プロ野球

日ハム・斎藤佑樹が秋吉亮を大歓迎!高校時代に投げ合った頃から実力を認めていた?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ヤギュウくん
ヤギュウくん
日ハムに移籍が決まった秋吉亮選手だけど、斎藤佑樹選手と同い年なんだってね。
キューちゃん
キューちゃん
じゃあ、高校時代とか投げ合ったりしたのかな?
ヤギュウくん
ヤギュウくん
そうなんだよ。秋吉選手も投げ合ったことで自信にもなったって言ってるらしいよ。

北海道日本ハムファイターズへの移籍が決まった秋吉亮選手が斎藤佑樹選手と再会しました。

あわせて読みたい
ヤクルト・秋吉亮が日ハムへ!デンデン太鼓投法はパ・リーグで通用するのか? 東京ヤクルトスワローズの秋吉亮選手が日本ハムファイターズの高梨裕稔選手とトレードが決まりました。 ヤクルト...

二人が初めて会ったのは高校時代の時。

同学年だった二人は互いの健闘したピッチングを認め合っていたようです。

なんでもこの試合で秋吉選手は自信を手に入れたようですよ。

今回は、斎藤選手が秋吉選手の移籍について歓迎したことや、投げ合った当時の事投げ合ったことで秋吉選手が自信を手に入れた理由について解説していきたいと思います!

斎藤佑樹が日ハムに移籍してきた秋吉亮を歓迎!

日ハム在籍中の斎藤佑樹選手がヤクルトから移籍してきた秋吉亮選手と再会して嬉しそうです。

千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを行っている日本ハム・斎藤は“球友”との「再会」を歓迎した。

引用:スポニチ

再会を果たした場所は千葉の鎌ヶ谷にある2軍施設。

斎藤選手の笑顔がまばゆいですね。

そういえば、吉田輝星選手も斎藤佑樹選手に会った時は喜びを隠せない様子でしたね。

甲子園を沸かせ、大学でもすさまじい記録を残した斎藤佑樹選手と会うと喜ぶ選手は多いんでしょう。

あわせて読みたい
金足農業・吉田輝星の背番号は18に決定!斎藤佑樹に対する印象や登場曲を解説! 金足農業の吉田輝星選手の背番号が18番に決まりました! 18番と言えばプロ野球ではエースの代名詞ともいわれ...

斎藤選手は秋吉選手が新天地・日ハムで活躍することを応援するコメントを残しています。

同僚の高梨や太田との別れを惜しみつつも「フィットするチームに行けるのは良いこと」と新天地での活躍にエールを送った。

引用:スポニチ

球団を移ることに対して、批判的な見方もありますが、自分の能力が活かされるチームがあると思いますので、フィットするまで環境を求め続けるのは必要なことだと同意します。

高校時代に投げ合った当時はどうだった?

秋吉選手といえば「デンデン太鼓投法」が有名ですが、斎藤選手と投げ合った高校時代からあのようなフォームだったのでしょうか。

当時を語る斎藤選手は「あの時から変わらない」と明らかにしています。

「早実のグラウンドで投げ合いました。ブロック予選の1回戦で、都立(秋吉は都足立新田)にこんな凄い投手がいるんだと思ったのを覚えている。3―1で勝ったけど、けっこうヒヤヒヤで。当時からあのフォームでした」

引用:スポニチ

斎藤選手は投げ合った試合では勝ったものの、秋吉選手のピッチングの健闘ぶりを認めていたようですね。

高校時代は「ハンカチ王子」と日本中を沸かせた斎藤選手にそのような評価をもらっていたなんて当時の秋吉選手が知っていたら、飛ぶほど嬉しいことではないでしょうか。

秋吉は斎藤と対戦するまでは自信を持てなかった!?

秋吉選手がピッチャーを始めたのは高校に入ってからの事。

ピッチャーを監督に勧められてやり始めたのですから、最初から自信は持ちにくいですよね。

高校に入ってからは1年夏からはファーストとしてレギュラー出場していたようなのですが、1年秋からピッチャーに転向するように指令がくだされたといいます。

しかもサイドスローにするように言われたのでだいぶ戸惑ったのだとか。

様々な変化がある上、ピッチャーとして自分の球が通用するのかは試合で試してみないと分かりませんから不安がついて来ると思います。

当時の心境を本人がこのように語っています。

それまで上から投げていた秋吉は「なぜ自分がサイドに?」と疑問に思ったという。当初はしっくりこず、結果も出なかったが、スライダーが大きく曲がるようになった。

引用:Sportiva

最初は戸惑いを隠せなかったようですが、スライダーの成長ぶりで徐々に自信が出てきたのでしょうね。

そんな中で秋吉選手が確信的に自信を持てたのは斎藤佑樹選手との対戦があったからと語っています。

2年の秋に斎藤佑樹選手と投げあったようです!

秋に名門の早稲田実業と対戦し、投手・秋吉は手ごたえを感じ始める。斎藤佑樹と投げ合い1-3の惜敗に終わるも、中盤までノーヒットで抑えたことが自信となった。

引用:パナソニック野球部

「斎藤は当時から有名で知っていました。負けたとはいえ、強いチームを相手にそれなりに投げられたので自信になりました」

引用:Sportiva

それでも自分にストイックな秋吉選手はプロに必要な要素を求めて、大学野球、社会人野球への道を経てからプロに進出しました。

並みいる強豪校に立ち向かい続けた大学生活。一つひとつの経験が秋吉を確実に強く、大きく成長させた。「でも、プロに行くにはあと一歩、まだ何かが足りない」と、プロへの志願届について当時の菅野監督と相談した結果、社会人野球の道を志した。

引用:パナソニック野球部

まとめ

今回は、

  • 斎藤佑樹が日ハムに移籍してきた秋吉亮を歓迎!
  • 高校時代に投げ合った当時はどうだった?
  • 秋吉は斎藤と対戦するまでは自信を持てなかった!?

について解説しました!

ハンカチ世代の登板リレーももしかしたら見れるかもしれません。

選手もファンも嬉しい状況ができつつある日ハムにぜひ応援メッセージをコメント欄にお願いします!

 

プロ野球はネットで無料観戦することもできます

あわせて読みたい
プロ野球をネット中継・配信で視聴する方法|無料の視聴サービスも『プロ野球をネットで観たい!』『忙しいから大好きなプロ野球を移動中に観たい』という思いを抱いていませんか? そんな方のためにプロ野...

最後まで読んでくださりありがとうございました。

野球の魅力を多くの人に届けませんか?
記事が参考になったという方は
TwitterやFBなどで「いいね!」もお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください