足を活かしたスタイルになっている

プロ野球・メジャーはネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください