コラム

ダウンスウィング、アッパースウィング、どっちが良いのか

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ダウンスウィングという言葉を聞いた時、皆さんならどんなスウィングを想像しますか?

筆者が子供の頃、よく親にダウンスウィングで振りなさいとよく怒られたものです。

子どもは従順ですから、教えられた通りにダウンスウィングの練習を重ね、

ダウンスウィング=良いスウィング

という方程式が頭の中で出来上がっていました。

おかげ大人になるまでなぜダウンスウィングが良いのかまで考えることなく大きくなってしまいました。

どうせならば、ダウンスウィングのメリットを正確に知ったうえでバッターボックスに入りたいものです。

ということで、ダウンスウィングについて調べてみました。

 

ダウンスウィングとは?

上から下に振るスウィングです。

と言うと、怒られると思いますので、他のサイトから引用しますと、

野球で、上から下へたたきつけるようにバットを振る打法

コトバンクより

という、あながち最初に私が説明したものと同様ですね。

文章で説明するのはかなり難しいのですが、バットの軌道を線と見た時にボールとの打点までに上に向かっている線はないということですね。

構えたところからボールとの打点まではバットの軌道は下がり続けている、もしくは水平になっているということです。

反対にボールとの打点までにバットの軌道が上に向かっているところがあるのならば、それはアッパースウィングと定義してもよいでしょう。

では、なぜダウンスウィングが良しとされるのでしょうか。

 

ダウンスウィングが良しとされる理由

大きくは二つあると思っていて、一つ目の理由は、

力が伝わりやすい

ということですね。

スウィングが速ければ速いほど、打球に力が伝わり強い打球を打てるようになります。

当然、ヒットを打つのなら強い打球のほうが良いです。

(あえて弱く打ってヒットを狙う場合は除きます)

速いスウィングには人間が自発的に加える力だけでなく、他の力の要素も加わります。

それが重力です。

重力は上から下に引っ張られる方向で働いていますので、上から下にバットの軌道を描くことによってより大きな力を加えることができるということなんですね。

 

二つ目の理由としては

ボールに当てやすい

ということです。

どうしても肩でバットを構えている以上、上から下へボールへ叩くようにしないと、最短距離でボールを打つことができません。

アッパースウィングにすると、打点まで遠回りになります。

ピッチャーから放られるボールは高校野球でも120~140㎞くらいにはなりますから、スイングの距離によって、ボールに当てられる確率はだいぶ変わってきます。

打点までの距離を最短にすることで、ボールに当てやすくなるという働きもあるのがダウンスウィングの特徴です。

ただあまりにも角度のついたダウンスウィングですと、ボールとバットとの接する面積が小さくなりミートしづらくなります。

バットは上から出しますが、ボールとの打点の時点では起動が水平になる所で打つのを意識するとミートしやくすくなるでしょう。

 

 

 

 

メジャー選手にアッパースウィングは多いのはなぜ?

アッパースウィングのほうが打球も高く飛ぶし、ホームランも出しやすいのでは?という疑問もあると思います。

メジャーなんか見ていると、アッパースウィングの選手はよく見ることができます。

力のある選手によくみられるアッパースウィングが推奨されない理由はなんなのでしょうか。

理由を挙げてみました。

 

最大限の力を伝えにくい

ダウンスウィングだと重力の力を利用できますが、アッパースウィングの場合ですと重力に逆らう軌道ですから、その分、力が軽減されます。

そのため、非力な日本人には推奨されないスウィングなのです。

メジャーの選手たちがアッパースウィングでホームランを量産しているのは重力にも押し負けないパワーがあるからなんですね。

よくダウンスウィングだと打球にバックスピンをかけられるから打球が伸びるという話も効きますが、理論上ではアッパースウィングでも十分にバックスピンはかけられるのでそこはあまり関係ありませんね。

 

ボールへの距離についてもダウンスウィングより長くなってしまいますが、メジャーリーガー達はスウィングスピードも速いので、多少の距離は大したハンディにはなりません。

 

 

一番良いスウィングは?

ダウンスウィングが良いとは絶対的には言えません。

というのも、力のある選手にはホームランや長打を打ってほしいですし、そのために弾道のある打球を打てるアッパースウィングが推奨される場合もあります。

日本人は骨格的に欧米と比較すると、非力なので確実なヒット重視のスウィングが求められてきました。

そういう名残りもありダウンスウィングが良しとされてきましたが、今は違います。

グローバル化が進み、日本社会の食生活や筋力トレーニングの方法もだいぶ変わりました。

日本人でもゴリゴリマッチョな肉体を持った選手が輩出されるようになってきたので、選手に合わせてスウィングの指導も必要です。

 

自分に合ったスウィングを。

以上のことから、自分に合ったスウィングを見つけるために努力していきましょう。

それを見つけるためには自分の体のことを知るだけでなく、何度もいろんな打ち方を試してみて、一番力が伝わり、ミートできる自分だけのスウィングを手に入れる研究を重ねていってください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください