プロ野球

日ハム・斎藤佑樹、オフでも投球を続ける理由とは?プロでも野球は楽しめる!?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ヤギュウくん
ヤギュウくん
日ハムの斎藤佑樹選手がオフになっても投球練習を続けているみたいだよ。
キューちゃん
キューちゃん
肩は休ませなくていいのかな?
ヤギュウくん
ヤギュウくん
投げていた方がメリットがあると感じているんだろうね。

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹選手がオフに入っても投球練習を続けているそうです。

普通ならオフは肩を休ませるために投球練習は控えて、コンディショニングやビルドアップに努めるイメージがありますが、投球練習を続けるということは何らかの根拠があるという事なのでしょう。

近日、早稲田OBで野球を楽しむ取り組みを実施したことも影響しているのでしょうか。

今回は、斎藤佑樹選手のプロフィールを振り返りながら、斎藤選手が投球練習を続ける根拠早稲田OBが取り組んだ革新的プロジェクトについて解説していきたいと思います!

あわせて読みたい
日ハム斎藤佑樹久しぶりの登板で無失点!完全復活に必要なことは何か? 斎藤佑樹投手が6月12日の阪神戦で4回7失点をして大炎上しましたが、112日ぶりにマウンドに帰ってきて無失点無安...

斎藤佑樹のプロフィール

名前:斎藤佑樹(さいとうゆうき)

出身:群馬県太田市

生年月日:1988年6月6日

身長:176㎝

体重:76㎏

最終学歴:早稲田大学

投打:右投げ右打ち

ポジション:ピッチャー

背番号:1

プロ入り:2010年 北海道日本ハムファイターズ ドラフト1位指名

プロ入りまでの経歴

斎藤選手は小学1年生の時に学童野球チームに所属します。

軟式野球出身だったんですね。

中学では軟式野球部に所属し、群馬県大会では準優勝、関東大会ベスト8まで進出しました。

高校は誰もがご存知の早稲田実業学校高等部に進学します。

1年生の時から監督に一目を置かれ、ベンチ入りを果たすと、2年生からはエースナンバーを託されます。

2年秋に東京西大会で優勝を果たし、明治神宮野球大会では準決勝で田中将大選手と初対決をしています。

そして、3年夏の甲子園では決勝戦で再び駒大苫小牧と対戦します。

斎藤選手も田中選手も圧巻のピッチングをみせ、延長15回までいっても勝敗はつきませんでした。

再試合となり、アルプススタンドは最高潮の盛り上がりとなりました。

再試合の勝利をつかんだのは斎藤佑樹選手でした。

全国制覇を見事に達成した斎藤選手はプロへ進出するかと思われましたが、

「自分は人間としても野球選手としても未熟。大学に進んで成長したい」

と語り、早稲田大学へ進学を決断しました。

高校時代にはユニフォームのポケットにハンカチを入れており、マウンド上で汗をぬぐう姿が評判となり、「ハンカチ王子」というあだ名がつきました。

大学時代もメディアやファンからの視線は熱く、東京六大学史上6人目の快挙となる通算30勝、300奪三振を記録しました。

2010年のドラフトでは4球団が1位指名をして、日ハムが当たりくじをひきました。

プロ入り後の主な成績

鳴り物入りでプロへ参入した斎藤選手ですが、プロ入り後は鳴かず飛ばずとなってしまっています。

原因としてはケガとされています。

ケガを機に、高校時代の躍動感あふれるピッチングフォームの面影がなくなってしまった感じがしますね。

プロ経験8年を過ごしてきた斎藤選手の9年目では復活した姿を見せてほしいです!

あわせて読みたい
金足農業・吉田輝星の背番号は18に決定!斎藤佑樹に対する印象や登場曲を解説! 金足農業の吉田輝星選手の背番号が18番に決まりました! 18番と言えばプロ野球ではエースの代名詞ともいわれ...

肩を休ませる意味なし!?投球練習を続ける心境とは?

プロ9年目に突入しようとしている斎藤選手の年齢は30歳。

オフの過ごし方も自分の頭で考え、セルフコンディションもそつなくこなしていることでしょう。

現在、オフでも投球練習を続けているということなので、本人はこの件に関してどのように語っているのか調べてみました。

というのも、肩を休ませたとしても良いことはないと話していました。

「全体的なバランス(の確認)ですけど、最低限できることをやるだけ。肩をずっと休ませてもいいことはない」と話した。

引用:スポニチ

このコメントを見て合理的な考え方だと思った方も少なからずいるはず!

投げ込み過ぎたなら肩を休ませる必要性は感じますが、特に通常の場合だったら投げていた方が気づくことも多い気がしますよね。

ただ、実際にバッターが立っている状態で投げてみないと、良いのか悪いのか分からないと語る斎藤選手。

実戦に使える球を磨くことには努力を惜しみません!

楽しむ野球をプロでも実現できるか!?

シーズンオフということもあり、早稲田大学OBが小学3年生から6年生までを対象とした「野球あそびから始めようプロジェクト」を実施したようです。

このプロジェクトでは野球の本来の楽しさを取り戻すという意味合いで開催されました。

発起人は日ハムスカウト部長の大渕隆氏。

大渕氏は以下のように語っています。

「指導者に怒声、罵声を浴びせられ、子供たちが楽しく野球をやっていない。スカウトの仕事をしているとそういう光景をよく見かけます。それを見て『野球には興味があるけど、チームに入るにはハードルが高いな』と感じている親子がいっぱいいるはず。野球が遊びじゃなく、習い事の一つになってしまっている。それが日本の野球界が抱える本当の課題なんです」

引用:スポーツ報知

野球部経験者はすごく共感できるコメントじゃないですか!?

必要以上に怒鳴る指導者はひと昔前と比べれば減っているような気がしますが、まだまだ怒鳴っている指導者たちの姿はグラウンドでみかけます。

命の危機がある等の怒る必要があるのならば、しつけと言う意味で必要だとは思いますが、プレーに関しては怒鳴る必要なんて一切必要ないですよね。

このプロジェクトに協力した斎藤選手は以下のように話しています。

日本ハム斎藤が「やらせるとか、野球はこうじゃなきゃいけないというのはない。野球は楽しいんだよと、遊ぶことを感じながらやることが大事」と話せば、

引用:日刊スポーツ

プロ野球選手がこのように話すと説得力がありますね。

楽しみながらプレーすることが一番活躍できるのだとプロの現場で証明してほしいと願っていますので応援しています!

あわせて読みたい
高校で野球を辞める理由。高校と中学の違いを経験談を交えて徹底的に考察! 高校では野球を辞めるという人の理由の中で坊主にするのが嫌だからというものもけっこうあります。 https://ne...
あわせて読みたい
野球部を辞めない割合が年々増えている!?続ける理由や今と昔の違いを紹介! 野球部は退部する人が多いという印象が残る人も少なからずいると思われますが、実は近年では野球部を辞めない部員の割合...

まとめ

今回は、

  • 斎藤佑樹のプロフィール
  • 肩を休ませる意味なし!?投球練習を続ける心境とは?
  • 楽しむ野球をプロでも実現できるか!?

について解説しました!

年俸も6年連続でダウンしたとニュースで報道されていますが、それでも球団に恩返しがしたいと語っている斎藤選手。

恩返しの1年となるよう祈っております。

斎藤選手への応援メッセージをコメント欄にお願いします!

 

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください