コラム

挑戦してみてこそ自分の個性が分かる

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

野球を元気に語ります。どーも、ラックです。

野球をやりながら、自分の色を出したいと思ったことはありませんか?

普通に打席に入って、普通に打って、普通に守って、普通に走って、、、、

そんなプレーをしている自分に気づいた時、

普通から抜け出したい!

そんな風に思ったことは一度はあるでしょう。

自分だけの個性を磨いて、野球ができたらどれだけ楽しいでしょうか。

考えるだけでもウキウキしてきますよね。

野球における自分の個性の磨き方について、筆者の体験談と交えながら論じていきたいと思います。

 

【体験談】「セーフティバントしていいですか?」

中学の時、県内でも強いチームで野球をしていた私は非常にギリギリのところでスタメンを張っていました。

新チームになって自分たちの代になりたての頃、私は6番レフト、もしくは7番レフトで出場することが多かったです。

数試合は続けて、スタメンで試合に出場していたのですが、非力だったということもあり、なかなかヒットが出ませんでした。

そもそも、なんで自分がスタメンなのかもよく分からないくらい、下手くそでした。

 

 

ある試合で、自分の打順が回ってきそうだったので、ネクストバッターズサークルに向かう直前にヘルメットを手に取った時、コーチが私に声をかけてきました。

「ラック、このままヒットが出ないと、お前もスタメンから外すぞ。」

と落ち着いた口調でしたが、この言葉にかなり焦りを感じたのを覚えています。

そのコーチは監督ともウマが合っていたので、チームの采配の半分以上はコーチが握っていたといっても過言ではありませんでした。

このままではまずい!と思い、何かいつもと違うことをしないといけないと思ったので咄嗟にコーチに言いました。

「セーフティバントをしてもいいですか?」

普通の環境なら、別にコーチや監督に聞かなくても打席でできると思えば、自由にやって良いことなのですが、

厳しいコーチということもあって、勝手にセーフティバントをしてはいけないんじゃないかっていう認識があったんですよね。

 

 

もちろん、そんなことはなくて、私が質問したことに対して、コーチはそんなこと聞かなくてもいいだろう(-ω-)みたいな反応で

「できると思ったなら、やればいいじゃねえか(笑)」

と言ってきたのです。

当然の反応なのですが、その当時の私は、

あ、セーフティバント、やってもいいんだ!

と、新たな道が開けた感覚になりました。

送りバントは小学生の頃にかなり練習していたので、高確率で決める技術はありました。

しかし、小学生の頃は足が遅くて、セーフティバントなんてやったこともありませんでした。

中学に入ってからグングンと足が速くなったので、もしかしたらセーフティバントもできるんじゃないかと内に秘めていたのですがなかなか実行に移すことはなかったのです。

つまり、その時が人生初のセーフティバントの挑戦だったのです。

結果はというと、、、、、、

 

 

 

見事に成功したのです!

 

 

 

自分でもびっくりするほど上手くいき、なおかつ、かなり余裕を持ってセーフになったのでこれからもセーフティバントが自分の武器として使っていけると思いました。

ここから監督とコーチの私を見る目が変わったのです。

次の試合からは6番から9番へ昇格するようになりました。

あわせて読みたい
実は最強だった9番打者の役割とは?俊足バッターが多い打順打順が最も後ろであることから打席数もおのずと少なくなる9番。 セ・リーグでは9番には投手を置くことが多いですが、パ・リーグにおいて...

6番から9番になったことがなぜ昇格だといえるのかはこちらの記事に書きましたので、ご覧ください。

 

初めての挑戦をしたことで自分の色を出すことに成功しました。

 

挑戦が怖い理由

挑戦することは良いことだと誰もが分かっているはずなのですが、なかなか挑戦するのには勇気が要りますよね。

まずは失敗するかもしれないという恐れがあるのが最初に浮かびそうな理由なのですが、

人間の脳の機能的に挑戦することはかなりの負担がかかるのです。

 

 

ホメオスタシスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

人間は体温を36度前後に保とうとするし、脈拍も一定を保とうとする身体の働きがあります。

普段とは異なる異常な状態になったら、元の状態に戻ろうとする性質があるのが人間です。

恒常性ともいいますが、ホメオスタシスとは元の状態に戻ろうとする性質のことです。

つまり、変化をしない状態が楽な状態であると認識するのが人間の脳の機能としてあるんですよね。

 

 

ホメオスタシスの機能があるから、挑戦に至らないということも理由の一つとして挙げられます。

しかし、変化することで、脳からは幸福ホルモンと呼ばれる脳内伝達物質たちがたくさん分泌されて、パフォーマンスの向上や精神的な幸福感、喜悦を感じるなど、良いことだらけなのです。

変化を続けていかなければ勝負の世界では勝ち残っていけないので、挑戦していくことは人間として必須な行動だと個人的には思っております。

 

自分が動かないと変化は起こらない

自分の体験を通して思ったことは、

変化は自らが動かないと訪れない

ということです。

変化しなければ当然、個性は磨かれません。

もちろん、基本を忠実にやっていたらいつの間にか個性が磨かれてきたということもありますが、基本練習をやっていたとしても、自分の強みにしたい所はどこなのかイメージしながら練習することが重要です。

待っていても変化は絶対に来ません。

失敗するのが怖いと思っていても、挑戦していくことで変化が生まれ、個性が磨かれていくことを肌で感じることができます。

これはなにも野球におけることじゃなくて、人生のあらゆる場面でも同様のことが言えるでしょう。

挑戦しつづけることで自分の強みを見つけ、個性を磨いてみてはいかがでしょうか。

 

変化があるから楽しい

変化とはすなわち成長です。

成長を求めることは素晴らしいことです。

野球を楽しむためにも、人生を楽しむためにも

常に変化を目指して、挑戦していくことを惜しまないで一緒に成長していきましょう。

 

それではまた会いましょう。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください