プロ野球

西武・源田壮亮ゴールデングラブ賞受賞!守備において大切なこととは?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ヤギュウくん
ヤギュウくん
西武の源田壮亮選手がゴールデングラブ賞だよ!
キューちゃん
キューちゃん
ショート部門は今までソフトバンクの今宮選手がとっていた流れを断ち切った結果となったね。
ヤギュウくん
ヤギュウくん
とっても守備の上手い源田選手だけど、守る時に意識していることってあるのかな?

西武ライオンズの源田壮亮選手がゴールデングラブ賞を受賞しました!

これで初の受賞となり、ご本人もとても喜ばれているそうです。

本当におめでとうございます!

今回は源田選手のプロフィールを見ながら、ゴールデングラブ賞を獲るに至った守備で意識していることはなんなのか?について解説していきたいと思います!

源田壮亮のプロフィール

https://twitter.com/kachi_doki/status/1061791813663485952

名前:源田壮亮(げんだそうすけ)

出身:大分県大分市

生年月日:1993年2月16日

身長:179㎝

体重:73㎏

最終学歴:愛知学院大学

投打:右投げ左打ち

ポジション:ショート

背番号:6

プロ入り:2016年 西武ライオンズ ドラフト会議3位指名

プロ入りまでの経歴

小学3年生からソフトボールを始め、本格的に野球を始めたのは中学のボーイズリーグのチームに入ってから。

高校では甲子園出場もなく、全国的には目立った活躍もありませんでしたが、コーチの勧めで愛知学院大学で野球を続けることに。

大学時代は4年生の時に主将を務め、ベストナインに選ばれるなどの活躍を見せましたが、ここでのプロ入りはできませんでした。

守備やヒッティングについては高い評価を受けていたと思うのですが、リーグ戦でのホームランは0本と非力さのほうが目立ってしまったのでしょうか。

大学卒業後はトヨタ自動車に就職し、1年目からレギュラーとなり優秀選手賞に輝きました。

そして2016年のドラフト会議で指名を受けプロ入りを果たします。

プロ入り後の主な成績

2018年はまだプロ2年目ということもあり、さすがにゴールデングラブ賞以外に好成績をおさめていることはないだろう。。。

と思って調べていたら驚くことにありました!

プロ一年目にして、二塁打の数が10本というリーグ最多の成績を残していたのです。

おそるべし…

また、1年目にしてこれだけの成績を残したものですから、新人王も獲得していました。

狙っていたゴールデングラブ賞!

源田選手は今回が初のゴールデングラブ賞となりましたが、ニュースでのコメントで、

「ゴールデン・グラブ賞は目標にしていた賞なので、受賞でき大変光栄でうれしいです。いつもノックを打っていただいている監督、コーチの方々に感謝します。来年以降も選んでいただけるように練習に励みます」

引用:日刊スポーツ

と述べています。

目標にしていたということは、狙っていたのですね~。

的も狙ってこそ当たるといいますが、やはり志を持って狙いに行く人に賞が与えられるということを体現してくれていますね。

パ・リーグのザ・ゴールデングラブ賞といえば、ソフトバンクの今宮健太選手。

今宮選手は2013年から2017年の5年連続で受賞しています。

しばらくは今宮選手の独壇場が続くと思いきや、ここで立ちはだかったか源田選手と言わんばかりに受賞してきましたから、何が起こるか分からないところが面白いですよね。

パ・リーグのショートに今宮選手がいるということが分かっておきながらも、あえて賞を狙って努力する姿はかっこいいですね。

守備で最も大切なことはコミュニケーション!?

源田選手が今年の守備に関して振り返った時にコミュニケーションをよく図れたとしています。

「昨年に比べたら周りとコミュニケーションを取りながら守れた」

引用:西日本スポーツ

守備においてコミュニケーションが非常に大事だということを実感しているコメントにも捉えられます。

あわせて読みたい
ミスする選手に必要なコミュニケーションの取り方とは?野球を元気に語ります。どーもラックです。 どんな選手でもミスはするものです。 選手がミスをした時、怒鳴りつけてはいな...

チームメートとのコミュニケーションは自分の精神を安定させてくれますし、守備の方向性を合わせることができます。

精神が安定していると、集中もできますし、エラーも減ることは明らかなことです。

西武ライオンズはコミュニケーションが円滑にとれている良いチームであることが分かりますね。

 

また、源田選手はルーキーイヤーから2年連続でフルで試合に出場しています。

自己管理がしっかりできていて、ケガがしにくい体を維持しているんでしょうね。

だから、思い切ったプレーができて、ミスも少ないのではないでしょうか。

それに加えて守備の安定さもあり、監督からの信頼もあるということを示しています。

野球の能力、精神力共に際立ったものがあるんだろうな。

まとめ

今回は、

  • 源田壮亮のプロフィール
  • 狙っていたゴールデングラブ賞!
  • 守備で最も大切なことはコミュニケーション!?

について解説しました!

ネット上では源田選手を称賛する意味で「源田たまらん」という言葉が流行しています。

今年もたまらんプレーを続出してくれました。

今回の受賞は取るべくしてとったという感じで野球ファンの満場一致でしょう。

あなたは源田選手のどのプレーに心が震えましたか?

ぜひコメント欄で教えてください!

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください