プロ野球

広島・丸佳浩が原監督の卓越な交渉でジャイアンツ入団!巨人は駒集めの度が過ぎる?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ヤギュウくん
ヤギュウくん
広島の選手が苦悩の末、巨人の入団が決まったよ!
キューちゃん
キューちゃん
だいぶ悩んでいたようだったから肩の荷が下りただろうね。
ヤギュウくん
ヤギュウくん
それにしても巨人って他球団から選手集めすぎなんじゃないかな

広島東洋カープの丸佳浩選手がFA権を行使していました。

あわせて読みたい
ゴールデングラブ賞の広島・丸佳浩がFA宣言するも残留に傾いている?新井の影響か? 広島東洋カープの丸佳浩選手がゴールデングラブ賞を受賞し、今回で6度目と記録を伸ばしました! 守備の見せ場が...

複数の球団から交渉を受け、また広島カープからも残留を依頼され、相当頭を悩ませていたことでしょう。

長い苦悩の末、晴れて巨人に入団が決定しました!

巨人といえば丸選手の他にもオリックスの中島選手や西武の炭谷選手もFAで獲得していますよね。

あわせて読みたい
西武・炭谷銀仁朗がFAで巨人へ。阿部や小林もいる中での獲得に不満勃発!? 西武ライオンズの炭谷銀仁朗選手がFA権を行使し、巨人へ入団することが決まりました。 炭谷選手は西武では捕手...
あわせて読みたい
自由契約のオリックス中島裕之が巨人入団!自由契約の決断と原監督が一目置く理由とは? オリックスバッファローズの中島裕之選手が自由契約となり、移籍先がきまりました。 その球団は原監督率いる読売...

原監督の交渉が卓越だと言わざるを得ません。

一体どんな交渉術を使っているのでしょうか。

また巨人は歴代から多くの選手をFAで獲得していることから、「駒を集めすぎる」といった声も散見されます。

今回は、丸選手が巨人に移籍した決定打となったことや、原監督の交渉術巨人の駒集めに対する意見について解説していきたいと思います!

広島・丸佳浩が巨人入団を決意した理由とは?

このたび、巨人に移籍することが決まった丸佳浩選手。

巨人とは5年30億円超の契約を結んだと言います。

さすがお金持ちの球団ですね。

他の球団よりも巨額の大金を積まれたのは確かですが、もちろん金額で移籍を決めるわけはありません。

丸選手の心を掴んだのは原監督の言葉だったといいます。

丸選手は取材には以下のように答えています。

「ジャイアンツに新しい血を入れてくれというか、カープのいいものを持ち込んでほしいというお話を頂き、うれしかった」

引用:スポニチ

やはり最後は言葉の力がものをいうことを証明していますよね。

また、広島に対する感謝の意も表しています。

「11年前(07年ドラフト会議)に指名してもらい、こんな下手クソをここまで成長させてもらった。カープには本当に感謝している」

引用:スポニチ

自身を下手クソだったと称する丸選手ですが、そんなに卑下するほどのものだったのでしょうか。

調べてみると、プロ2年目までは2軍での試合出場がメインでしたが、ウェスタンリーグでの成績は数字で見る限り立派なものです。

1年目にして月間MVPに輝き、2年目ではチーム首位打者の成績を残しています。

3年目以降は1軍でレギュラーを勝ち取り、セ・リーグのMVPも受賞するほどの選手ですから、決して下手クソだったとはだれが見ても言えないでしょう。

それほど自分自身に対してストイックに接してきた姿勢が表れているコメントなのでしょうね。

原監督の交渉術の卓越さは電話好きにあり?

原監督といえば名将として名高く多くのリーグ優勝日本一を経験しています。

それだけでなく、有望な選手の集め方も群を抜いています。

あわせて読みたい
原辰徳監督のチーム力を上げる指揮力の秘密は?原監督の趣味や人柄も紹介! 帰ってきました原辰徳氏。 ここ数年、優勝から遠のいている巨人の新監督に原辰徳氏が抜擢されました。 2...

これだけ巨人に有望株が集まるということは原監督に指導者としての魅力があるに間違いありません。

調べてみると、原監督は交渉する時には電話をするこだわりがあるようです。

原監督からの電話は巷では「愛のテレフォン」と呼ばれるほど有名なことのようですよ。

これが原監督の交渉術の秘訣なのかもしれません。

仲介人や文章よりも顔を合わせて話す感覚に近い電話のほうが誠意は伝わりやすいですもんね。

近年、事務連絡や作業に関することはメール等で済ませればいいという考えが多く見られますが、選手の気持ちをわしづかみにする必要のある交渉という分野では電話が有効なのかもしれませんね。

かつてのメジャーリーガー新庄剛志氏も日本球界に復帰するときには原監督からの電話の直談判があったみたいですよ。

その時には巨人ではなく、日ハムに行ってしまいましたがね。

駒集めは決して悪いことじゃない

さて、巨人は駒集めだと批判する声も続出しています。

歴代のFA選手の有名どころでは、

清原和博氏、工藤公康氏、江藤智氏、杉内俊哉氏、小笠原道大氏、脇谷亮太氏

と並々ならぬ選手がいます。

その中でも忘れてはいけないのが、元祖巨人FA獲得選手、落合博満氏です。

現役時代はプロ史上初の3度の三冠王を獲り巨人移籍後も4番を務めました。

また監督としても中日ドラゴンズを「俺流采配」日本一にも導いた名将です。

巨人の駒としての経験のある落合氏は取材にはこのように答えています。

「人間はケガをするけど、将棋の駒はケガしない。駒はそろえた方がいい」

引用:スポニチ

コメントからは駒集めという表現は認めていることが窺えますが、決して批判的な意見ではなさそうです。

むしろ駒集めはどんどんしたほうが良いという考えを持っているようです。

集めた駒は人間ですから、ケガをしないように大切に愛情を持って起用していくことが基本ですね。

まとめ

今回は、

  • 広島・丸佳浩が巨人入団を決意した理由とは?
  • 原監督の交渉術の卓越さは電話好きにあり?
  • 駒集めは決して悪いことじゃない

について解説しました!

巨人入団が決まった丸選手ですが、どういった活躍を魅せるのでしょうか。

センターというポジションは陽岱鋼選手もいることを忘れてはいけませんね。

熾烈なポジション争いが予想されます!

今後の活躍を期待しております。

 

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください