プロ野球

柿木蓮の球速や球種の能力は?現在の評価についても

北海道日本ハムファイターズで奮闘中の柿木蓮選手に注目が集まっていますよね。

プロ一年目からどのような活躍を魅せてくれるのか楽しみです。

シーズンが始まる前から調子は良いという評判を聞きますが、改めて柿木選手の投手としてのスキルについて調べてみました。

本記事では、柿木連の球速や球種などの投手スキルや現在の評価について深掘りしていきたいと思います。

柿木蓮のプロフィール

柿木蓮の基本情報

名前 柿木蓮(かきぎれん)
生年月日 2000年6月25日
出身地 佐賀県多久市
投打 右投げ右打ち
ポジション ピッチャー
出身中学 多久市立中央中学校・佐賀東松ボーイズ
出身高校 大阪桐蔭高校
身長・体重 181㎝・85㎏
プロ入り 2018年ドラフト会議北海道日本ハムファイターズ5位指名
背番号 37

ピッチャーとしてはガッチリしている体格ですね。目標とする選手は楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大選手のようですよ!

柿木蓮の生い立ち

柿木蓮選手は小学2年生との時に野球を始め、中学からボーイズリーグで硬式野球をしていました。

なんと中学時代は全国大会に出場し、3年生の時にはすでに143キロのストレートを投げていたようです!

世界大会の日本代表にも選ばれる猛者でした。

当然ながら、多くの高校から声がかかり、選んだの皆さんご存知の通り大阪桐蔭となります。

強豪の大阪桐蔭でもエースナンバーを背負い、存在感を表していましたね。

全国制覇を果たした3年生の春のセンバツでは初戦、準々決勝、準決勝で先発登板していましたが、決勝ではまさかのチームメートのライバルである根尾昂選手が先発しました。

これが悔しかったんでしょうね。

3年夏の甲子園では、準決勝と決勝という大一番で先発登板を果たしました。

おそらく、連戦でも完投できるくらいのスタミナ向上に努めたのだと思います。

ライバルが同じチームにいることで実力をメキメキつけていった証明になりました。

全国制覇チームのエースですから、当然プロからの声もかかりますが、意外にもドラフト1位指名がなく、5位指名で日ハムに入団することとなりました。

本人としては悔しいのではないでしょうか。

柿木選手は悔しさをバネにして、成長していくタイプだと思うので、同世代のドラフト1位選手陣よりもプロで活躍しそうな気もします。

柿木蓮の球速や球種の能力

https://twitter.com/kaki29m/status/1106833077513285633

柿木蓮選手の投手スキルについて調べてみました。

ストレートの最高球速は、151キロを記録しています。

イースタン公式戦の初登板では146キロをマークするなど、プロ出だしから実力を発揮しています。

プロからすれば見慣れた球速だと思いますが、プロ相手に三振もたくさんとっていることから数字以上に速く見える球質なのかもしれません。

体重や身長のバランスから球に威力がありそうですもんね。

フォアボールも非常に少なく、コントロールも抜群です。これは即戦力になる可能性は高いです。

ストレート以外の球種ですが、カーブ、スライダー、フォークを操ります。

オーソドックスな変化球ですが、どれもキレが良くて、ストレートとの組み合わせを自由自在に操れるので打者も手が出ないはず。

投球フォーム、投球後に右足を大きく振り上げるのでダイナミックです。見ていて爽快感のある投球フォームですね。

身長も高く、大きなモーションなので打者からすれば威圧感がありそうです。

柿木蓮の現在の評価について

ドラフト5位でプロ入りを果たしたわけですが、全国制覇ピッチャーにしては評価が低いのでは?と思いました。

よく比較対象にされるのが、日ハムドラフト1位で指名された吉田輝星選手。

高校時代は吉田選手のほうがボールのノビがあるということで評価されていました。

しかし、現在は吉田選手よりも柿木選手のほうが即戦力に近いとされています。

プロの実戦では、柿木選手のほうが三振も奪い、結果を残している現状にあります。

吉田選手は世間の期待も大きくプレッシャーもあるでしょうし、完璧主義的な性格もあるといいます。

おそらく、思ったより結果が残せないのはそういった要因も絡んでいるのではないかと推察できます。

柿木選手は元々反骨精神が強い選手なので、ドラフト5位から始まった悔しさは同年代に吉田選手という最大のライバルもいるので、メキメキと力をつけていっているのだと思います。

柿木選手は1軍での登板も近そうですね。

まとめ

  • 柿木蓮は小学2年生から野球を始め中学では世界大会の日本代表に選ばれている
  • 柿木蓮の最速は151キロでカーブ、スライダー、フォークを操りコントロールも抜群
  • プロ一年目のスタート時点では、吉田輝星よりも仕上がってきている

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください