プロ野球

西武・浅村栄斗がFA使うも残留を最優先!?FA権行使の理由は?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ヤギュウくん
ヤギュウくん
西武の浅村栄斗選手がFA権を獲得したね。
キューちゃん
キューちゃん
FA権を行使するってニュースになってたけどどこに行くつもりなのかな?
ヤギュウくん
ヤギュウくん
残留を最優先って本人は言ってたけど。

西武・浅村栄斗選手がFA権を行使することを発表しました。

西武ライオンズで10年活躍してきた浅村選手の移籍先が気になるところです!

普通、FA権を使って自分で好きな球団を選んで移籍するものですが、浅村選手は行使することは決まったものの残留を最優先に考えているのだとか。

そこで今回は浅村選手のプロフィール2018年の活躍ぶり残留を最優先にしながらもFA権を行使する理由について調べてみました。

西武・浅村栄斗のプロフィール

基本情報

名前:浅村栄斗(あさむらひでと)

出身:大阪府大阪市

生年月日:1990年11月27日

身長:182㎝

体重:90㎏

出身校:大阪桐蔭高校

投打:右投げ右打ち

ポジション:内野手、外野手

背番号:3

プロ入り:2008年西武ドラフト3位指名

走攻守共に揃っている選手であり、ご本人も目指す選手像は”トリプルスリー達成できる選手”と公言しています。

ぜひ達成してもらいたいものです!

憧れの選手は今年引退する西武ライオンズの松井稼頭央選手のようで、昔から野球ゲームをする時は松井選手が所属する西武ライオンズを選んで対戦するほどの熱愛ぶり。

なお、入団から2016年までは背番号が「32」だったのですが、この番号も実は松井選手がショートに定着するまでつけていた番号だったからというのが理由なんだとか!

現在、浅村選手が西武ライオンズのキャプテンとしてチームを引っ張っていますが、キャプテンに指名された時、浅村選手を良く知る大阪桐蔭野球部監督が「大丈夫ですか?」と心配する様子を見せたという話もあります。

この発言からするに、性格的にはまとめるようなタイプではなかったのでしょうか。

ただ高いパフォーマンスを発揮し、成績も申し分ないくらい残していることからきっと野球をしている背中でチームを引っ張るスタイルなのだと推測できます!

経歴

野球を始めたのは中学一年生の時。ボーイズリーグのチームで硬式野球を始めます。

それまでの小学4年生から野球を始めるまではソフトボールをしていたのだそうです。

高校では数々のプロ野球選手を輩出している甲子園常連校大阪桐蔭高校に入学し、1年秋からベンチ入りを果たします。

レギュラーになったのは2年の夏でセカンドを守りました。

3年の時にはショートへコンバートし、守備の要としてチームを守り、打撃でも高校通算22本塁打という走攻守すべての面でチームの勝利へと貢献しました。

この時から、浅村選手が尊敬している松井稼頭央選手のような選手スタイルだったのですね!

プレースタイルは初球からでもガンガン振っていく積極バッティング。

自身もこれが自分の長所だと自覚しているようです!

主な獲得タイトル

プロ生活で勝ち取ったタイトルは

2回の打点王!

2013年と2018年に獲得しています。

ベストナインを一塁手部門で1回、二塁手部門で2回受賞し、

2013年にはゴールデングラブ賞も受賞しました。

プロ入りを果たしてからも攻守にわたって活躍を見せてくれていました。

2018年はリーグ優勝の立役者

2018年は西武ライオンズがリーグ優勝を果たしました。

リーグ最強ともいわれる「獅子おどし打線」の主軸を担った浅村選手。

3番セカンドで出場する機会が多く、キャプテンとして打線を引っ張ってくれました。

今シーズンはすべての試合に出場し、打率.310 32本塁打 127打点というハイスペックな記録をたたき出しています!

3割30本塁打100打点を達成したのは、西武の日本人選手では初の快挙です。

打点に関しては球団新記録なんだとか!

おそるべし浅村選手の身体能力…

そんな浅村選手、尊敬する松井稼頭央選手が引退すると時を同じくして球団を去るのか、注目が集まっています。

FA権を行使することが決定していますが、残留を最優先に考えているとのこと。

では、なぜFA権を行使したのでしょうか?

残留を最優先に考えつつもFA権を行使する理由

FA権を宣言しながらも残留を最優先に考えているとのことでしたが、そんなことできるのでしょうか?

結果から言いますと、できるようです。

FA宣言しての残留を認めており、浅村も「今は最優先に考えたい思いが強い」とチームへの愛情を口にした。

引用:スポニチ

ではなぜFA権を行使するに至ったのかということですが、会見では、

他球団の評価を聞きたい

と浅村選手が発言しています。

お~、これがプロ意識というものかと感心させられました。

自分の実力を客観視してさらなる成長につなげたい意志が伝わる発言ですよね。

「ここライオンズで育ててもらって、この権利を獲得できたのは事実。今は感謝の気持ちでいっぱい。行使しましたが、外に行くからと言ってしたわけではない。他球団の評価を聞きたいという率直な思いです」と心境を語った。

引用:スポニチ

まとめ

今回は、

  • 西武・浅村栄斗のプロフィール
  • 2018年はリーグ優勝の立役者
  • 残留を最優先に考えつつもFA権を行使する理由

について解説しました!

常に高みを目指す浅村選手の活躍はどこの球団に行っても野球ファンの目を引くことは間違いありません。

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください