プロ野球

日ハム斎藤佑樹久しぶりの登板で無失点!完全復活に必要なことは何か?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ヤギュウくん
ヤギュウくん
10月2日に日本ハムの斎藤佑樹投手が112日ぶりの1軍登板をしたんだって!
キューちゃん
キューちゃん
その試合では1イニングのワンポイントリリーフで無安打無失点に抑えたみたい!
ヤギュウくん
ヤギュウくん
今後、斎藤佑樹投手の完全復活にはどんなことが必要なのかな?

斎藤佑樹投手が6月12日の阪神戦で4回7失点をして大炎上しましたが、112日ぶりにマウンドに帰ってきて無失点無安打に抑えたことで話題になっています。

プロに入ってから芳しい成績を上げられず苦心している斎藤佑樹選手ですが、全盛期の時のように活躍するためにはどんなことが必要なのでしょうか?

解説していきたいと思います。

斎藤佑樹の全盛期は高校・大学の時

斎藤佑樹投手と言えばハンカチ王子というニックネームで甲子園を沸かせました。

同じ世代にはプロで活躍する選手も多く、巨人の坂本勇人選手、ソフトバンクの柳田悠岐選手、ドジャースの前田健太選手などがいます。

そして忘れてはいけないのがこの男、ヤンキースの田中将大選手です。

2006年の高校時代は甲子園の決勝で、早稲田実業の斎藤佑樹投手と駒大苫小牧の田中将大投手の投げ合いは1試合では決着がつかず、再試合にまでもつれこみました。

甲子園の頂上を制したのは斎藤佑樹投手のいる早稲田実業でしたが、未だにあれほど手に汗を握る甲子園中継を見たのは後にも先にもありません。

その後、斎藤佑樹選手はプロではなく早稲田大学に進み、そこでも圧巻の活躍を魅せ、プロ野球選手にも引けを取らない注目度がありました。

世界大学野球選手権大会、日米大学野球選手権大会に4年連続で日本代表に選ばれ、史上初の快挙を残しました。

華やかな高校・大学の野球生活がプロに進んでも健在するはずだと誰もが信じて疑うことはありませんでしたね。

 

しかし、いざプロに入ってみると、成績が見るに堪えないくらいのものでした。。。

2017年シーズン終了時点、プロ生活7年間で15勝23敗。

いったい、どうしてしまったのでしょうか。

なぜプロで通用しなくなったのか?

プロ1年目の初登板ではしっかりと初勝利をあげています。

どこから成績不振に陥ったのかといいますと、初勝利の後に大きなけがをしてしまったんです。

左内腹斜筋を痛めて、2軍へいきました。

リハビリを重ね、完治したところで復活と思いきや、ピッチングフォームにかなりの変化が見られたのです。

なんというか、誰が見ても以前の躍動感あふれるピッチングがないんですよね。

球速も大学時代は150㎞だったのが、プロでは最速147㎞と減速してしまいました。

はた目から見ていても、腕が振れていないし下半身も上手に使えていないような感じです。

脇腹を痛めてから、かばうような投げ方が癖になってしまったのが原因でしょうか。

かなり賢い投手なので、本人もその変化には気付いているとは思いますし、フォームだけが問題ではなく、もっと根っこのところに問題があるはずです。

その問題を一刻も早く見つけ出して復活してほしいですね。

完全復活には何が必要か?

コトリさん
コトリさん
斎藤佑樹選手の完全復活には何が必要かな?

躍動感あふれるピッチングフォーム改善

運動力学的に見ても、今のピッチングフォームでは球に力は伝わりません。

体も柔らかく、柔軟な筋肉を持っているので、それを活かしたピッチングフォームを手に入れることが重要です。

手に入れるというか、ケガ前の時のフォームを取り戻すといったほうが正確かもしれませんが。

しかし、斎藤佑樹選手ももう30歳です。

リリーフに徹するというのも一つの生きる道となり、ポイントで打ち取るピッチングをするなら、過去のフォームにこだわらず全く新しいスタイルを開発していく時期に来ているのかもしれませんね。

絶対打ち取ってやるという根本的な気持ち

投げた後に腕が上方にあがるのがケガ前の特徴でした。

それは、気持ちが全面に出ている証拠ですよね。

今のピッチングはなかなかそういう場面を見ることがありません。

煩悩を抑え、ただがむしゃらに目の前のバッターを打ち取る気合をもう一度見てみたいです。

ケガを意識する恐怖からの離脱する勇気

一度大きなケガをしたら、無意識に体が反射的に反応してしまうものです。

フォームを見ていても、どうしてもかばっているように見えるんですよね。

潜在的に抱いているケガへの恐れを完全に払しょくするまでは完全復活は難しいと思われます。

マインドフルネスなどのメンタルトレーニングは取り入れているとは思いますが、こればかりは本人の意思の回復を願うしかありません。

まとめ

今回は、

  • 斎藤佑樹の全盛期は高校大学の時
  • なぜプロで通用しなくなったのか?
  • 完全復活には何が必要か?

について解説しました!

かつて日本中を風靡した斎藤佑樹投手。

時の人として去るのはまだまだ早いので、もう一度、日本国民に勇気と元気を与えてほしいです!

応援しています!

皆さんは斎藤選手の復活には何が必要だと思いますか?

ぜひコメント欄で意見を書いてみてください!

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください