プロ野球

自由契約のオリックス中島裕之が巨人入団!自由契約の決断と原監督が一目置く理由とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ヤギュウくん
ヤギュウくん
オリックスの中島裕之選手が自由契約になったんだって!
キューちゃん
キューちゃん
中島選手ってけっこうベテランだよね?無事に移籍先は見つかったのかな?
ヤギュウくん
ヤギュウくん
もちろん!巨人に入団するよ!

オリックスバッファローズの中島裕之選手が自由契約となり、移籍先がきまりました。

その球団は原監督率いる読売ジャイアンツ

監督も入れ替わり、コーチ陣も一新して、選手も次々と入団しています。

2019年はどういった原イズムを魅せてくれるのか楽しみが一つ増えました。

あわせて読みたい
原辰徳監督のチーム力を上げる指揮力の秘密は?原監督の趣味や人柄も紹介! 帰ってきました原辰徳氏。 ここ数年、優勝から遠のいている巨人の新監督に原辰徳氏が抜擢されました。 2...

中島選手の獲得に至った原監督ですが、どの点に魅力を感じたのでしょうか?

また、中島選手が自由契約になった経緯はどういったものだったのでしょうか?

今回は、中島裕之選手のプロフィールを振り返りながら、自由契約の決断理由原監督が中島選手に対して魅力を感じた部分について考察していきたいと思います!

中島裕之のプロフィール

名前:中島裕之(なかじまひろゆき)

出身:兵庫県伊丹市

生年月日:1982年7月31日

身長:180㎝

体重:90㎏

最終学歴:兵庫県立伊丹北高等学校

投打:右投げ右打ち

ポジション:内野手

背番号:1(巨人入団により5に確定)

プロ入り:2000年 西武ライオンズ ドラフト5位指名

プロ入りまでの経歴

小学生の時にピッチャーとして野球を始めました。その時から才能の片りんを見せ、全国大会に出場する偉業を成し遂げました。

中学ではシニアリーグで硬式野球を始め、類まれなる才能はスカウトからも注目の的だったようです。

高校進学時に報徳学園を受験するも不合格となったようです。

報徳学園といえば、今年の甲子園でも大活躍だった小園海斗選手の学校ですね!

あわせて読みたい
報徳学園・小園海斗が日本一のショートへどんどん近づいている!? 甲子園では決勝戦が湧いたおかげで大阪桐蔭や金足農業に注目が集中しましたが、個人の選手で見れば、報徳学園・小園海斗...

中島選手は地元の進学校である伊丹北高校に入学することになります。

高校では1年夏からレギュラーに定着し外野手を経験、

2,3年の時はピッチャーを務め、高校通算43本塁打を記録しますが甲子園に行くことはできませんでした。

しかし、打者としての才能がスカウトの目に留まり、2000年のドラフトで5位に指名され、西武ライオンズに入団することとなります。

プロ入り後の主な成績

プロ入り後に獲得したタイトルは、

2008年と2009年に最高出塁率

2009年に最多安打

となります。

他にも表彰としては、

ゴールデングラブ賞ベストナインオールスター新人賞日本シリーズ最優秀選手賞

を受賞しています。

全盛期の活躍は非の打ち所がない暴れっぷりでした。

自由契約を決断した理由

https://twitter.com/HTno1_/status/1065487449223122945

今回、オリックスを自由契約となった中島選手ですが、この決断は減俸が理由とのこと。

2018年の年俸は推定額3億5000万円でした。

しかし、開幕から代打での起用が多く打撃が低迷し、5月には2軍落ちをしました。

6月には戦線復帰を果たしますが、肉離れを発症し再び2軍へ戻ります。

8月に1軍に再帰しサヨナラタイムリーやサヨナラホームランを放つなどの要所での活躍が目立ちましたが、シーズン終了時にはオリックス移籍後最小の77試合出場で打率.289、5本塁打、34打点という結果に終わりました。

この活躍の物足りなさから1億円以上の減俸が言い渡され、中島選手は自由契約に踏み切ったとのこと。

代打だけでこれだけ打ってたら十分なような気もしますし、スタメン起用してほしいという思いにだってなりそうですよね。

球団の事情もあるとは思いますが、中島選手の立場からすると、臍を噛む思いだったのではないでしょうか。

原監督は中島のどこに惹かれたのか?

今回、巨人原監督が中島選手の獲得に成功しました。

原監督は、中島選手を開幕スタートする考えを持っているようです。

極端にいえばキャンプ、オープン戦で結果があまり芳しくなくても、コンディションが良ければ必ず1軍からスタートさせる

引用:デイリー

なぜ原監督はここまで中島選手に期待を寄せているのでしょうか?

おそらく原監督が間近で中島選手を見てきた経験があるということが大きな根拠になっているのではないかと思っています。

2009年のWBCでは日本代表の原監督が中島選手を2番打者として起用しました。

そして見事に.364という好成績の打率を残し期待に応えました。

もちろん昔のことなのでこの時の活躍ぶりや数字だけで期待しているとは思っていません。

近くで見てきたからこそ分かる中島選手の野球に対する姿勢やマインドに希望を見出したのだと思います。

そして、原監督は以下のように述べています。

「何より私と相性が良いなと。私が勝手にそう思っている。でも、それはあると思いますよ」

引用:スポーツ報知

中島選手のことを非常に気に入っているコメントですね。

こういったフィーリングが采配にはすごく大切ですし、監督と選手が相性が良くてこそ勝利の軌道にのると思います。

コーチ陣も一新した巨人軍。

球団としても部署間を超えての指導も方針に盛り込んでいるようで、どのような成長ぶりが見られるのか楽しみですね。

まとめ

今回は、

  • 中島裕之のプロフィール
  • 自由契約を決断した理由
  • 原監督は中島のどこに惹かれたのか?

について解説しました!

中島選手は巨人でどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?

その雄姿を指折り数えて待っております!

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください