プロ野球

下を向かない性格を持つ広島・田中広輔、ゴールデングラブ賞受賞!京田じゃないの?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ヤギュウくん
ヤギュウくん
広島の田中広輔選手がゴールデングラブ賞を初受賞だって!
キューちゃん
キューちゃん
タナキクマルトリオで受賞したことで話題になってるよ!
ヤギュウくん
ヤギュウくん
ショートは激戦区だったけど、受賞した要因は田中選手の落ち込まない性格が関係していると思うんだよね。

広島カープの田中広輔選手がゴールデングラブ賞を受賞しました!

プロ5年目にして初受賞とのことです!

おめでとうございます!

広島は田中選手のほかに、菊池涼介選手、丸佳浩選手とセンターラインで揃って受賞しました。

この3人は同学年で非常に仲の良いことで有名です。

広島ファンからしたら歓喜の嵐ですね。

あわせて読みたい
ゴールデングラブ賞の広島・丸佳浩がFA宣言するも残留に傾いている?新井の影響か? 広島東洋カープの丸佳浩選手がゴールデングラブ賞を受賞し、今回で6度目と記録を伸ばしました! 守備の見せ場が...

ただ、ショートの受賞に関しては激戦区のポジションであるため、疑問の声もあがっているのです。

今回は、田中選手のプロフィールを振り返りながら、田中選手の下を向かない性格受賞に関する疑問の声を解説していきたいと思います!

田中広輔のプロフィール

名前:田中広輔(たなかこうすけ)

出身:神奈川県厚木市

生年月日:1989年7月3日

身長:171㎝

体重:85㎏

最終学歴:東海大学

投打:右投げ左打ち

ポジション:ショート

背番号:2

プロ入り:2013年 広島東洋カープ ドラフト3位指名

プロ入りまでの経歴

小学1年生の頃にソフトボールを始めます。

中学から硬式野球に転向しました。部活ではなくシニアリーグに所属していたようです。

高校は甲子園常連校、東海大相模高校!

同級生に現巨人の菅野智之選手もいたのだとか。

2年春では甲子園出場も果たし、高校通算本塁打は38本でした。

高校卒業後は東海大学へ進み、首位打者やベストナインを獲得するもプロからも声はかからずJR東日本で社会人野球の道に進むこととなります。

活躍は申し分ないのに声がかからないとはプロの壁は高いですな。

社会人1年目からレギュラーに定着し、大会優秀選手に何度も選ばれ、新人賞もとりました。

2年間の社会人野球を過ごし、広島から3位指名を受けて遅咲きとなったプロ入りを果たします。

プロ入り後の主な成績

プロ1年目から毎シーズン100試合以上出場してきました。

盗塁への挑戦が多く、2017年は盗塁王も獲得しています。

足も速いのでしょうけど。

なぜかデッドボールも多い選手で最高出塁率も記録しております。

決して下を向かない性格の田中選手

https://twitter.com/CARP_tnk_/status/1062469368271921152

田中選手はミスをしても落ち込まない図太さがあると言われています。

裏付ける記録が盗塁王を記録した2017年の盗塁成功率。

成功した盗塁は35個で失敗したのは13個とどちらもリーグトップです。

盗塁の成功率は.730と決して高くありません。

むしろちょっと低いほうですね。

それでも盗塁王に輝いているのですから、失敗を引きずらず、恐れないで果敢に挑戦していったことが数字から読み取れますね。

関係者によると田中選手はミスをしても平然としているのだとか。

この落ち込まない性格が守備の面でも活かされて今回の受賞に至ったのかもしれませんね!

坂本、京田を抜いて受賞に疑問の声も

田中選手のゴールデングラブ賞に対して、疑問の声も上がっています。

田中選手よりも巨人の坂本選手や中日の京田選手のほうが適任だろという意見もちらほら。

疑問の声は以下となります。

  • 田中広輔ゴールデングラブ賞はないやろ 坂本離脱が原因かなって一瞬考えたけどロペスも丸も入ってるしショートは坂本やろ せめて京田
  • ん?ひとつおかしいですね 田中広輔?いやいや、京田でしょ〜 優勝効果ってやつですか?🙃🙃
  • ゴールデングラブ賞田中広輔はない 坂本か京田しかない 記者はエアプか?
  • ゴールデングラブ賞、田中広輔より京田陽太では?
  • 田中広輔がGG賞?なんの冗談(笑)?ぶっちゃけ守備は、下手な部類に入るのにね。坂本の守備力と比較したら、実力差ありすぎ!京田も頑張ったのに可哀想。

なかなか辛辣な言葉が並んでいます。

坂本選手に関してはケガによる戦線離脱もあり試合数も少ないので、受賞にいたらなかったのかなとは思いますが、問題は京田選手との兼ね合いです。

守備率でみると、田中選手は.989。京田選手は.991と京田選手に軍配が上がりました。

ネットの言葉を借りると、やっぱり優勝補正がかかっているのかなとも思います。

打撃成績で見ると圧倒的に田中選手のほうが数字的には上ですが。

投票によって決まる賞なので、どれだけ知名度があるのか、目立っているのかという要素も必要なのかもしれません。

それも積み上げてきた田中選手の努力の賜物なので、文句なしの受賞と考えてもいいのではと感じております。

まとめ

今回は、

  • 田中広輔のプロフィール
  • 決して下を向かない性格の田中選手
  • 坂本、京田を抜いて受賞に疑問の声も

について解説しました!

受賞に関してアンチの声もありますが、持ち前の図太い性格で乗り越えてほしいものです。

下を向かないで挑戦し続ける姿は、観ている人に勇気を与えてくれますので、そのままの田中選手を貫いてください!

 

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください