メジャー

大谷翔平が新人王候補3人に選ばれる!タイトル獲得なるかの数字や話題性を分析。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ヤギュウくん
ヤギュウくん
メジャーの新人王候補3人の中に大谷翔平選手が選ばれたよ!
キューちゃん
キューちゃん
すごい!投打共に輝いてたもんね。
ヤギュウくん
ヤギュウくん
新人王に価するような成績だったと思うけど、具体的な数字はどうだったんだろう?

全米野球記者会によってメジャーの新人王が決まるイベントで、大谷翔平選手が候補選手3人の中に選ばれました。

発表は現地時間で11月12日ということでその日が待ち遠しいですね。

メジャー一年目の2018年シーズンでは輝かしい成績を残すだけでなく、全米の話題をかっさらうプレーで沸かせてくれました。

そんな大谷選手の今年の成績や話題新人王の拮抗馬となった他二人の選手のことなどについて解説していきたいと思います。

あわせて読みたい
大谷が獲得目前!2018年メジャー新人王候補5選日刊スポーツがメジャーの新人王候補について、記事を出していました。 大谷は3位 MLB記者が選ぶ新人王候補 1位はヤンキースのグ...

大谷翔平の2018年成績は?

投手成績

右肘靭帯損傷の影響もあり、登板数は10試合にとどまりました。

勝利をあげたのは4つ。負けは2つという成績となり、投手としては悪くはないが突出した成績は残せなかった印象です。

今シーズンの最速ストレートで101.1マイル(162.7㎞/h)をたたき出し、思った以上の成績を残せなかった分、球速でメジャーファンを魅了しました。

大谷選手といえば、ストレートの球速ですよね。

一球一球の球速表示に目がいってしまうのも大谷投手としての魅力の一つだと思います。

野手成績

投手としての大谷よりも野手としての大谷として目立った1年でした。

104試合に出場し、打率.285、22本塁打、61打点をマークしました。

また、走塁の面でも一目置かれ、盗塁の数が10というスペックの高さを表しました。

ピッチャーをやりながらこの成績は化け物ですよね。

メジャー一年目にしてまだ20代前半という若さでこれだけの成績を残せたというのは単純に身体能力が高いだけでなく、強い心臓の持ち主であることもうかがえますね!

他の候補選手の成績は?

ア・リーグの他の候補選手2人とも比較してみましょう。

ミゲル・アンドュハー(ニューヨークヤンキース)

149試合に出場。

打率.297、27本塁打、92打点

候補選手3人の中では唯一の規定打席到達選手です!

また、本塁打と打点に関しては新人で最多となりました。

グレイバー・トーレス(ニューヨークヤンキース)

123試合に出場。

打率.271、24本塁打、27打点

打撃の面では、アンドュハーに劣った成績となりましたが、彼は守備の達人。

新人でありながらヤンキースの正二塁手として守備の要を担いました。

大谷が二人に勝っていること

紹介した打撃の数字だけ見るとアンドュハーに勝っているものはありません。

しかし、出塁率は.361とア・リーグ新人ではトップ、さらに長打率は両リーグ新人の中でトップの.564という成績を残しました。

全米野球記者会がどの成績を見て判断するのかに依存してきそうですね。

誰もが分かっていることですが、あとはピッチャーを兼任しているという点では他の二人にはない要素です。

話題性でいったら大谷選手が新人王を獲得するとおもしろそうですね。

でも成績の観点だけで見ても、どの選手が新人王を獲ってもブーイングはないでしょうね!

新人王獲得に対して納得するレベルの成績は十分に出しています!

大谷翔平の全米を沸かせた主な話題

コトリさん
コトリさん
大谷選手の今年の主な話題ってなんだったかな?

数字以外にも話題をよんだ大谷選手。

どんな話題をよんだのか振り返ってみたいと思います。

連続ホームラン

2種類の連続ホームランを実現しました。

一つは2打席連続ホームラン

もう一つは3試合連続ホームラン

シーズン開幕前での大谷のバットは湿っていましたが、この連続ホームランによって、全米の野球ファンに実力を示すこととなりました。

日本人としては”よくぞやった!”という気持ちで見ていた人も多いのではないでしょうかw

10登板、20本塁打、10盗塁はメジャー初

10登板、20本塁打、10盗塁はメジャー初の快挙だそうです!

投手と野手の二刀流をするだけでもかなり大変なのに、結果を残すのはさすが大谷選手といったところですね。

メジャーで20本塁打打ったのは松井秀喜氏以来というのですから、ここだけ見てもすごいのに。

チームに溶け込む力

チームに溶け込む力も長けています。

ホームランを打った時に普通はベンチが歓迎して迎えますが、大谷選手が初ホームランを打った時はベンチは静まり返っていました。

ベンチに帰った大谷選手は、僕を歓迎してよと言わんばかりにチームメートの肩を後ろからたたきます。

その瞬間からベンチ全体が祝福ムードに切り替わりました。

これをメジャー流の祝福”サイレント・トリートメント”と言います。

男性ならこういったノリって結構ありますよね。

 

こういった祝福の仕方をされるような人は決まって、人気者であるケースがほとんどだと思います。

大谷選手がチームに溶け込んでいた証拠場面とも言えます

チームメートによると、大谷選手は努力家であり他人に対して丁寧に接し、頼まれたことを素直に行うという評価を受けています。

人間性も磨かれていて信頼を置かれている選手なんでしょうね。

トミー・ジョン手術

シーズンが終わった次の日にはトミー・ジョン手術が成功したという報道がされました。

昨日試合に出ていた選手がもう手術したの!?と驚いた人も多く話題をよびましたね。

手術の影響で来シーズンは投手として出場できない分、野手に集中してものすごい成績を収めてくれる予感がします。

あわせて読みたい
数々の日本人メジャーリーガーが施術しているトミー・ジョン手術のリスクってなに? 10月2日(日本時間)、エンゼルスの大谷翔平選手がトミー・ジョン手術をし、成功したという報道がありました。 ...

服装がダサいと話題に

服装がダサいということでも話題になりました。

野球もすごくて、性格も良いという完璧な人間のように思えますが、こういった一つでも抜けた部分がある点が愛嬌がある感じがして人気が出る要素なのかもしれません。

野球以外のことにあまり興味を示さないと関係者の人が言っていたニュースもありましたが本当のところはどうなんでしょうね?(笑)

こちらの写真を見ると、決してダサいというわけではないと思うのですが、ファッションに対してこだわりのある感じではありませんね。

スタイルが良く、清潔感のある大谷選手は多少ダサい服装でもかっこよく見えてしまう現象が起きています。

完全にネタだと思いますが、大谷選手のファッションセンスを揶揄したかのように打席への入場曲がきゃりーぱみゅぱみゅさんの「ファッションモンスター」になったという話は笑ってしまいました。

日本人でメジャー新人王を獲得した選手

大谷選手が新人王を獲得すれば、日本人メジャーリーガーとしては4人目となります。

他の3人について紹介します。

野茂英雄(投手)

トルネード投法で有名な選手でした。

野茂選手がメジャーに挑戦した時代は、日本人がメジャーに行くなんて到底考えられない話でした。

日本球団のサポート体制も整っていなく、単身で乗り込む形で挑戦しなければなりませんでした。

不利な環境の中でもメジャーへ挑戦し、輝かしい成績を残したことで、日本人のメジャー挑戦の門を切り拓いた人物ともいえます。

佐々木主浩(投手)

ハマの大魔神という異名を持つ選手。

メジャーでは抑え投手として「Daimajin」と呼ばれ、一時代を築き上げました。

日本人選手として最多の129セーブをあげています。

イチロー(外野手)

今も現役、イチロー選手!

日本人野手としては唯一この方しかいません!

メジャー一年目では打率.350、盗塁56個を決めています。

なんだこの数字は!?と度肝を抜かれるしかないですね。

まとめ

今回は、

  • 大谷翔平の2018年成績は?
  • 他の候補選手の成績は?
  • 大谷翔平の全米を沸かせた主な話題
  • 日本人でメジャー新人王を獲得した選手

について解説しました!

成績に関しては他の候補選手との勝負になるので、新人王獲得はどうなるのか分かりません。

話題性としては間違いなく1位でしょう!

他に大谷選手が新人王を獲得するにあたって、条件を満たしていると思っていることがあればぜひコメント欄で教えてください!

 

それではまた会いましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください